お久しぶりね でございますわよ~

家庭菜園 カマキリ カマキリ
日なたぼっこをしているカマキリ様

 2020年の10月も後半戦に突入いたしました。コオロギさんは9月頃は夜になると美しい音色で楽しませくれていたのでございますが、気温のせいでしょうか?10月に入ると夜はほとんど鳴かなくなりかわりに昼間鳴くようになりました。そして山々で紅葉が見ごろを迎えつつある現在、コオロギさんは昼間も鳴かなくなってしまいました。コオロギさんって厳密には晩夏から初秋にかけて鳴く虫だったんでございますね・・・・私紅葉真っ盛りの秋に鳴く虫だとばかり思っておりました。

 私がこういう季節の移ろいを感じる事ができるような大人の女性になったのもひとえに家庭菜園を始めた事が大きいと思います。

 今年はほぼ毎週といってよいほどその立派な勇姿を見せていたカマキリ様もここ半月ほどお姿を拝見しておりません。朝の気温が下がり、餌であるコオロギさんが姿を消し、卵を産み終え子孫を後生に繋げるという使命を終えたカマキリさん達も天に召されたのでしょうね~などと考えておりましたらハイおりました。カマキリ様です。

 「お久しぶり~ 元気にしてた~

家庭菜園 カマキリ

日なたぼっこをしているカマキリ様

 南側の日当たりの良い場所でジッとしておりました。お腹が膨れておりますから後1回は産卵できそうな感じでございます・・・・・・・が少々気になるものが・・・・。

 カマキリ様のすぐ脇にある付着物。ポリウレタンのようにも見えますが、カマキリ様の卵鞘のようにも見えます。実はこれと同じようなものを以前も見かけておりまして・・・・

カマキリ

正体不明の物体

 少々ピントがずれておりますが、こちらはカマキリさん達がラブラブしていた(交尾)生姜のすぐ近くに刺していた支柱に付着しておりました。当時は特に気にしてなかったのでございますが、妙に気になってまいりました。

 「これってもしかしてカマキリさんの卵鞘?かしら」しかし以前見つけた卵鞘とは明らかに形が異なります。ここからは私の推測なのでございますが、これはカマキリ様が産卵中にアクシデントが発生し産卵を途中で放棄したものなのではないでしょうか?アクシデントというのは鳥などの天敵だったり、無造作に庭を歩き回る私だったり・・・・・・・。仮にカマキリ様の卵鞘だったとしてもとても孵化するとは思えませんが、万が一ということもございますので来年の孵化の時期までは大切に見守っていきたいと思いますわ。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました