さようならカマキリさん でございますわよ~

庭 カマキリ カマキリ

 10月31日 秋もすっかり深まり連日「霜注意報」が発表される今日この頃。何気なく庭に自生している野良アスパラガスに目をやると・・・・・・・はい見つけてしまいました。カマキリ様でございます。

庭 カマキリ

「いやぁ~ん 久しぶり~ 生きていたのねぇ~」

 ハッキリ言って10月17日にお姿を拝見してからその後は見かけておりませんでしたので、すでに天に召されたものと思っておりました。そのため喜びもひとしおでございます。よく見るとお腹も膨れておりますしあと1回くらいは産卵できそうな感じです。

 私の住んでいる地域ではまだ初霜はおりてませんが、もし初霜がおりればカマキリ様を含め越冬できない昆虫類は多分OUTでございましょう。「初霜が降りる前になんとかひと頑張りして産卵するのよ!」と心の中でエールを送っていたのでございますが・・・・・なんか様子が変でございます。

「ひょっとして・・・・・」 なんとなく嫌な予感がしたのでカマキリ様に軽く人差し指で触れてみましたが反応はありません。

 はいカマキリ様はすでに天に召されていたようでございます。腕の鎌や足がアスパラガスの葉茎に引っかかり写真のように生きているように見えたのでございましょう。

 悲しいですけど仕方がありませんよね。「・・・この一年間楽しい思い出を有り難う」とお礼を述べておきました。

 カマキリ様はお亡くなりになっているのではございますが、お腹は膨らんでいますしひょっとしたら卵鞘が自然に出てくるかも・・・・・と淡い期待を込めてカマキリ様はそのままにしておくことにいたしました。

 

PS:数日後別の場所でも天に召されたカマキリ様を見つけました。私の住んでいる地域でのカマキリ様の寿命は10月末から11月頭にかけてのようでございます(雌の場合です。雄は交尾を終えた10月上旬頃には雌に先立ち天に召されていきます)。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました