サツマイモと大根の収穫 でございますわよ~

収穫した大根 サツマイモ

 海の向こう側ではドナルド・トランプさんがわがままを連発している11月第2週の週末。本当に面白い方ね とテレビの前で楽しんでいたのでございますが、ご近所では沢庵漬け用の大根を干す光景がチラホラ見え始めてきたので、私も市民農園にでかけ沢庵漬け用に大根を収穫してくることに致しました。

 市民農園は10日ぶりでございましたが、すでに収穫を終えキレイに整正している区画もみられ以前と比べ物寂しさを感じる光景となっておりました。

 さて自分の畑を見てビックリ。先週までは勢い良く葉を茂らせていたサツマイモさんがすっかりと色あせておりました。「これは・・・・早めに収穫してしまったほうが良いわね」と急遽予定変更してサツマイモさんの堀上げ作業を開始。

家庭菜園 サツマイモ

 サツマイモさんは苗を植えた当時はヒョロヒョロして弱々しい感じだったのでございますが、気温が上昇しはじめた7月あたりから急激に葉を茂らせていき、いまでは畑の一画はサツマイモさんに占領されている状態でございます。そんな感じでございますからお芋さんの方もさぞかし土のなかに埋まっているのだろうとある意味気合いを入れてスコップを入れたのでございますが・・・・・・・ありません。葉が生い茂っていた場所を掘ってみたのでございますが、肝心要のお芋さんが見当たりません。葉が茂っていたあたり全体をくまなく掘り起こしてみたのでございますが、結局お芋さんは最初に苗を植えたエリアからしか出てきませんでした。

サツマイモ 収穫

 「あんなに葉を茂らせていたのにこれだけ???」と思ったのでございますが、よく考えてみるとあまり採れすぎても逆に困るので今回は逆に良かったのかなぁと思っております。

 さてよく観察してみると7月以降に茎を伸ばし葉を茂らせていった部分には多分サツマイモさんの赤ちゃんでございましょうか赤い色をした細長いヒモのようなものがいくつか伸びておりました。つまり7月辺りに伸びていった葉茎から生まれたサツマイモは大人になることができずに秋を迎えてしまったということなのでしょうか?

家庭菜園 サツマイモ 

 いずれにせよ、勢い良く葉茎を伸ばしていくサツマイモさんを見て歓喜していた私は間違っていたようでございます。後から伸びてきた葉茎はサツマイモを育てる事ができないのでございますから来年は無造作に放任するのではなく、苗を植えた区画を中心にキッチリと管理しながら育てていきたいと思います。子育てと一緒でお野菜さんも放任主義が良いお野菜とキッチリと躾ながら育てなければいけないお野菜と色々あるのでございますわねぇ・・・・・・

 さて8月上旬に種を蒔いてから放任主義で育ててきた大根さん。こちらは相も変わらず見事な出来映えでございました。細腕の私では2本一緒に持ち上げるのがやっとの重さで車に積み込むのも一苦労でございました。

収穫した大根

 そんなわけで本日11月7日に収穫したサツマイモと大根。サツマイモは軽く土を落として日当たりの良い場所に干しておきました。サツマイモさんは日に当てる事により甘みが増し逆に湿気っていると傷みやすくなるのだそうでございますわよ。

収穫したサツマイモ

 一方の大根さんはその重さに苦労しながらも水洗いして庭に干しておきました。これほどの大きさの大根を沢庵漬けにするのは初めての事で上手くいくかどうか不安なのでございますが、何事もチャレンジでございます。今年の沢庵漬け作りは気合い入れていきたいと思いますわよオホホホホホホホ。

大根干し

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました