カブの収穫 でございますわよ~

家庭菜園 カブ カブ

 私が家庭菜園をはじめて今年で4年目。毎年秋になると種を蒔いているお野菜のひとつに「カブ」がございます。

 毎年私の握りこぶしより一回りほど小さいカブが収穫でき、煮物やぬか漬けにしていただいているのでございますが、大きめのカブも収穫してみたいと思い去年から日本最大級のカブとされる「聖護院カブ」の種を蒔いております。ちなみに去年は種を蒔く時期が遅すぎたのかカブが肥大する前に初霜が降りてしまい失敗。

 今年は去年の失敗を踏まえお盆前の8月8日に大根といっしょに種を蒔きました。種は25粒中5粒しか発芽せず、間引きを行った結果結局3株しか育てることができませんでした。

家庭菜園 カブ

 そして種まきから約3ヶ月ほど経過した11月7日。生き残った数少ないカブは見事なまでの大きさに育ってくれました。ハッキリ言って地元のスーパーでも見かけることの無いサイズまで大きくなっております。(私の胸もこれくらい大きければ・・・・ゴニョゴニョ)などとつぶやきながら試しに一つだけカブを引っ張ってみますとあっけないほど簡単に引き抜く事ができました。

家庭菜園 カブ 収穫

収穫した聖護院カブ

 カブはある程度の寒さにも耐える事ができ、昼夜の気温差が大きいほど甘みが増すそうなので残りはまだ畑に植えておき時間をかけてゆっくりと収穫していきたいと思います。

 聖護院カブ。京都のお野菜なので北国での栽培は難しいかな~と思っていたのでございますが、今回は立派に育ってくれました(発芽率の低さは少々気になりますが・・・・)。やはり収穫するお野菜は小さいものより大きい方が嬉しいのが人情というものでございます。料理方法なども勉強して来年も育ててみたいと思いますわよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました