油・断・大・敵 でございますわよ~

 今年で2年目のお米栽培。去年は中干しに失敗してイマイチの出来でございましたが、今年は9月に入るまで順調に育ってくれております。

 犯人は雀さん達でしょうか?お米が3分の1ほど無くなっている稲穂もチラホラ見えるのでございますが、雀さん達にはシロアリ退治をはじめとして色々お世話になっているので大目にみております。

 さて9月も連休を迎えいよいよ来週は稲刈りか?というタイミングの9月13日の早朝。庭の稲を見てみると稲の葉が針金のように丸まり全体がしなやかさを失いハリセンボンのようになっております。去年も経験した「水不足」状態でございます。 稲 水不足

 稲は収穫間近になると田んぼの水を落として1週間ほどかけて登熟させるのですが、私の場合漬物樽で育てておりますから一気に乾燥が進んでしまったようでございます。平日の朝の忙しい時間帯でございましたが急ぎ水を入れたものの、今後どうなるのでしょうか?このまま枯れてしまうようでしたら来週には稲刈りでございますわね・・・・・。

 それにしても今年の米作りは最後の最後でミスを犯してしまいました。前日雨が降ったので大丈夫でしょうと思っていたのでございますが・・・・・・まさに「油断大敵」でございました。

季節の変わり目 でございますわよ~

 2019年も9月に入って約1週間。日中は30度を超す日がまだ続いておりますが、空はカラット晴れた秋の空。朝晩はヒンヤリとしており夜は虫さん達の大合唱が響き渡っております。

 秋でございますね。家庭菜園に取り組んでから季節の変わり目を感じるようになった私ikuでございます。

 さて庭の畑を見てみますと相変わらず絶好調なのがオクラさん。ほぼ2日おきに収穫いたしております。

 ツルムラサキさんもお盆をすぎた辺りから急成長いたしまして、重さでネットを支えるプラスチックの棒が歪んでまいりました。少々危険なので思い切って収穫し、ネットに巻き付いているものは全て除去、枝分かれしたものを地面に這わせておきました。

 ナス、キュウリ、インゲン豆は真夏の盛りに一時期収穫が途絶えたのでございますが、お盆をすぎたあたりから再び収穫できるようになってきました。とはいえ7月の最盛期に比べると実の数、成長の度合い共にイマイチで以前の勢いはありません。

 窒素飢餓にやられたと推測されるトマトはやっと勢いを取り戻してきた感がありますが、時すでに遅しといったかんじで4株植えてあるのでございますが、今まで収穫できた実は3つほど、それも小さめの実で今年は完全な失敗でございました。過去2年間は絶好調だったのでございますが、やはり家庭菜園は奧が深こうございます。家庭菜園 トマト

 晩生種の枝豆は実が脹らんできましたので、来週あたりには食べれるものもでてくるのではないでしょうか?

 そして一番絶好調なのが里芋さん。今年の里芋さんはスーパーで買ってきた芋を育てたのでございますが、なんだかんだで発芽率100%。いまでは我が家の畑一番の元気印でございます。まさかスーパーで購入した里芋が芽をだしてここまで大きくなるなんて・・・・・・・やはり家庭菜園は奧が深こうございます。里芋 

 季節は秋に入り、我が家の畑の様相もめまぐるしく変わってきております。これからはヨトウムシやネキリムシ、葉ダニ、ナメクジといった強者共も姿を現してくるはず。気合い入れて家庭菜園に取り組んでいきたいと思いますわよ~

 ふんす!💪

remember 親分さん でございますわよ~

 先日里芋の葉の上に陣取っていたカエルの親分さん

 実は正直に白状いたしますと、私その日の夕方近所で遊んでいた子供達に親分さんの身柄を引き渡してしまったのでございます。

 子供達が草むらに潜むダンゴムシを捕まえていたので、私が「うちの庭に大っきなカエルさんがいるよ」と言うと子供達の目が急にキラキラと輝きだし、その輝きに負けてカエルの親分さんを子供達に引き渡してしまったのでございます。もちろんカエルを飼育するなんて無理ですから、遊び終わったら草むらに逃がしてあげるように言ってから親分さんを引き渡しました。その後親分さんは子供達と仲良く??遊んだあといずこかえ姿を消したそうでございます。

 里芋が植えてある所から子供達の遊び場までは距離にして20m。車の通る道路を渡り、家も迂回しなければならないのでもう親分さんとお会いする事はないでしょうと思っていたのでございますが・・・・・・・・2日後の夕方何気なく里芋の葉の上を見てみますとおりましたカエルの親分さんが。大きさといい不遜な態度といい親分さんに間違いないと思います。家庭菜園 カエル

 「いゃ~ん。私に会いに来てくれたのね~💖💖」・・・・・・ってそんな訳ないですよね。子供達の誘惑に負けて自分を売り飛ばした女の顔なんて二度と見たくはないですよね。でもいいの苦難を乗り越えて再び私の畑に戻ってきてくれた事が嬉しいのでございます。

 それにしてもよく親分さんはよく戻ってこれたものだと思いますが、私思い出しました。確か昔大学の授業かゼミかなんかで「カエルは自分の生まれた場所の匂いを覚えていて、親になって遠くに行っても産卵の時期には必ず戻ってくる」と教授がおっしゃっていたことを(注:私大学は一応経済関係の学科でございました)。ここから先は私の勝手な意見ですけど、親分さんも私に身売りされた後に居心地の良かった里芋畑まで匂いをたどって苦難の道を戻ってきてくれたのではないでしょうか?いずれにせよ車の往来する道路を渡り命をかけて戻ってきた親分さんを二度と裏切ったりせず私は暖かく、そして遠くから見守っていくつもりでございます。

PS:この後、親分さんは2日ほど里芋畑に滞在していましたが、千葉県に大きな被害をもたらせた台風15号が私たちの住んでいる地域に最接近した次の日の朝から一時期姿を見せなくなってしまいましたが、再び姿をあらわし里芋の葉の上でデンと陣取っております。

ホタテの残渣堆肥 でございますわよ~ 

 2019年9月5日の朝刊にNPO法人が行っている「ホタテのウロで作った堆肥の無料配布はじまる」との記事が掲載されておりました。

 ホタテの「ウロ」とは身の黒い部分で食べる事ができず、加工時に廃棄物として処分されるのですが、その処分費が水産業者の負担になっており、海に不法投棄して逮捕される漁業者の方もいるほどです。そこで大量にでたウロに籾殻などを混ぜて堆肥化させ無償で配布しているのです。

 袋は持参で一人100kgまで持ち帰りが可能との事。海のミネラル分をたっぷりと含んでいるので通常の堆肥に比べ植物の成長が良く、去年は250トンが1ヶ月ほどで無くなるほどの人気だったそうです。

 配布場所は私の住んでいる場所から100kmほど離れているので無償配布とはいえガソリン代で赤字となってしまいますが、ものは試しと申しますしちょうど会社の上司から「お盆期間中の代休早く消化してちょうだい」と言われていたので9月6日に代休を取得して行って参りました。

 場所は国道沿いでうんざりするほど車が停まっていたのですぐにわかりました。あまりの車の多さに「やっぱりやめておこうかしら?」と少々弱気になったのですが、ここまで来たんだし取りあえず様子見だけでも・・・・・と思い離れた場所に車を駐めて外に出ると・・・・・・・・・臭います。堆肥というより肥やしの臭いです。牧場なんかで漂う牛や馬の糞の臭い。あの臭さを数倍強力にした生々しい臭いが30mほど離れた場所まで漂ってきております。「やっぱりやめておこうかしら?」ますます弱気になった私ikuでございますが、意を決して配布場所に向かいます。ホタテ堆肥

 堆肥はビニールハウスの中に山積みとなっており、まだ発酵途中なのか湯気が臭いと共にムンムンと立ち上がっております。「やっぱり無理!か弱き乙女には無理ですわ!」

 帰ろうとするとNPOの方でしょうか?「初めてですか?初めての方はこちらに住所と名前を記入してください」と受付に案内されてしまいました。流れに身を任せ受け付けをすませ、再びビニールハウスの中を見てみますと、私より年配の女性の方も多数おられ一生懸命スコップで堆肥を持参した袋の中に入れております。「たくましいわね・・・・・・・・私も見習わなくては・・・・😑」

 こうして覚悟を決め、車に戻り持参した土嚢袋を二袋ほど持って私も順番待ちをします。すると山の下の方から堆肥をすくっていくので突然堆肥の山が崩れ、ちょっとした騒ぎに・・・・・片足埋まった方もおられましたが、みんな何故か「あぶないねぇ~」などと大笑いして和んだ雰囲気・・・・・「なんで笑ってられるのかしら??? もし私が頭からあの堆肥をかぶったら絶対に泣き出す自信があるわ😱」 とまぁこんなかんじで色々あったのでございますが、私は無事土嚢袋二袋分の堆肥をゲットいたしました。堆肥を入れた土嚢袋はすぐに堆肥の熱で熱くなった上に、臭いもあるので持ち運びには苦労しましたが、車に積む際には念のために用意しておいたビニール製のゴミ袋に入れて臭いが車内に漏れないように致しました。ホタテ堆肥

 ビニール袋に入れたとはいえ、臭いが車内(トランク内)に充満するのは嫌でございますから帰りは高速道路を利用して速攻で帰宅。ますます持って赤字でございます。

 帰宅後にトランクを開けてみると若干ではございますが臭いが充満しており、ビニール袋は発酵熱で蒸発したと思われる水滴がびっしょりと内側についておりました。ビニール袋から土嚢袋を取り出すと多分臭いで虫が寄ってくると思うので、とりあえずはビニール袋に入れたまま土間の上に置いておき、玉ねぎやニンニクの畝を耕す際に使用してみようと思います。ホタテの堆肥

 ホタテのウロの堆肥・・・・・・・・少々私には取り扱いが難しい代物でございます。来年も取りに行くかどうかは現時点では否定的な私でございますが、とりあえずホタテ堆肥を使用した玉ねぎやニンニクの成長度合いを見て判断しようと思いますわ。それにしても今回は非常にデンジャラスな代休消化でございました。

貸し農園 でございますわよ~

 9月に入り実りの秋本番となってきた今日この頃。道路を挟んで斜め向かいに住んでいるMさんが枝豆を持ってきてくれました。なんでも市の農園を借りて色々お野菜を育てているのだとか・・・・・・。Mさんとは息子さんが同級姓ということもあり(息子さんはすでにご結婚され実家を離れております)結構親しくさせていただいているのでございますが、農園を借りているとは初耳でございました。

 貸し農園・・・・・・・・・・・その手があったわね💡

 正直猫の額ほどの広さの我が家の畑では育てるお野菜の種類や数にも限度がございます。市の農園を借りて比較的手のかからない、例えば枝豆や自然薯、大根のようにある程度ほったらかし状態でも元気に育ってくれるお野菜を市の農園で育てれば、空いた我が家のスペースに新しいお野菜を植えることができます。

「これよ~これ💖我ながらナイスアイディアですわ~」ってMさんから聞いただけの事なんでございますけどね😏

 早速市のHPを見てみましたところ年2570円で一区画33㎡の畑を4月中旬から11月中旬まで抽選で借りることができるようです。場所は私の自宅から車で15分くらいの所。ちなみに私の庭の畑は約16㎡ですから広さは約2倍。

「文句なしでございますわ」

 ただ実際に現地を見てみないと、「何事も直接確認」これは大事でございます。そんな訳で直接現地を視察。貸し農園

 私は1m×30mのように細長い区画を予想していたのでございますが、ほぼ正方形の区画が碁盤の目のように並んでおりました。また未使用の区画もあり現状では抽選とはいえ申し込めばほぼ確実に借りることができそうです。

「文無しでございますわ」

 トイレが簡易式だったのが女性の私にはちょっと残念なところでしたが、総合では文句なしの合格点でございます。

 まぁ以前どのようなお野菜を植えていたのかとか、過去に使用した農薬の種類や時期、当選すれば同じ場所を続けて利用できるのか?など色々確認したいこともあるのでございますが、ハッキリ言って些細な事。私の心の中はすでに来年申し込むことで決定しております。

 「あぁ~💖来年からは更に充実した農園ライフがすごせそうでございますわよ」

 えっ?「オマエは畑じゃなくて早く男みつけて人生も充実させろ」ですって?? 大きなお世話でございますわよ💢

カエルの親分 でございますわよ~

 2019年9月2日。9月最初の月曜日。9月に入ったとはいえ、まだまだ日中は暑い日が続き、プランターに植えてあるキュウリやインゲン、オクラ、そして漬物樽で育てている今年2年目の稲などは毎日の水やりは欠かすことができず、毎日朝早くからろくに化粧もしてない寝ぼけた顔で庭に出て水やり&異常がないかどうかのチェックをしております。

 やはり真夏に比べ気温が下がってきたせいか、先日のチェックではオクラにはアブラムシさんが、里芋には蛾と思われる卵塊が産み付けられているのを見つけております。これからますます虫さん達は活発になってくるでしょう。「気を引き締めていかないといけないわね😠」等と少々体育会系のノリでパトロールをしておりましたところ・・・・・・私見つけてしまいました😱。 親分さんです。いえこの庭の主さんです。そうカエルさんです。里芋の葉の上にデンと陣取っております。カエル 家庭菜園

 カエルさんは一昨年にもほぼ同じ場所で見つけたのでございますが、大きさがまるで違います。一昨年のカエルさんは私の親指程度の大きさ。今目の前にいる親分さんは手のひらサイズの大きさ(正確には私の手のひらより一回りほど小さいと思います)。

 (何を食べればあんなに大きくなるの?いえそれよりもあんな大きな図体でどうやってあの高さまでよじ登ったのでしょうか?)色々ツッコミを入れたいところはあったのですが、我が家の畑にとっては害虫さん達を食べてくれるありがたいお方。無用なツッコミを入れてご機嫌を損ねて帰ってしまわないように、本日はそっとその場を離れました。

 実は本ブログでは紹介してなかったのでございますが、1週間程前にはカマキリさんも見かけることができました。猫の額ほどの庭でございますが、手入れをして無農薬で野菜を育てているからカエルさんやカマキリさんが姿を現すようになったのだと思います。そう思うとなにやら子供のようにウキウキしてきた私ikuでございました💖。

PS:後日母にカエルやカマキリの事をお話したところ「アンタがちゃんと草むしりないから虫が湧いてるんでしょ」と手厳しいお言葉を頂いてしまいました。流石に私の母でございます。ツッコミは容赦ございません。😓 

 

 

 

自家製焼き肉のタレ でございますわよ~

 先日こしらえた「エゴマの葉の醤油漬け」。あのお味に取り憑かれてしまいまして。毎週継ぎ足しながらエゴマの葉の醤油漬けを作っております。エゴマの葉の醤油漬け

 使い道はエゴマの葉やタレをご飯やお豆腐に乗せて食べたり、焼き肉のタレ代わりにも使用しております。焼き肉のタレといえば私の住んでいる地方では「スタミナ源タレ」という不動のロングヒット商品がございまして、全国版のテレビでもよく紹介されておりますので知っている方も多いと思います。かくゆう私も大好きな一品でございます。

 このスタミナ源たれは原材料に米麹を使用しているそうで、私も試しにエゴマの葉の醤油漬けに米麹を少々混ぜてみました。米麹は昨年 種籾の消毒用にヨーグルトメーカーを購入して以来、定期的に甘酒を作っているので常に常備しております。ちなみ私が使用している麹はお味噌で有名なマルコメさんの乾燥麹。乾燥麹 色々な麹を試してみたのでございますが、マルコメさんの乾燥麹がダントツで甘く美味しい甘酒ができるんです。本当にお砂糖をいれたんじゃない?と疑われるほど美味しい甘酒ができるので我が家は現在はこれ一種類のみ限定で使用しております。さてエゴマの醤油漬けに米麹を混ぜたのが8月30日の夜。麹が発酵して旨味成分に変わるまで半月ほど時間がかかるとおもいますので、エゴマの葉の醤油漬けも定期的に継ぎ足し作っていこうと思いますわよ。オホホホホホホ。

枝豆は早生か晩生か でございますわよ~

 今年の枝豆は極早生、中生、晩生の三種類を植えてみました。

 なぜ三種類かといいますと、長い期間にわたって枝豆さんを食べたいと思ったからでございます。

 んでもって結果はといいますと、極早生の枝豆は8月の上旬には収穫可能となったのでございますが、やはり成長期間が短い為か背丈が短く収穫した枝豆も少なめ。写真を撮るのを忘れてしまったのでございますが、お隣に植えてある中性、晩生の枝豆に比べると背丈が3分の1ほどで大人と子供の状態。それでもって子供の方に実が成っているわけですから収穫量が少ないのは当たり前といえば当たり前なのかもしれません。

 そしてさらにビックリしたのがお味でございます。味覚は個人差があり一概にはいえないと思うのですが、去年収穫した中性種の枝豆と比べるとあきらかに味が劣ると思います。とはいえ収穫したばかりでございますからスーパー等で販売されているものに比べれば美味しいのでございますが・・・・・・ハッキリ申し上げて少々期待外れでございました。

 中性種はお盆がすぎた辺りに収穫可能となり味・量ともに文句なしでございました。この時点で晩生種は中性種よりもさらに生い茂っており、やっと実がなり始めた状態です。晩生種は中性種よりも時間をかけて成長するので、おそらくお味・収穫量はさらに上をいく事と思います。ただ気温が低くなってくると虫さん達が元気になってくるので、虫さん達にやられてしまわないか心配なところでございます。

 いずれにせよ来年の家庭菜園は味・収穫量が中性に比べて劣る早生品種はやめようと思います。あまりメリットがございませんものね。

 写真を残してなかったのが残念ではございますが、また1つ賢くなったような気がする私ikuでございました。オホホホホホホホ。

重曹で除草してみました でございますわよ~

 ご報告するのを忘れていたのでございますが、重曹による除草。春のお話ですが結果をご報告しておこうと思います。 

 5月に重曹を使用した除草を試験的に行ったのでございますが・・・・ハッキリと申し上げまして効果が表れるまでに多大な労力を要する上にコスト的にも・・・・・・・てな感じでございました。

 安全な上に確かに効果があるわけですからなんとか実用化したいなぁ~と思っておりました所、私ひらめきました。💡

 今までは小さなパック入りの重曹をペットボトルで水に溶かして雑草にかけていたのでございますが、ネット通販かなんかで業務量の重曹を大量に購入して重曹の粉を直接雑草に振りかけてみたら労力、コスト共に解決できるのではないでしょうか?

 思いついたらすぐに行動するのが私ikuでございます。早速仕事帰りに業務用のスーパーに立ち寄って商品棚を物色してみたところ・・・・意外と簡単に業務用の重曹がみつかりました。お値段も220円と段違いの安さでございます。重曹 除草

 「これよ~これ! 幸運の女神は私に微笑んでおりますことよ~」

 早速袋詰めの重曹を購入して畑には影響が無く雑草が生い茂っている箇所に散布してみました。

 結果は・・・・・👍 でございました。粉末を蒔くだけですから労力も要しませんし、蒔いた次の日には雑草が黒く変色し枯れ始めます。具体的に写真で見比べてみますと・・・

before重曹 除草

after・・・・・・・って実は写真撮ってなかったので9月1日時点での写真を掲載します。ちなみに重曹を最後に蒔いたのは6月末で以後蒔いてませんし草刈りも行ってません。重曹 除草

 どうです?凄いでしょ?? 

 なんか最近やることすべて上手くいく絶好調の私ikuでございました。

 

 

トウモロコシの顛末 でございますわよ~

 色々と心配された台風10号は私の住んでいる地域では、雨風ともに大した事はございませんでした。むしろ適度な量の雨が降り畑にはプラスになったのではないでしょうか?

 さて台風が過ぎ去った8月17日の朝。自宅の畑を見てビックリ。なんとトウモロコシが2株ほど倒れております。昨日は大した風は吹いてなく、他のお野菜さん達は倒伏などせず元気ですので不思議に思ったのでございますが、近づいて確認すると原因が分かりました。

 トウモロコシの実が見事にかつ豪快に食べられておりました。トウモロコシ 鳥 被害

 犯人は虫・・・・・ではないですね。1日でこれだけ食べるのは・・・・鳥。それもカラス。「真実は、いつもひとつっ!!!!!」でございます。

 思い起こせば昨日はやけにカラスが騒いでおりました。まぁお盆ですからお墓のお供え物を狙って毎年この時期はカラスさん達は大騒ぎするので特に気にしてなかったのでございますが、多分あの時庭のトウモロコシを狂喜しながら食べまくっていたのでございましょう。それにしてもまさか台風ではなくカラスさんにトウモロコシをやられてしまうなんて・・・・・・。

 中学生の頃、テレビで脱サラして農業をはじめた女性の育てたトウモロコシが鳥の被害にあい一晩で全滅してしまったのを見て「おねぇちゃん頑張れ!」と思った記憶がございますが、まさか自分も同じ目に合ってしまうとは世の中分からないものでございます。

 それにしてもトウモロコシの株を倒して実を食べるとは・・・・・・カラスさんも中々やりますわね~。

 採れたてのトウモロコシは本当に美味で来年も育てる予定でございますからカラス対策も勉強しておかないといけませんわね。ご近所の畑でトウモロコシの畝に網を張っていましたが、多分あれがカラス対策なのでございましょう。トウモロコシシーズンが終わる前によそ様の畑を観察して網の張り方とか位置とか色々勉強しておかないといけませんわね~。トウモロコシ カラス対策