ミツバとセリの水耕栽培 その後 でございますわよ~

 一月に七草がゆ用に購入したミツバとセリの根の部分を水耕栽培で育て始めて1ヶ月半ほど経過した2月の後半。最初は元気だったミツバとセリですがだんだん倒伏するようになってきました。 根元の部分が安定してないからかしら?と思いバーミキュライトを足したりしたのですが、よく考えたら根元の部分が安定してない場合は根元から倒れるわけで、今私の目の前にあるミツバとセリは倒れるというよりは折れてしまっている状態で少々説明がつきません。その後も様子を見ていたのですがだんだん勢いもなくなり葉が萎れてくるようになりました。原因は日光不足や栄養不足など色々考えられるのでございますがはっきりとしたことは分かりません。とはいえ折角軌道に乗せたセリとミツバでございますから、この度水耕栽培はあきらめ鉢に植え替えることといたしました。セリ ミツバ 水耕栽培

 植え替えは3月2日に行ったのですが、この時はすでに8割方の葉茎は萎れている状態。 けど根っ子の部分は意外としっかりとしておりましたので、根が大丈夫なら再び元気を取り戻すのではないかしら?と淡い期待をよせ植木鉢に植え替えました。家庭菜園 セリ ミツバ

 さてその後の結果でございますが3月中旬にはセリは一株を残して枯れてしまい、ミツバにいたっては全て枯れてしまいました。寒い日が続いたのも影響しているのかもしれませんが、スーパーで購入したセリとミツバの水耕栽培は失敗と相成ってしまったようでございます。

 とはいえ一株とはいえセリは元気に伸びておりますし、折角植木鉢を用意したのでございますから、他に芽ネギやパクチー、そしてミツバの苗などを植えてハーブ鉢として育ててみようと思いますわ。

セリと三つ葉も水耕栽培 でございますわよ~

 2019年の正月もすぎ、一段と寒さが厳しくなってきたこの頃。水耕栽培しているブロッコリーと葱は辛うじて命をつないでいるといった状態でございます。やはり寒さが身にしみるようです。水耕栽培

 正月前の状況と比べると明らかに弱ってきております。水耕栽培 

 さてお正月が過ぎたあとに食べるのが「七草がゆ」でございます。スーパーには七草がゆの具となるセリや三つ葉が店頭に並ぶようになってきました。

 聞くところによるとセリや三つ葉は根が残っていれば浸しておくだけ再び葉を伸ばしてくるのだとか・・・・そんなわけでセリと三つ葉の根をikuちゃん手作りの水耕栽培セットに植えてみたのでございますが・・・・・・約1ヶ月が経過した2月15日現在でご覧のような状況。セリ 三つ葉 水耕栽培

 「いやぁ~ん。ひょっとして水耕栽培大成功???」三つ葉はすでに何度かお料理に使用もしております。

 セリや三つ葉は大量に使用するわけでもないのでこのまま水耕栽培で育て続けるか、暖かくなったら一度畑に植えるかこの春までに考えておこうと思いますわ。

 あと・・・・・瀕死の状態のブロッコリーでございますが、まだ生きていますので最後まで諦める事無く面倒を見て記録を残し、今年度の家庭菜園につなげていきたいと思っておりますわ。