トウモロコシの顛末 でございますわよ~

 色々と心配された台風10号は私の住んでいる地域では、雨風ともに大した事はございませんでした。むしろ適度な量の雨が降り畑にはプラスになったのではないでしょうか?

 さて台風が過ぎ去った8月17日の朝。自宅の畑を見てビックリ。なんとトウモロコシが2株ほど倒れております。昨日は大した風は吹いてなく、他のお野菜さん達は倒伏などせず元気ですので不思議に思ったのでございますが、近づいて確認すると原因が分かりました。

 トウモロコシの実が見事にかつ豪快に食べられておりました。トウモロコシ 鳥 被害

 犯人は虫・・・・・ではないですね。1日でこれだけ食べるのは・・・・鳥。それもカラス。「真実は、いつもひとつっ!!!!!」でございます。

 思い起こせば昨日はやけにカラスが騒いでおりました。まぁお盆ですからお墓のお供え物を狙って毎年この時期はカラスさん達は大騒ぎするので特に気にしてなかったのでございますが、多分あの時庭のトウモロコシを狂喜しながら食べまくっていたのでございましょう。それにしてもまさか台風ではなくカラスさんにトウモロコシをやられてしまうなんて・・・・・・。

 中学生の頃、テレビで脱サラして農業をはじめた女性の育てたトウモロコシが鳥の被害にあい一晩で全滅してしまったのを見て「おねぇちゃん頑張れ!」と思った記憶がございますが、まさか自分も同じ目に合ってしまうとは世の中分からないものでございます。

 それにしてもトウモロコシの株を倒して実を食べるとは・・・・・・カラスさんも中々やりますわね~。

 採れたてのトウモロコシは本当に美味で来年も育てる予定でございますからカラス対策も勉強しておかないといけませんわね。ご近所の畑でトウモロコシの畝に網を張っていましたが、多分あれがカラス対策なのでございましょう。トウモロコシシーズンが終わる前によそ様の畑を観察して網の張り方とか位置とか色々勉強しておかないといけませんわね~。トウモロコシ カラス対策

台風10号とトウモロコシ でございますわよ~

   超大型の勢力を持った2019年版台風10号。8月15日現在九州・四国地方に上陸しましたが、今のところ大きな被害は出ていないようでございます。とはいえここ数年は毎年のように深刻な台風被害が発生しておりますし、少々心配なところでございます。

 私の住んでいる地域には明後日の17日に最接近するようでございますが、直撃は避けられそうでございます。気になる庭の畑に目を向けてみますと、暑さのせいか一時期収穫の途絶えていたキュウリやインゲン豆が再び花を咲かせはじめ、インゲンの花 ナスや枝豆も葉を思いっきり広げております。先週種を蒔いたカブや大根も無事に芽を出し、見た目は順調といった感じでございます。これが台風10号でどうなるか?ございますが、まぁ結果は「天のみぞ知る」といったところでございましょうか?

 本日はお盆真っ盛りということでお仕事はお休み。そんな訳でご近所の畑の偵察も兼ねて朝方散歩に出かけたのでございますが、とある畑では朝からおばあちゃんが畑でトウモロコシを収穫していました。そういえば毎年台風の過ぎ去った後、近所の畑では倒伏してしまったトウモロコシをよく見かけたものでございますが、こちらのおばあちゃんは倒伏する前に収穫してしまえという寸法なのでしょうか?

 私の畑でもまだ収穫を控えたトウモロコシが三株ほど残っておりますが、台風接近ギリギリまで待って収穫してしまった方が良いのかもしれませんわね~。

 

トウモロコシの収穫 でございますわよ~

 先日までアブラムシさんの大群に悩まされていたトウモロコシさん。

 8月に入り日中の最高気温が30度を超すようになってから一気に姿が減りまして、今や全く姿を見ることがなくなりました。同時にテントウムシさんやテントウムシさんの幼虫も姿を見せなくなってしまいました。

 テントウムシさんの成虫は飛んで移動できますが、幼虫さんは飛ぶことができないので、どちらに行かれたのか少々気になるところでございます。早くも成虫に成長して移動したのならよいのでございますが・・・・心配でございます。

 さて7月後半の頃はアブラムシさんやそのお友達のアリさん、アブラムシさんを食べに集まったテントウムシさんやクサカゲロウさん、そしてその幼虫たちと大変賑やかだったトウモロコシさんも猛暑が続き大分静かになってまいりました。それと同時にトウモロコシさんの実が脹らんでまいりまして8月4日の日曜日に食べれそうな実を2本ほど収穫してみました。

 トウモロコシさんは収穫したてが一番美味しいというので、収穫してすぐにゆがいていただきましたが、そのお味の美味しいこと美味しいこと、実自体はスーパーで販売されているものに比べ2/3ほどの大きさなのでございますが、やはり販売品では味わえない上品な甘さがございます。

 トウモロコシさんは今年初めて挑戦し、発芽率が6割程度だったうえにアブラムシさんの大群に頭を悩ませたりと色々苦労させてもらったのでございますが、苦労した分以上の美味しさでございました。トウモロコシさんは来年も育てるお野菜さんに決定でございますわね。

 今年は発芽率が特に悪かったので原因を調べて来年に備えたいと思いますわよ。オホホホホホホ。

テントウムシのサンバ でございますわよ~

 今年初めて挑戦したトウモロコシさん。それなりに順調に育っておりなんとか収穫出来るのではないかしら?などと思っておりますが、穂先に付いたアブラムシさん達には頭を痛めております。先週ホースシャワーの水流できれいさっぱりとおさらばさせていただいたはずなのに、1週間もしないうちに再び大発生しております。トウモロコシ アブラムシ

 7月も第3週となるとトウモロコシさんの穂先も花が咲き、ホースシャワーの水流では開花した花まで吹き飛ばしてしまいそうで使用出来ない状態でございます。自家製農薬夏バージョンもなんだかんだ言って天然由来成分ですから、大発生したアブラムシさん達には焼け石に水の状態・・・・・・。

 どうしらものでございましょうか・・・・・・と思っておりましたところ、トウモロコシさんの葉の上に何やら可愛らしいお姿が・・・・。はいテントウムシさんでございます。パッと見た限りでは三匹ほど。一生懸命アブラムシさん達を食べているのかと思いきや一生懸命交尾の真っ最中でございました。「まっ!未婚の女性の前でうらやまし・・・・・じゃなくって微笑ましいことですこと。オホホホホ」テントウムシ アブラムシ

 これから無事産卵して幼虫が孵化しアブラムシさん達の数が少しでも減れば万々歳でございますので、刺激の強い自家製農薬の使用は控えテントウムシさんのカップルを応援していきたいと思いますわよ。オホホホホホ 

 PS:翌日の朝トウモロコシさんを確認したところ、テントウムシさんはまだ交尾の真っ最中でございました。別のカップルなのか、一晩中交尾をしていたのか、別の雄がやってきて再び交尾をはじめたのか・・・・・いずれにせよとってもうらやましい・・・・・じゃなくって熱心なことで私は邪魔をせず陰から見守るようにしようと思います・・・・・といいながら顔を思いっきり近づけてテントウムシさんのカップルを観察している私ikuでございました。