ホタテの残渣堆肥 でございますわよ~ 

 2019年9月5日の朝刊にNPO法人が行っている「ホタテのウロで作った堆肥の無料配布はじまる」との記事が掲載されておりました。

 ホタテの「ウロ」とは身の黒い部分で食べる事ができず、加工時に廃棄物として処分されるのですが、その処分費が水産業者の負担になっており、海に不法投棄して逮捕される漁業者の方もいるほどです。そこで大量にでたウロに籾殻などを混ぜて堆肥化させ無償で配布しているのです。

 袋は持参で一人100kgまで持ち帰りが可能との事。海のミネラル分をたっぷりと含んでいるので通常の堆肥に比べ植物の成長が良く、去年は250トンが1ヶ月ほどで無くなるほどの人気だったそうです。

 配布場所は私の住んでいる場所から100kmほど離れているので無償配布とはいえガソリン代で赤字となってしまいますが、ものは試しと申しますしちょうど会社の上司から「お盆期間中の代休早く消化してちょうだい」と言われていたので9月6日に代休を取得して行って参りました。

 場所は国道沿いでうんざりするほど車が停まっていたのですぐにわかりました。あまりの車の多さに「やっぱりやめておこうかしら?」と少々弱気になったのですが、ここまで来たんだし取りあえず様子見だけでも・・・・・と思い離れた場所に車を駐めて外に出ると・・・・・・・・・臭います。堆肥というより肥やしの臭いです。牧場なんかで漂う牛や馬の糞の臭い。あの臭さを数倍強力にした生々しい臭いが30mほど離れた場所まで漂ってきております。「やっぱりやめておこうかしら?」ますます弱気になった私ikuでございますが、意を決して配布場所に向かいます。ホタテ堆肥

 堆肥はビニールハウスの中に山積みとなっており、まだ発酵途中なのか湯気が臭いと共にムンムンと立ち上がっております。「やっぱり無理!か弱き乙女には無理ですわ!」

 帰ろうとするとNPOの方でしょうか?「初めてですか?初めての方はこちらに住所と名前を記入してください」と受付に案内されてしまいました。流れに身を任せ受け付けをすませ、再びビニールハウスの中を見てみますと、私より年配の女性の方も多数おられ一生懸命スコップで堆肥を持参した袋の中に入れております。「たくましいわね・・・・・・・・私も見習わなくては・・・・😑」

 こうして覚悟を決め、車に戻り持参した土嚢袋を二袋ほど持って私も順番待ちをします。すると山の下の方から堆肥をすくっていくので突然堆肥の山が崩れ、ちょっとした騒ぎに・・・・・片足埋まった方もおられましたが、みんな何故か「あぶないねぇ~」などと大笑いして和んだ雰囲気・・・・・「なんで笑ってられるのかしら??? もし私が頭からあの堆肥をかぶったら絶対に泣き出す自信があるわ😱」 とまぁこんなかんじで色々あったのでございますが、私は無事土嚢袋二袋分の堆肥をゲットいたしました。堆肥を入れた土嚢袋はすぐに堆肥の熱で熱くなった上に、臭いもあるので持ち運びには苦労しましたが、車に積む際には念のために用意しておいたビニール製のゴミ袋に入れて臭いが車内に漏れないように致しました。ホタテ堆肥

 ビニール袋に入れたとはいえ、臭いが車内(トランク内)に充満するのは嫌でございますから帰りは高速道路を利用して速攻で帰宅。ますます持って赤字でございます。

 帰宅後にトランクを開けてみると若干ではございますが臭いが充満しており、ビニール袋は発酵熱で蒸発したと思われる水滴がびっしょりと内側についておりました。ビニール袋から土嚢袋を取り出すと多分臭いで虫が寄ってくると思うので、とりあえずはビニール袋に入れたまま土間の上に置いておき、玉ねぎやニンニクの畝を耕す際に使用してみようと思います。ホタテの堆肥

 ホタテのウロの堆肥・・・・・・・・少々私には取り扱いが難しい代物でございます。来年も取りに行くかどうかは現時点では否定的な私でございますが、とりあえずホタテ堆肥を使用した玉ねぎやニンニクの成長度合いを見て判断しようと思いますわ。それにしても今回は非常にデンジャラスな代休消化でございました。

菌の黒汁で堆肥作り でございますわよ~

 2018年度における堆肥作りの仕上がりは、土を耕しはじめる4月中旬頃に確認予定でございますが、少々気になったので3月17日に表面の土をスコップで掘り分けて確認してみたところ・・・・・堆肥というよりは腐っているといった表現がピッタリの状況でございました(写真は自主規制させていただきます)。流石に自家製コンポストの底の方は分解されて堆肥化していると思うのでございますが、あまり好ましい状況ではありません。

 そこで私が目をつけたのが「菌の黒汁」という商品でございます。単純にいえば植物に有益な細菌が含まれている液体で、畑に散布することにより細菌が有機物を分解して土がフカフカとなり連作障害も防げるのだとか。

 堆肥作りにも使用できるということで以前から気にはなっていたのでございますが、この度自家製堆肥作りを成功させるために購入してみました。菌の黒汁

 さてこの菌の黒汁、黒汁というからには墨汁のような黒さを予想していたのでございますが、現物は若干茶色がかったほぼ透明の液体。無臭ですが少々ベトつきます。

菌の黒汁
500倍に薄めた菌の黒汁

 この菌の黒汁を500倍に薄めて自家製コンポストに散布しておきましたわ。またついでですから庭の畑部分にも散布しておきましたわよ。これから土や堆肥がどのように変化していくのか楽しみでございます。

 

 

自家製堆肥 2018年締めくくり でございますわよ~

2018年12月2日 日曜日 

この日は12月とは思えないような暖かさでございました。

 物置で眠っていた漬物樽の底をくりぬき、9月に地中に埋めた自家製コンポスト。刈草や収穫した野菜の葉茎を投入し現在はほぼ満杯状態となっております。自家製堆肥 コンポスト 季節はすでに冬で今後新たな堆肥の材料となるようなものは発生しないと考え本日締めくくりましたわよ。

 締めくくりって何?って聞こえてきそうでございますが、やることは簡単で自家製コンポストに詰め込み続けてきた刈草などを上からスコップでザクザクと突っついた後、米糠を薄く蒔き、さらに上から土をかぶせて最後に軽く蓋をしました。これで春には立派な堆肥が完成・・・・・・する予定なのでございますが、はてさてどうなることでしょうか?自家製堆肥作りは今まで失敗続きでございましたのでここらあたりで一発ビシッと決めたいものでございますわ。オホホホホホ。自家製堆肥 作り

失敗!自家製堆肥 でございますわよ~

2018年6月23日 土曜日。

前回のブログではご紹介してませんでしたが、玉ねぎとニンニクを収穫した際に、後から植える野菜の為に軽く土を耕しておきましょうと思い、春先から刈草を投入してこしらえていた自家製堆肥を畑の上でひっくり返してみました。

 自家製コンポストの下の方は堆肥化してないかしら?と思いまして、堆肥化していたら畑に混ぜようと思ったのでございます。

 さて自家製コンポストをひっくり返して中を確認してみると・・・・・・・・強烈な腐敗臭が・・・・・・。去年ほど酷くはありませんが先日行った町内の下水掃除の際のヘドロより強烈でございます。

 今年は去年の反省を踏まえ生ゴミは投入せず、刈草のみ投入していたのでございますがまた腐敗臭が発生してしまいました。やはりコンポストは直接地面と接する部分がないと上手く分解がすすまないようです(私のコンポストは物置に眠っていた大きな漬物樽に刈草を突っ込んでいただけです)。自家製 コンポスト

 とりあえずは腐敗臭のする腐った刈草をどうにかしなければなりませんが、とても畑に混ぜる気にはならなかったので、庭の片隅に穴を掘って刈草を投げ込み、上から石灰をかけ埋めておきました。家庭菜園をはじめて約13ヶ月。ミミズや小さい小さいイモムシ、クモなどにはなんとか慣れてきましたが、腐敗臭に対しては未だ免疫ができておらず、腐った堆肥の処分ははっきり言って今年1番きつい作業でございました。

 さて自家製堆肥なんですけど、コンポストを購入するとよいのでしょうが、そこまでお金をかける気にもなれず、また二年連続で体験した強烈な腐敗臭がある種のトラウマになっておりちょっと・・・・・・って感じになっております。

 今後は休ませてある畑に溝を掘り、随時刈草を投入して堆肥を作るといった作戦に変更してみようと思いますわ。いずれにせよ私ikuの自家製堆肥作りは頓挫したわけで家庭菜園人生において最大の挫折を味わってしまいました。

自家製堆肥 完成?? でございますわよ~

 2018年5月4日 金曜日。

 GWも後半戦に入り私の家庭菜園魂にも火がつき始めてきた今日この頃。

 本日は去年から仕込んでいた自家製堆肥の樽をひっくり返してみることにいたしました。自家製堆肥 コンポスト

 思い起こせば去年の6月。草むしりで大量発生した刈草を漬物樽に詰め込み、ナメクジケヤスデの大量発生に悲鳴をあげ、一時期は生ゴミなども投入したおかげで耐えがたい悪臭を放ったこともあったあの思い出の自家製堆肥でございます。

 6月から始めて最後の刈草を投入したのが去年の11月。あれからちょうど5ヶ月。150日が経過しております。さて中身はどのようになっているのでしょうか。

 私の脳裏には夏の強烈な腐敗臭が焼き付いていますのでなんともいえないドキドキというか恐怖を感じるのでございますが、勇気を振り絞って自家製堆肥の樽をひっくり返してみました。

 すると・・・・・・・中身は無臭。嫌な臭いは一切せず。ホット一安心でございますが、なんていうのでしょうか清潔感というか美しさがないんですよね~。自家製堆肥

 家庭菜園をはじめて約1年。おかげさまで市販されている腐葉土や培養土などは素手でも触れるようになりました。しかし今目の前にある自家製堆肥は素手で触る気になりません。思ったより水分を含んでいるせいでしょうか見た目が堆肥というよりヘドロのような感じが致します。一時期生ゴミを入れたり、発酵を促進させたり臭い消しの為に米糠を入れていたのも影響しているのでしょうね~。

 それと分解もまだ中途半端の状態のようです。葉や茎はある程度分解されているようですが完全ではないようですし、根の部分なんかはそのまま残っています。

 今年も自家製堆肥は作ってみようと思っていますが、今回の反省点を踏まえ、樽に突っ込むのは刈草のみとし、固い根の部分は焼却。米糠も突っ込む量を少し減らしたいと思います。

 来年は清涼感あふれる自家製堆肥ができればいいなぁ~😌。

双子の大根 でございますわよ~

 11月20日 月曜日 11月も後半となり連日寒い日が続いております。

 先週末も天気が荒れ模様だったので農作業は中止とし、天気の合間を見て車のタイヤ交換を行いました。

 今年農作業を始めてから色々トラブル続きだった堆肥コンポスター代わりの漬物樽は、来年耕す予定地に穴を掘り、ひっくり返し開口部を下にして設置しておきました。来年の春までにどれくらい堆肥化が進むかわかりませんが、何事も試してみなければ分かりませんのでとりあえずトライでございます。

 先週霜にあたってしまった大根ですが、その後寒冷紗を設置したままにしておいたところ、萎れることなくいまだに元気です。ただし気温が低いせいか成長はほぼストップしている状態。やはり大根は初霜が降りる前後に収穫できるように、時期を見計らって種まきしないと駄目なようですね。来年は気をつけます。あと夏と秋では日の当たり方が異なるので秋に日がよく当たるエリアに植えたいと思います。

 こんな感じで週末をむかえたのですが、翌日の月曜日の朝。つまり今朝は今年一番の冷え込みで朝の最低気温も-2度とはじめて氷点下をわりこみました。

 大根をチェックしてみましたが、見事に凍り付いており、葉も思いっきり萎れてました。今回は寒冷紗を設置してあったのですが、地面には霜柱もたってます。前回の初霜時はなんとなく「生気」のようなものを感じたのですが、今回はまさに氷の世界。

 大根さんは仮に息を吹き返しても成長は見込めないので思い切って収穫することとしたしました。

 んで収穫してビックリ。1つの株から大根(小さい)が二本。大根 収穫 おそらく種まき時に二粒蒔いてその後私が気づかず成長していったのでしょう。小さいとはいえ多分食べれると思うので、彼らはニシン漬けにして正月に食べてみたいと思います。

 これで今年の農作業は大体終了したのですが、後片付けというか整理というか来年にむけ洗濯物を干す場所とか移動させたいので、後日暖かい日を見計らって今年最後の農作業を行いたいと思っております。

第2次ナメクジ大戦 でございますわよ~

 8月23日 水曜日 今朝目撃した大量のナメクジ達に動揺を隠しきれない私。
 もはやジャガイモやビールの罠でどうこうなるレベルではなく、秋に作付け予定の野菜にも悪影響がでかねない状況に市販の殺虫剤を使用することを決断いたしました。

 薬を使用するといってもやはり環境に優しい薬剤を使用したいのが人情です。そこで 昼休みの時間を利用して調べてみると「ナメトール」という駆除剤を見つけました。このナメトールというのは成分が「燐酸第二鉄」という天然由来の成分でほっておくと地中で分解されてしまうのだそうです。
 というわけで本日帰宅途中にホームセンターに寄りナメトールを購入。早速ナメクジの巣があった周辺に蒔いておきました。

 ついでに自家製コンポスト(自家製といっても漬け物樽に雑草や生ゴミを放り込んだだけですけど)もよく調べてみました。自家製堆肥 するとナメクジがコンポストの中にいた原因はすぐにわかりました。
 私は蓋がピッタリと閉まっているから多少の生ゴミを入れても虫が湧いたりすることは無いだろうと思い(初夏にケヤスデが大量発生したことはあります)、わずかですが生ゴミも入れてました。どうやらそれがナメクジを呼び寄せてしまったようです。また蓋も凹凸があって凹凸をあわせて蓋をするとピッタリと隙間は無くなるのですが、私はは凹凸に気がつかずただ蓋を乗せていただけ。だから常に5mmくらいの隙間ができていたんです。おそらくこの隙間からナメクジが入り込んで夜に生ゴミを食べ、昼間はコンポストの裏側に隠れていたのでしょう。またコンポストをおいてある場所には虫除けの石灰を蒔いていたのですが、長雨で効果も薄れていたようです。

 自家製堆肥というのは聞こえは良いですがいざ試してみると結構手間暇がかかるものなんですね~。まぁ今後はコンポストに投入するのは雑草だけにして生ゴミを入れるのは控えたいと思いますわ。 ナメクジ女などと呼ばれたくないでございますからね!

2017年第13回農作業 でございますわよ~

 8月5日 土曜日 本日は家庭菜園 第12週目です。この1週間ほど秋植え野菜について色々検討したのですが、今年植えるのはニンニク、タマネギ、大根の三種類にしました。

 いずれも根菜ですから土は入念に耕し、根を強くするカリウム系の肥料をしっかりと施さなくてはなりません。今日の作業は先週に引き続き秋野菜を植える場所の土作りでございます。なんせ私の記憶では「耕す」というような行為は一度も行った事のない場所でございます。何回も掘り返して耕していきたいと思っております。

土作り

 先週畑に混ぜた「もみ殻燻炭」は強いアルカリ性で土の中和剤になりますし、カリウムを多く含んでいます。そして土に混ぜることによりフカフカの土になるそうで、私にとってはまさにドストライクの素材でございましたわ💗

 さて先週は購入してきた50㍑の籾殻燻炭を全て混ぜたのですが「正確なところどれくらいの量の籾殻燻炭が必要なのかしら?」と疑問に思いネットで少々調べてみました。なんとなく多すぎたような気がするんですよね~

 ネットでは混ぜる量は耕土の一割と説明されていました。今回耕した面積は2m×2m×0.5mで2立米
 2立米×0.1=0.2立米のもみ殻燻炭が必要となる計算です。
 では0.2立米が何リットルかというと・・・・・
 0.001立米が1リットルですから0.2立米は200リットル・・・・
 ちなみに先週畑に混ぜたのはホームセンターで販売していたもみ殻燻炭の一番大きなやつで50リットル入り約1,000円。

 あら💗まだまだ全然足りませんこと・・・・けど200㍑となるとお金がいくらあっても足りませわ。農作業にかまけて最近低下気味の私の女子力を向上させる美容アイテムにも費用を投じなければなりませんですし・・・・・・・・。

 色々考えたんでございますが、今回は先週混ぜた50㍑のみとし、年月をかけて土を改良していくことに致しました。籾殻燻炭は来年春の土作り時にまた混ぜようと思います。

 この日は、新兵器のバーナーで草木灰にしたうどん粉病に冒された葉も灰も結構な量になっていたので畑に混ぜ込んでおきました。草木灰はカリウム分を補充する肥料となりますので今後も溜まったら随時畑に混ぜていきたいと思いますわ。

バーナー購入 でございますわよ~

 7月21日 金曜日 本日昼休み時間中に関東にいる師匠に電話でナスやキュウリの葉が枯れている状態について相談してみました。

 師匠達は「実際に見てみないとはっきり言えないが、病気に罹っている可能性が高いので枯れた葉は摘除してうどん粉病に罹ったキュウリの葉と一緒に焼却処分、もしくはさっさと燃えるゴミに出して処分するように」とのことでした。ちなみに堆肥にしようと病気で枯れたの葉を混ぜ込んだり地中に埋めたりするのは素人がやりやすいもっとも愚かな行為なのでそうです。

 「へっ?私その愚かな行為というやつをずっと続けてましたけど・・・・」 

 うどん粉病に罹り切断したキュウリの葉はほぼ全てを自家製堆肥用のコンポストにつっこんでました。

自家製堆肥

 師匠曰く「病原菌の種や胞子は植物が枯れても地中で生き残り来年また猛威をふるう場合がある」のだそうです。

 コンポストにはかなりの枚数の病気で枯れた葉をつっこんでますし、その葉のほとんどがすでに分解され区別の付かない状態。「またまたikuちゃんやらかしてしまいましたわねっ💗」って感じでございます。

 堆肥作りは微生物が有機物を分解するときに発する熱で病原菌が死滅することもあるそうですが、この場合90度以上の温度が必要でネット上では簡単にできそうに説明させていますが、実際には一般家庭の環境では結構難しいのだそうです。
 自家製たい肥はかなりの量がたまってますし、今更これを燃えるゴミで処分っていうのも・・・・・です。まぁやっちまったのものはしょうがないと割り切って、今後は気をつけたいと思います。

 この日仕事終わりにホームセンターへ立ち寄り簡易バーナー(正式名称は「トーチバーナー」)を購入しました。使用目的はもちろん病気におかされた葉茎の焼却処分用です。病気に犯された茎葉も灰にしてしまえば肥料になるとのこと。

トーチバーナー

 この日はついでにスーパーにもたちよりカツオも購入しました。もちろん購入したてのバーナーで初めて炙った獲物はこのカツオでございますわよ~ウフフフフ御馳走様。

ケヤスデ でございますわよ~

 7月12日 水曜日 私の住んでいる北東北では珍しく連日30度越えの日が続くこの頃。私の頭を悩ませているのは農作業による肌の日焼け・・・・もそうですが堆肥ポットに湧いた黒い虫。

 はじめて見つけたのはおとといの月曜日なのですが、昨日、今日と連日大量に蓋の裏にへばりいてます。動きはかなりゆっくりでちいさい芋虫のようにも見えるのですが・・・・・いずれにせよ連日の暑さで潜んでいた刈草から出てきたようです。

自家製堆肥 
 とにかく不快感がすごいのでネットで調べてみると犯人はどうやら「けやすで」というヤスデの仲間みたいです。
 枯れ葉や土の腐敗物を食べて分解してくれるので畑にとっては益虫なのですが、蒸し暑い夏の日になると庭の壁に大量にへばりついたりするのでかなりの嫌われ者みたいです。
 私としては仲良く共存していきたいのですが、仮にこの方達がポットから抜け出し家の中に入ってきたら私を含めて家中かなりのパニックになります。かといって堆肥に殺虫剤を撒くわけにもいきませんし・・・・ケヤスデが大量に潜んでいるまだ分解しきってない刈草を庭に撒くのも新たな問題が発生しそうで怖いですし・・・・・・。

 とりあえずここ数日は蓋の裏を毎日チェックし場合によっては洗い流し、ポットの周辺には再度石灰を散布しておきました(半月ほど前に虫除けの目的で一度石灰を散布してます)。
 
 これで様子を見ようと思いますが場合によっては来年畑として耕す予定の場所に穴を掘って埋めてしまうのも一案かと思います。

 なおケヤスデさん達の存在は家族には内緒にしております。もし家族が堆肥ポットの蓋にへばりついている大量のケヤスデをみたら「こんなことやめてしまいなさい💢」と怒られてしまうと思いますの・・・・・堆肥ポットに湧いたケヤスデさん達の事は私とこのブログを見て下さった方々だけの秘め事でございます。