2017年第7回農作業 でございますわよ~

 6月24日 土曜日 本日は家庭菜園&ガーデニング第7回目の作業日です。天気予報では27度まで気温があがり、今年一番の暑さになるのだとか。

 今日は特に農作業はせず、庭の南側にある花菖蒲?のような植物を畑②の北側に移植しました。とにかく我が家の庭にはこの花菖蒲?のような植物があちらこちらにあるのでひとまとめにしたいのです。

 畑②の北側は外から目に付きやすいこともあり花壇にしようと以前から耕していたところです。駐車スペースに隣接しているので地面を耕しても小石が沢山でてきて大変だったのですが、1ヶ月ほど作業を続けなんとか目処がついてきました。僅か1m×40㎝ほどのスペースなのですが意外と苦労いたしましたし小さなスコップを1つおシャカにしてしまいました(決して私の馬鹿力が原因ではなく小石が多すぎたことが原因ですわ・・・多分)。

 ちなみに除去した小石の一部は鉢植えの底に敷く石として活用しました。鉢に植えるのはパセリ。1ヶ月以上も前に斜め向かいのKさんから頂いたものですが、ネット上の誤った情報を信じて育てたこともあってかなかなか成長しません。なので鉢に移植し丁寧に観察していこうと思ってます。

 野菜は順調に育っており、本日は葉大根を収穫。記念すべき私が一人前に育て上げた野菜第一号です。
 夕方早速湯がいてゴマ和えにしたのですが・・・・やはり美味しいでございますわね~柔らかいんですけどしゃりしゃりした歯ごたえがあり、ほんのりと甘味もありますわ。これは収穫したばかりの野菜の美味しさで多分スーパーで買った野菜では味わうことができないと思いますことよ💗。

 なお写真では結構な量に見えますが、湯がいて調理すると小皿一皿分程度にしかなりませんでした。

 これから私が育てた野菜がどんどん収穫できると思うので楽しみです・・・・っと言いたいところなのですが、何故か最近枝豆さん達の元気がありません。
 葉っぱに張りがないというか活力が無いというか・・・葉っぱにふれても精力を感じないんですよね。なんかティッシュペーパーに触れているような感じで、さらに一番北側の苗(北側とはいえ日当たりは一番良いところ)なんかは半分枯れかかってます。
 水は毎日ちゃんとあたえているのですが今のところ原因が分からず様子見の状態です。
 葉の食害が目立つのでナメクジが犯人かな~と思ったのですが、ここ数日は逮捕者はでていませんし、枯れかかっている苗の食害の跡はわずかなんですよね。
 枝豆って比較的栽培が簡単な部類の野菜だと思っていたのですが世の中上手くいかないことが多いですね。

 実は本日新事実が判明しました。私が農作業後にシャワーを浴びていると💗母が庭をチェックしたみたいで「ジャーマンアイリス移したの?あれ増えすぎて困ってたのよ」と言ってきました。
 ジャーマンアイリス??私が花菖蒲と思っていた植物はジャーマンアイリスという植物だったようです。
 正確な名前が分かれば正しい対処法も判明します。早速ネットで調べてみると花が咲き、葉が半分枯れかけてきた晩夏に宿根を掘り返すとよいのだそうです。すでに移植した奴らを夏に再び移植するのは不憫なので今年は見逃しますが、残りの奴は盆すぎを目処に掘り返して宿根をゲットしておこうと思います。
 宿根なら保存できるし、一箇所にまとめて植えてお花畑のようにもできますわね~。

注:後日談となりますがジャーマンアイリスの宿根は保存が難しく掘りあげたら早めに植えないといけないのだそうです。

2017年第6回目農作業 でございますわよ~ 

 6月17日 土曜日 本日早朝。畑を確認したらナメクジを発見。しかも畑①の枝豆の葉についていました。畑①でナメクジを現行犯逮捕したのは今回が初めてです。気温もだんだん上昇しナメクジが活動しやすい状態になってきているのでしょうね。

 今日は土曜日。毎週恒例の家庭菜園&ガーデニングの日です。ちなみに第6回目。
 また明日は町内の下水掃除があり、腰に負担のかかる作業が連続するので本日は軽めの作業にしておきたいと思います(少子高齢化の進む我が町内ではたとえ女性といえどもかり出されます)。

 本日の作業はまずはナメクジ対策。とりあえず畑①にも周囲に石灰を撒き、さらに畝には木酢液をかけておきます・・・・と、ここで気がついたのですが妙に小蠅が多いんですね。前回米ぬかを混ぜ込んだ時も小蠅が集まってきたのでが、あれから米ぬかは蒔いてないし有機肥料も蒔いてません。それに前回は米ぬかを蒔いた地面に集まっていたのですが、今回は葉についています。蠅自体は葉を食い荒らすようなことはないと思うのですが、あまり気分のよい状態ではありません。
 これは私の推測なのですが、お酢&渋抜き用アルコール&唐辛子の無農薬農薬に蠅が寄ってきているのではないでしょうか?材料は全部人間が食することができるものですしお酢には「アミノ酸配合」なんて記されていますし・・・今回使用分がなくなったら今度はお酢を抜きにして無農薬農薬を配合して蠅が寄ってくるかどうか試してみたいと思います。

 家庭菜園を始めて1ヶ月以上経過して振り返ってみると、同じ野菜でも成長にかなりばらつきがありますが、共通して言えるのはやはり購入した苗の方が成長は圧倒的に早いですね。今回は種まきの時期が遅すぎた点と温度を考慮していなかったという点は大きな反省要素ですが、来年はこの2点を考慮のうえ種まきをするかどうか計画を練りたいと思います。

 それともうひとつ成長が止まっているのがパセリ。誤った情報を掲載していたサイトを信じてしまい水を控えめにしたのが原因かまったく成長していません。他所の畑や庭ではなかば雑草かしたパセリが30㎝ほどまで伸びているのに私のパセリ(正確にはk婦人からいただいたもの)は未だに5㎝ほど。

雑草化したパセリ(他所のお庭の光景です)

 パセリについても勉強して来年はパセリをはじめとしたハーブ類を植えたハーブポットでも作ってみようかしらね~。

ハエが湧いてますわ~ でございますわよ~

 5月21日 日曜日。この日も天気は良かったのですが農作業は休みです。家庭菜園を思い立った当初は土日の2日間作業しようと思っていたのですが、6㎡前後の畑であれば1週間に2~3時間の作業時間もあれば十分であることが分かったこと。そして私の体力的に2日連続の農作業はきついことが判明したこと等が主な理由です。

 

 昨日Kさんから頂いたパセリと大葉。朝方確認すると大葉は案の定KO状態(無造作に引き抜かれた過去があります)。しかしパセリはなんとか元気になってくれたようです。

 植えた以上は我が子と同じように責任を持って育てたい(出産経験はありませんけど・・・・)。パセリは葉物野菜ですから竹酢液は控え、無農薬農薬を中心に使用していきたいと思います。

 そんなことを考えながらすぐお隣の畑②をみると・・・・・・なんとたくさんの小バエがブンブン飛んでいます。😱

 「昨日蒔いた牛糞が原因かしら?」と思ったのですがよく見てみると黄色い粉に群がっています。そうです「米ぬか」です。
 この日の気温は25度。ここ数日15度前後だったのですが昨日から一気に気温があがり蠅たちの活動も活発になったようです。蠅が集まっているのは米ぬかを多めに蒔いた畑②のみ、畑①は昨日竹酢液をまいたせいもあってか蠅の姿はありません。

 この日は特に対策や処置などはこうじなかったのですが、仮に蛆なんかが湧いたら一騒動です。気温が上がる夏に行う追肥は米ぬかの使用は控えた方がよさそうですわね。それと堆肥作りで刈草に米ぬかを混ぜ込んで山積みにしていますが、こちらも気温が下がる秋まで米糠の使用を控えようと思います。