絶不調のトマト でございますわよ~

 7月も中盤過ぎくらいになると、今年初めて挑戦したインゲン豆さんがほぼ毎日一つかみ分ほど収穫できるようになり、毎日我が家の食卓を賑わせてくれております。去年、一昨年と2年連続で失敗したナスさんも今年は絶好調でございます。

 そして絶好調のインゲンさん、ナスさんに対して絶不調なのがトマトさん。トマトさんは去年、一昨年とうんざりするくらい元気に育ってくれましたので、今年も問題ないでしょうと思い特に気にせずにいたのでございますが、よく観察してみると何やら調子がおかしいようでございます。 

 具体的に申し上げますと茎が全然太くならず、先端部分は枯れている所もあり、一部折れてしまった株もございます。実は少ないながらも実ってきてはおりますが、大きさは全然の状態でございます。窒素飢餓 トマト

 まぁ一言で申し上げれば生育不良の状態のようでして、基本的にはトマトには肥料は与えないで育ててきたのでございますが、今年は状況があまりに酷いので化成肥料をパラパラとまいたうえで薄めに希釈した液肥も施しておきました。

 さてトマトを植えている畝は去年耕して枝豆を植え、夏に大根の種を蒔きいずれもちゃんと収穫にこぎ着けております。大根収穫後は大根を抜き取った穴に籾殻を詰めて穴を埋め、翌年トマトの苗を植えた次第でございます。生育不良となる原因がよく分からなかったので、困った時のお師匠頼みで電話して聞いてみましたところ・・・・・・・なんと「窒素飢餓」の疑いが濃厚との事でございました。

 窒素飢餓とは土中に未分解の有機成分が沢山あると微生物の働きにより有機物質が分解されていくのでございますが、その過程で窒素が消費され野菜の三大栄養分の1つである窒素が不足して植物が生育不良となる現象なのだそうです。

 私 「窒素飢餓といわれましても身に覚えがございませんのですが・・・・・・」

 師匠 「大根抜いた穴に籾殻詰めたでしょ。その籾殻が完全に分解する前にトマトの苗を植えたから窒素飢餓おこしているじゃないかなぁ?」

私 「あ・・・・・・・・・・」

 実際「窒素飢餓」という状況になっているのかどうかは分かりませんが、可能性はかなり高いようでございます。大根を抜いた穴に籾殻を入れるのは近所の畑を見て「あら良いアイディアね」と真似したみたのものでございますが、まさかこのような事態になるとは思ってもみませんでした。

 まったく菜園道というのは奧が深いものでございますわね~。これからも精進して菜園道を極めていきたいと思いますわよ。オホホホホホ。

 

クサカゲロウとアブラムシ でございますわよ~

 家庭菜園3年目の7月。なかなか太陽が姿を見せてくれる日がないのでございますが、我が家の野菜達は一応順調に成長してきております。

 なかでも2年連続で失敗したナスは今年は絶好調の勢いで成長しております。そして例のごとくアブラムシさんも至る処でこの世の春を謳歌しております。

 一応自家製農薬夏バージョンを毎日吹きかけて、ひどい所は刷毛で拭き取っているのでございますがアブラムシの姿は一向にいなくなりません。おまけにトウモロコシの穂にもナスやオクラに発生しているアブラムシより一回り大きく黒っぽいアブラムシが大量発生しており、こちらはすでに手が付けられない状態でしたのでホースシャワーで水を吹きかけきれいさっぱりとおさらばしていただきました。少々グロテスクでしたので写真は撮ってないのでございますが、おそらくこちらで紹介しているムギクビレアブラムシで間違いないと思います。

 このように日々アブラムシさん達と戦い続けている私でございますが、最近は可愛らしい味方も姿を現すようになってきまして、先日自家製農薬をオクラに吹きかけたところ、いきなりボトっとクサカゲロウさんが葉の上に落ちてきました。クサカゲロウ

 そのクサカゲロウさんは一生懸命自分の顔を手足でこすっておりましたが、唐辛子焼酎の威力は私自身身をもって体験しておりますのでクサカゲロウさんには悪いことをしちゃったなぁ~と反省しているところでございます。他にもクサカゲロウさんの卵も見つけましたし、まだ模様の無い若々しいテントウムシさんも数匹見つけてしまいました。いずれもアブラムシさんが大好物の面々でございます。今年はキュウリやオクラをプランターで育てているせいか、アブラムシさんのお友達でテントウムシさんやクサカゲロウさん達に意地悪するアリさん達の姿がまばらなような気がいたします。この為テントウムシさんやクサカゲロウさん達が多く姿を見せるようになったのかもしれませんね。プランターって意外な活用法があるのでございますわね~。

クサカゲロウの卵
クサカゲロウの卵

 まぁこのように今年もアブラムシさんは発生しているのでございますが、直接的な被害は出ておりませんし、テントウムシさんやクサカゲロウさん達も応援に駆けつけてくれてますから、ここしばらくは自家製農薬の使用を少々控えてみようと思いますわ。

My農薬 夏バージョン でございますわよ~

 家庭菜園3年目も7月に入り気がつけばキュウリの実が成り、オクラも花を咲かせております。オクラ

 害虫さんの方も今年は毎週STゼンターリを散布しているせいか、あまり姿を見かけないように感じます。

 2年連続で失敗したナスも順調に育ってますし、今年はそれなりに収穫が楽しめるのではないでしょうか? そんなことを思いつつ一人庭でほくそ笑んでおりましたところ・・・・・・私見かけてしまいました。食用ホオズキの葉茎を一生懸命歩き回るアリさん達を。「アリさんいるところにアブラムシさんあり」。これはこの2年間家庭菜園に勤しんできた私の教訓でございます。

 すぐに食用ホオズキの葉の裏側をチェックしましたところ・・・・おりました。アブラムシさん達が。まだそれほど大発生はしておりませんが結構広い範囲で繁殖しております。

 ふだんならここですかさず自家製の無農薬農薬の出番なのでございますが、前回作った農薬は唐辛子焼酎+竹酢液を水で3倍ほどに薄めたものでございます。竹酢液にはタールが入っていますので収穫を控えた7月は使用を控え、代わりにアーリーセーフとお酢を加えたものを使用したいと考えております。

 ここで1つ問題なのが、去年アーリーセーフを使用したところナスで薬害が発生して一株枯れてしまった事です。アーリーセーフは薄い油膜で小さい虫さん達や病原菌を包み込み窒息死させるものですが、野菜によっては植物が呼吸を行う気孔も塞がれて薬害が発生してしまうのだそうです。

 去年薬害が発生したナスはまだ幼苗でしたが、今回はかなり立派に成長している状態でございます。大丈夫なような気もしますが万が一ということもありますので、本日キュウリ、ナス、オクラ、食用ホオズキの4種類の葉1枚にアーリーセーフを試験的にたっぷりと吹きかけてみました。

 数日経過して薬害が発生しなければこのまま使用しますし、発生するようであれば今年もアーリーセーフの使用は控えたいと思いますわ。

PS:後日談となりますが、今年はアーリーセーフによる薬害は確認されませんでした。ナスさんも十分に成長していれば問題なく使用できるようで、現在は躊躇無くシュコシュコアブラムシさん達に吹きかけております。

 

ニンニクの収穫 でございますわよ~

 6月27日木曜日。この日私はGWの代休を取得しお仕事をお休みさせていただきました。お仕事を休んで何をするかといいますと、それは「ニンニクの収穫」でございます。

 ほんの2~3年前まで野菜の収穫の為に仕事をお休みするなんて、考えられない事ございましたが人間変われば変わるものでございます。

 さてなんでこの日にわざわざ休んでまでニンニクを収穫したか?といいますと、まずニンニクの葉茎がさび病で大分傷んできていること、そして本日の午後から長雨の予報となっている事が理由でございます。

 お師匠様のお話ではニンニクは晴天が続き乾燥している時に行わないと品質が低下するのだそうです。さび病が進行中な昨今、早めに収穫したいところでございますが、週末の天気予報は雨。しかも数日間続く予報となっていましたので、今回お休みをいただき、雨が降る直前に収穫したというわけでございます。

 心配されたニンニクの出来でございますが去年に比べるとかなり大きく、心配したさび病の影響もあまり無かったようでございます。一応合格の範囲内かな~と思っておりますわ。ニンニク 収穫

 去年はニンニクの根をちゃんと除去しなかったのが原因か、収穫後すぐに痛みだしたニンニクもありましたので、今年は小さなナイフで丁寧に根を切断し網袋に入れて陰干ししておきました。

 ニンニクはまだ水分が多いうちはホイル焼きなどにしてホクホクと頂き、十分乾燥してからはオイル漬けなどにしてみようと思いますわよ。オホホホホホ。

ニンニクとさび病 でございますわよ~

 今年の畑で絶好調なのがニンニクさん。とにかく元気でございまして、よそ様の畑を見てみましてもプロである農家の方が育てているニンニクより私の育てているニンニクの方が断然草丈も高くしっかりしております・・・・・と一人ほくそ笑んでいたのでございますが、ふと気がつくと葉に何やら茶色の点々が・・・・。この点々は5月のGW明け辺りから見かけるようになったのでございますが、日に日に密度が濃くなっているような気がいたします。ニンニク さび病

 さっそく調べてみたのでございますがどうやら「さび病」というカビが原因の病気のようでございます。

 幸いな事に有機農法に使用可能な農薬「カリグリーン」で対処可能なようなので5月26日に散布し、以後毎週週末に散布していたのでございますが、一度発病してしまったものを完治させるのは中々難しいようで6月13日現在でさび病の進行が止まっているといった状態になっております。

 ニンニクの収穫まではあと半月ほど。それまで錆びずに頑張っていただきたいものでございます。

 「ニンニクさん。私も三十路に突入して若干錆びてきましたけどお互い頑張りましょうね」などとつぶやきながらカリグリーンを散布している私でございました。

 あと来年はさび病が発病する前のGW明けくらいから定期的にカリグリーンを散布して予防するようにしたいと思いますわ。これは日記に記録しておき来年に備えたいと思います。

コロマイト でございますわよ~

 先日インゲンに葉ダニとハモグリバエを見つけてから毎朝お野菜はチェックしているのでございますが、ハモグリバエは見かけなくなったものの、葉ダニは個体数は少ないですが、毎日数匹を見かけるようになりました。あと翅の生えたアブラムシさんもチラホラと姿を表すようになり、その都度自家製農薬を吹きかけているのでございますが、なかなか居なくなってくれません。必ず毎朝数匹は見かけます。

 葉ダニについて調べてみますと卵、幼虫、成虫といった各ステージで効果のある農薬は異なる上に農薬に対する耐性も付きやすく農家の皆さんにとってはかなり手強い相手なのだそうです。まぁ私の畑は規模が猫の額ほどでございますし農薬は使用するつもりはありませんので、しばらくは人力除去によるいたちごっこが続きそうでございますわね~と思っておりました。

 そんな時に偶然見つけたのがコロマイト乳剤。葉ダニとハモグリバエに効果があり天然由来成分ですから有機農法にも使用できる安全な農薬です。しかも葉ダニに対しては卵から成虫までの各ステージに効果があるのだとか。コロマイト乳剤

 「これだわ」早速購入して6月7日の金曜日の夕方に散布してみました。

 コロマイトは乳剤ですから展着剤は不要とのこと。また速効性なのでこの日は夜から雨の予報でしたが大丈夫だろうと判断しました。逆に炎天下や乾燥している時の使用はあまり好ましくないのだそうです。

 あと説明書には「ナスに薬害が発生する事がある」と記載されておりました。去年はアーリーセーフの薬害でナスを一株おシャカにしております。ナスは意外と薬害の発生しやすいお野菜なのかもしれませんね。コロマイトに対しては薬害が発生するか否かまだ分からないので葉っぱ1枚にだけ試験的に吹きかけておきました。

 さて必殺のコロマイト乳剤。葉ダニさんに効果があるのか後日のお楽しみでございます。

 後日談となりますがコロマイト乳剤を散布した後、ハモグリバエは完全に姿を消しました。葉ダニの方はまだ数匹姿を見せていましたが発生密度は一気に減り6月20日前後にはほとんど姿を見せなくなりました。もちろん毎朝唐辛子焼酎と刷毛を手に駆除していましたから、そちらの効果もあったとは思うのですが、コロマイト乳剤、確かに効き目はあったようでございますわよ。

 

 

ハモグリバエと葉ダニ でございますわよ~

 2019年の5月もそろそろ終わろうかという26日日曜日。

 ふとプランターに植えたインゲン豆を見てみると葉に白い筋が・・・・・・。ハモグリバエ

 ハモグリバエさんですね・・・・一昨年はカブの葉に発生したので良く覚えております。葉の裏側を見てみると白ごまのような幼虫が葉の内部に潜んでおりました。まだ個体数が少ない状態でしたので割り箸で1匹ずつ○して駆除いたしました。

 またお隣に植えてあるキュウリの苗を見てみると葉に赤い点々が・・・・・・。葉ダニ

 葉ダニさんですね・・・・・・・去年の秋にオクラに大発生したので良く覚えております。まだ個体数が少ない状態でしたので、今年初使用となる自家製農薬(唐辛子焼酎版)を吹きかけた上で塗装用の刷毛で葉の表面を掃きおさらばさせていただきました。

 さらに気になったので青紫蘇とナスをチェックしてみたところ翅を生やした小さい虫が何匹か潜んでおりました・・・・・・・.

  アブラムシさんですね・・・・・・・放っておけば大発生してしまうので、こちらも自家製農薬を吹きかけて退散させていただきました。

 もうすぐ6月ということもあり虫さん達も活発に動き出してきたようでございます。特にアブラムシさんには毎年悩まされておりますので、大発生してしまわないように日々のチェックは入念に行っていきたいと思いますわ。

 

2019年シロアリ騒動 でございますわよ~

 GWもすぎ、いよいよ田植えの季節となってまいりました。ちょうど田植えの時期に発生するのがシロアリさんでございます。

 斜め向かいのSさん宅からシロアリが飛び立つのを見つけたのは2017年の5月28日の事。Sさんにはシロアリが発生していることを教えたのでございますが、殺虫剤を吹き付けただけで根本的な対処をしてない為に2018年も再び発生。Sさん自身高齢ですし、いまさらお金をかけてシロアリ駆除をするつもりはないようでございます。まぁしょうがないですわね~。Sさんがシロアリを駆除しないのであれば今年もシロアリの羽アリは発生するでしょうし、私も自己防衛しなければいけません。その為一応前の週に家の基礎周りには石灰を蒔き、シロアリ駆除のスプレーも吹き付けておきました。

 さて去年、一昨年とシロアリが発生した時の気象条件は

 一昨年 5月28日午前中に発生。天気は晴れ 最高気温25度 風向き 西(強)

 去年 5月24日午前中に発生。天気は晴れ 最高気温23度 風向き 南西(強)

 そして本日2019年5月20日の天気予報は最高気温26度で天気は晴れ。南の風強しとなっております。例年に比べ若干日付が早いもののシロアリが発生する条件に合致しております。そして私ikuはGWの代休で本日お休み。

 午前10時をすぎてもシロアリらしきものは確認できなかったので一安心しておりましたところ(去年、一昨年のシロアリのピークは10時頃で12時過ぎには収まっております)、11時頃に雀さんたちが慌ただしくSさん宅の方に飛んで行きピーピー騒ぎはじめました。

 「もしや?」と思い庭に出て確認してみると雀さん数羽がシロアリが羽ばたくSさん宅の壁に張り付きシロアリを補食しているようです。Sさん宅の周りには順番待ちしているのか他にも数羽の雀が待機しております。一昨年は飛び立つ羽アリで真っ黒になっていたSさん宅の壁は今年はキレイそのもの、そして一昨年は我が家の庭にふわふわ舞っていた無数の羽アリは今回はほとんど確認できず。

「雀さんナイス!」

去年に引き続き今年も雀さん達がキレイにシロアリさん達を食べ尽くしてくれております。※一応よそ様のお家での出来事ですから写真はありません。

 人の姿をみると雀さん達は逃げていってしまうので私は自宅で待機。シロアリの発生は12時半頃まで続いていましたが、午後にはいってピタリととまり雀さん達の姿も見えなくなったので、念のため家の基礎にシロアリ用の殺虫スプレーをしておきました。

 それにしても雀さん達は去年の出来事をちゃんと覚えているのでしょうか?去年に引き続き良い仕事をしてくれました。感謝でございますわ。ご褒美に私自らが育てて収穫したお米を庭に蒔いておきました。

雪の下(寒締め野菜) でございますわよ~

 皆さんは「雪の下」というお野菜をご存じでしょうか?

 雪の下というのは野菜の固有名詞ではなくて、お野菜を収穫せずに冬に雪の下で熟成させたもの。雪に埋もれたお野菜は寒さに耐える為に糖度を増しとても甘いお野菜が収穫できるのだそうで、寒締め野菜とも言うそうです。

 お野菜は何でもよいというわけではなく、当然の事ながら冬の寒さに耐える事のできるお野菜でなくてはなりません。私の住んでいる地方ではニンジンやほうれん草等が有名でございます。

 そんな訳で私今年の冬は雪の下お野菜にチャレンジしてみましたの~。

 チャレンジしたといってもやることは簡単で、秋に収穫せずそのまま放置して冬に収穫するだけ。チャレンジしたお野菜はニンジン、ほうれん草、カブの3種類。寒締め野菜

 んでもって結果は?といいますと・・・・・・・・

 まずはニンジン。 ニンジンは秋に試し掘りしてみたところ根が裂けている株があったので秋にすべて収穫し美味しく頂きました。したがって寒締めニンジンは無しでございました。

 

 お次はカブ。カブは浅く植えすぎたせいで秋口になるとカブがかなり浮き上がった状態となってしまいました。そのまま放置しておいたところ、冬になると霜の影響で更に浮き上がってしまい、なかにはカブが転がり出してしまったものもございました(根は一応地面に刺さっている状態です)。カブ 冬 収穫 しかし枯れたり腐ってしまったものは1つも無かったので、2月頭に収穫。ブリと一緒に煮付けにしてみたのでございますが、普通にカブのお味が致しました。寒さのせいか表面部分は固い所があったものの茹でるとすぐに柔らかくなり美味しく頂きました。冬の間の常備野菜として育ててみるのも良いかもしれませんね。

 最後はほうれん草。ほうれん草は順調に生長していたのでございますが、地面が凍っているせいでなかなか収穫できずにおりました(ほうれん草は根元部分から収穫しないといけないため)。2月の後半に暖かい日が続き、スコップが地面に入るようになったので半分ほど収穫。寒締め ほうれん草

 収穫して驚いたのが葉がパリパリであること。スーパーで売っているほうれん草はしなやかでビニール袋に入れることもできますが、我が家で収穫したほうれん草は無理にビニール袋に入れようとするとパリンと葉や茎が割れてしまいます。さらに驚いたのが葉の裏側に1匹のナメクジさんが引っ付いていたこと。真冬のナメクジ 今年の冬は氷点下10度近くまで気温が下がった日もあったのでございますが、地面すれすれの葉の裏に潜み寒さをしのいでいたのでございますわね。逞しいものでございます。

 そして肝心要のお味はといいますと・・・・・・・軽く茹でて食べてみたところ若干の歯ごたえがあり、ほんのりとした旨味のような味もついており、お醤油無しでそのまま食べる事ができました。はっきり言って美味しゅうございました。高級料亭のお味でございます。ほうれん草はまだ半分畑に残っているので再び暖かくなり地面にスコップが入るようになったら収穫したいと思いますわ。

 さて今年初めて挑戦した雪の下野菜。はっきり言って雪が積もってる間は収穫できませんし、雪が融けても地面が凍っていればこれまた収穫できないわけで、お味は良かったのでございますが、来年もチャレンジするかどうかは今のところ微妙~でございますわね~。オホホホホ。

ネキリムシ対策 でございますわよ~

 去年はネキリムシの被害で散々な目にあったタマネギさん。今年は去年の轍は踏むまいとタマネギの苗を植えた後は毎週「STゼンターリ」を散布し、根元には1週間ほど石灰液に漬け込んだ籾殻を蒔いておりました。これらの効果があったのか今年は10月頭にタマネギの苗を植えてから11月に入るまでネキリムシさんの被害は皆無でございました(正確にはネキリムシさんに囓られたような食害跡は見つけましたがタマネギの生育には支障をきたしませんでした)。

 と・こ・ろ・が 11月に入って見つけてしましました。どっからどう見てもネキリムシさんの仕業にしか見えない食害跡を。タマネギさんは根元から切断され横たわっております。万が一に備えタマネギの苗はまだあるのでございますが、先ず犯人を逮捕しないと被害が拡大してしまいます。そんなわけで早速倒伏したタマネギの根元を割り箸でホジホジしようと籾殻を取り除いてみると・・・・・・いきなり出てきました。ネキリムシさんです。去年は土の中に隠れていたのでなかなか見つけれなかったのでございますが、今回は籾殻の中に潜んでおりました。そして心なしかグッタリしているようにも見えます。割り箸で摘まんでみてもダラーンとしており文字通り「虫の息」でございます。ネキリムシ タマネギ

 STゼンターリが効いたのか、籾殻が邪魔して土の中に潜れず疲れ果ててしまったのか、はたまた石灰に浸けた籾殻が効いたのか?要因はよく分かりませんが、今年はネキリムシさんを封じ込める事に成功したようでございます。「STゼンターリ&石灰に浸けた籾殻」作戦は来年も実行してみたいと思いますわ。オホホホホ。