2018年シロアリ騒動 でございますわよ~

 2018年5月23日 水曜日。

 この日は平日でございますから私も当然の事ながら昼間はお仕事でございます。ちなみにお仕事は少々お堅いお仕事をさせていただいておりますが、自分は気に入っているので皆さん詮索はしないで下さいませ。

 さて家に戻ると母が血相を変えて「iku。今日Sさんのとこでまたシロアリがでたの」と言ってきました。

 そうです去年シロアリが発生したSさん宅で今年も再びシロアリが発生したのです。

 去年のシロアリ騒動時、Sさんは市販の殺虫剤をスプレーしてシロアリは退治できたと思い放っておいたようなのです。もっとも自宅の西側がシロアリの巣となっている事を去年から知っていた私は先週20日の日曜日にシロアリ防止のスプレーを家の基礎周りに施してはいたのですが、やはりシロアリが出たと聞くとゾッとします。スプレーも100%ではありませんからね。

 ただ母の話を聞くと去年とは少々様子が違っていたようで、Sさんのシロアリは1階台所の換気扇周辺の隙間から羽アリが湧き、去年は軒下の白い壁が真っ黒になっていたのですが、今年は数羽の雀がSさん宅の壁に張り付き、隙間から出てくる羽アリを驚喜しながら片っ端から食べていたそうで、壁はキレイな状態。さらに周囲では無数の雀が順番待ち?しながら空中に舞っている羽アリ(シロアリ)を食べていたそうで、去年のように空中にブワァ~と羽アリが舞っている状態ではなかったそうです。そして正午頃には雀さんの姿もシロアリの姿も見えなくなったとのこと。

 母は私から「去年の今頃Sさん宅でシロアリが湧いていたから、気をつけて」と言われていたので気がついたそうですが、私から言われてなかったら気がつかなかったと言っておりました。

 安心はできませんが、雀さん達のおかげで去年のようなおぞましい状況とはならなかったようでございます。

 羽アリが湧いた以上安心はできませんが「でかした雀さんたち!」って感じですね。さてこの雀さん達。私には覚えがございまして、私が家庭菜園や庭いじりを始めるようになった去年から庭や畑に集団で訪れるようになった一団だと思います。私が土を耕したり草むしりをした日などは夕方まで庭に滞在して地面をつついていますし、去年の秋は肥料用に蒔いた米糠を数日かけてほとんど食べ尽くしてくれたこともございますし、私の愛車に粗相をしてくれることもしばしばでございます。ブログでは紹介してなかったと思いますが、色々とご縁のある方々なんでございますの。

 今回はシロアリさん達を退治してくれたとの事でございますから明日にでもご褒美として米糠でも庭に蒔いておくことといたしますわ。 

 さて今回のシロアリ騒動。去年の記録と比較してみると以下のとおり。

 去年は5月28日午前中に発生。天気は晴れ 最高気温25度 風向き 西(強)

 今年は5月24日午前中に発生。天気は晴れ 最高気温23度 風向き 南西(強)

 シロアリは5月20日すぎで気温が20度以上、強めの西風が吹いた日の午前中は要注意でござますわね。また1つ賢くなり、そして成長したような気がするikuでございました。

シロアリ PERTⅡ でございますわよ~

 8月20日 日曜日 本日は特に農作業をする予定はなかったのですが、午後に思わず鼻息が荒くなるような事件が発生しました。

 今年の5月から、シルバー人材センターの皆さんがめった切りにして枯らしてくれた庭木を引き抜き、ノコギリで10㎝間隔に切断し燃えるゴミに出すという作業を続けています。残る枯木は一本と三分の一ほどなのですがここ1ヶ月ほどは長雨の為に作業を中断していました。ちなみに枯木は5月から庭の邪魔にならないところに放置状態です。

古木

 湿気が高いせいか枯木の表面(地面側)は真っ白いカビのようなものに覆われており、天気が回復したら真っ先に処分しなくてはならないと思っていたのでございますが・・・・・・・・・。

 本日何気なく枯木をいじってみたところ・・・・・腐りかけた木の幹から白いアリが・・・・。間違いなくシロアリさんです。

 今年の5月に斜め向かいのSさん宅にシロアリが発生したのは記憶に新しいところ。おそらくSさん宅のシロアリが飛来して営巣したのでしょう。後で知ったことですがSさん宅のお隣で私からみてもお隣さんでもあるIさんのお宅でも3年ほど前にシロアリが発生して薬を撒いたそうです。

 どうやら私の周辺はシロアリさん達の巣窟となっているようです。

 話は戻して庭に放置してある枯木の対応。木が立ち枯れ状態だった時は普通のアリが根から進入して木の内部に巣を作っていたようなのですが、

アリが巣を作った木

 私が木を引っこ抜いてから入れ替わりでシロアリが取り付いたのでしょう。半分腐りかけた木の皮をめくってみると今度はナメクジが数匹潜んでいました。シロアリの他にナメクジも住み着いているようです。どちらもガーデニングや家庭菜園の大敵、早速ハンマーの尖った方で枯木を叩き腐って脆くなった幹や皮を落としバーナーで焼却。枯木の方もバーナーで炙り表面は焼きましたが内部に潜んでいそうなので念のためヤカンにお湯を沸かし熱湯をかけておきました。
 1時間ほど放置し温度も下がったところを見計らいノコギリで全て切断。市指定のゴミ袋に入れ入念に結んでおきました。シロアリや長雨の影響で大分腐っていたのか今回は簡単に切断することができました。

シロアリ 古木

 こんなわけで私の日曜の午後は鼻息を荒くしながらシロアリ対応に追われることとなったのですが、やはり枯木やむしり取った雑草など不要なものを庭に放置しておくのは気をつけた方がよいですね、思いがけないトラブルに見舞われることがあります。
 今回はよい教訓になりましたわ。ウフフフフ。

シロアリ でございますわよ~

 5月28日 日曜日 今日は風がかなり強くなる天気予報でしたが、朝方はさほどでもなく、風が強くなる前にとりあえず昨日植えたナスの苗に支柱を立て紐で結んでおきました。
 それと気温が25度以上になる予報なので害虫対策として竹酢液+お酢+唐辛子の虫除け液を野菜に散布しておこうと思ってます。

木酢液とお酢と唐辛子

 午前中 所用を済ませたうえで再び畑へ。風は強いながらも思った程ではなく問題なく作業ができる程度の風です。気温が上がってきたせいか無数の羽虫が宙を舞っています。春らしい穏やかな光景でございます。😊

 とはいえ昨日植えたばかりの苗達はまだ根が張ってない状態なので、風にふかれ振り子のようにゆれています。「これはいけませんわ~」と根元部分に土を寄せ手で締め固めます。その時ふと目に付いた地面にいる一匹の羽虫。なんか羽の長い特徴的な姿をしています。
「これ・・・・シロアリじゃなくって・・・?」
 実は私昔シロアリを間近で見たことがありその姿も恐ろしさも知っています。
「ひょっとしてさっきから宙に舞っている羽虫ってシロアリ???」
一匹捕まえて姿を確認すると間違いなくシロアリ・・・・。
「いや~ん!発生源はどこでございますの~???🙀」真っ先に疑ったのが私が2週間ほど前から加工している庭の枯木。15㎝間隔に切断し庭のモニュメントにしようと思って竹酢液を塗って畑に放置してます。伐採時はたしかにアリが巣を作ってましたがそれは普通のアリでシロアリではなかったはず。枯木を手にとって確認しますが羽アリの姿は確認できず。

シロアリ ガーデニング

 よく見ると羽アリは風に乗って西の方から舞ってきているようです。我が家から見て南西側にある斜め向かいのSさん宅を見ると・・・・・台所付近の壁が真っ黒に・・・・しかもなにやら蠢いています・・・・・・💀。

 「Sさんでございましたわ・・・・😱」。早速斜め向かいにあるSさんのお宅に行き「シロアリが湧いてますよ」と教えるとご主人さんもビックリした様子。しかし現状を目の当たりにすると事の重大さに気がつき「業者を呼んで対応する」といってました。

 今回のシロアリ騒動。風向きや強さの加減でほとんどの羽アリが我が家の方に飛んできていました。そのことを考えると少々不安になり畑仕事は中断し速攻でホームセンターに行きシロアリ駆除のスプレー剤を購入。そして家の基礎と壁の境目を中心に吹きかけました。
 そんな作業をしていると今度は西隣に住んでいるIさん(Sさんとはお隣同士になります)が玄関から出てきて「アリですか?」と訪ねてきます。Sさんは壁に湧いている羽アリの群れに一生懸命殺虫剤を吹きかけている真っ最中。私は小声で「Sさんのところでシロアリが出たんでの~。ですから念のために我が家でもシロアリ駆除の薬をまいているんですわ~」というとIは「うちもシロアリでましたよ。三年くらい前ですけど。」
 
「はい??😐」

 どうやら我が家の西側はシロアリ多発地帯になっていたようです。
こんな状況では「枯木を加工してモニュメント」なんでところではありません。枯木=シロアリの大好物ですからね。

 そんなわけで先々週から加工している枯木はすべて燃えるゴミに出すことにしました。あとまだ庭にある枯れ木も早めに全部引き抜いて処分することにしたいと思います。

 「もう~一体なんなんでございますの~。大変なことになってきましたわ~」