2018年度 種まき でございますわよ~

 2018年6月1日 金曜日。

 家庭菜園2年目の6月初日でございます。

 本ブログでは報告してませんでしたが、先週の20日 日曜日はポットにだだちゃ豆(茶豆)とナスの種を蒔きました。去年のだだちゃ豆は発芽率が50%ほどで、発芽した豆もほとんがカビに犯され結局収穫までこぎ着けたのは一株のみという燦々たる結果に終わっています。ナスも去年はなかなか発芽せず、やっと芽を出したのが6月中旬。その後畑に植えましたが結局夏までに十分に成長することができず収穫はゼロでございました。

 畑③のスペースが使用出来ない現状では栽培する野菜の種類も限られています。そこで今年はあえて去年失敗しただだちゃ豆とナスを育てる事といたしました。

 種は去年の余ったものを冷蔵庫で保管していましたから、それを使用しました。そして去年失敗した原因は温度にあるとにらんだ私は、今年は育苗箱の下に電熱マットを敷いて保温することといたしました。

 んでもって結果は?といいますと、まずはだだちゃ豆は種を蒔いて3日後には発芽いたしました。発芽率は85%ほど。発芽した豆 冷蔵庫に保管しておけば1年たった種でもちゃんと発芽するのでございますわね~。少々感動致しました。そして発芽が早かった為か、カビに犯されている部分はごく僅か。成長を阻害するほどひどい被害を受けている株は皆無でございました。去年は温度が低かったのでなかなか発芽せず、やっと発芽したと思ったらほとんどがカビに侵され全滅状態だったのですが今年は完璧でございました。その後1ポット2株となるように間引き今は畑に植えるタイミングを見計らっている状況でございます。

 去年は双葉部分をナメクジに食べられて枯れてしまった株があったので、今年は双葉が萎れた状態まで成長したら畑に植えようと思っております。

 お次はナス。

 大成功のだだちゃ豆とは異なりナスはなかなか発芽いたしません。去年と同じような状況でございます。1年間冷蔵庫にしまっておいたのも理由の1つだと思いますが、6月時点で発芽してないということは、今後発芽しても多分夏までに収穫できるほど成長するのは難しいと思います。畑に植える事ができる株数も限られていますので、来年はナスは種ではなく苗を購入して育てようと思いますわ。

 お次は自然薯。

 自然薯もエンジンがかかったようにムクムクと元気に育っておりますが、ムカゴから育てた自然薯の背丈が数センチなのに対して15年ほど前から庭に植えてある自然薯はすでに30㎝ほど伸びております。自然薯 15年物は地中部分の芋から栄養をもらっているから生長が早いのでしょうね~。相当立派な自然薯でできあがっているのは間違いないと思うのですが、堀上げるのは多分不可能なので、こちらはムカゴ製造用として使用していきたいと思いますわ。

 以上。2018年度 種まきの結果報告でございました。

 今回の経験と反省を踏まえ来年種から育てるのは米、生姜、枝豆そしてネギの4種類にしてあとは苗を購入するようにいたしたいと思いますわ。あと6月に入り気温が上昇してからも夜の保温は怠けずに行いたいと思います。

第22回農作業 でございますわよ~

 10月8日 日曜日 本日はスッキリとまではいきませんが穏やかな日よりで農作業にはうってつけの日。

そんなわけで2017年度第22回目の農作業開始です。

 作業は昼から開始したのですが初っぱなからナスの実に大きな穴が空いているのを発見。しかもかなり深くえぐられています。いきなり出鼻をくじかれてしまった私・・・・・。先日ヨトウムシを逮捕したばかりですが、まだ他にも犯人は潜んでいるようです。被害にあった株の実はこれが最後だったので今年の収穫はあきらめ、株を引き抜き土を入念に掘り返し犯人捜ししてみましたが結局犯人は見つからず。お隣の畝のナスはまた新たに小さな実を付けましたので、これ以上被害が広がらないようにスーパーでもらったビニール袋を付けておきました。

PS:後で知ったのですがナスに袋がけをしてしまうと生育障害となるのであまり推奨されないのだそうです。

 今年の春に見事な花を咲かせてくれた芍薬ですが、お盆以降「灰色カビ病」と思われる病気が蔓延しほとんどの葉が黒く変色しています。黒くなってしまった葉や茎は切断し焼却して草木灰にし、残った葉にも定期的にカリグリーンを散布していますが改善せず。もう秋ですし場合によっては地上部分を切断してしまうのも一案かな~と思ってます。芍薬 病気

 ニンニクは植え付けてからちょうど一週間たちましたが半分ほどの種から芽が見えてきました。理由は分かりませんが、ちょうどきれいに畝の片方だけ芽を出して反対側は芽が出ず。ただ割り箸でほじくってみると芽が伸びてきていたので、残りの反対側ももうすぐ芽を出すと思います。ニンニク 発芽しない

 3日程前に稲わらをゲットしにドライブしたさい、道中ニンニクを植え付けている農家の皆さんを数多く見かけましたが、その全てでポリマルチをしていました。寒さに強いニンニクとはいえポリマルチをした方が生育はよいのでしょう。私の畑の場合、すでにニンニクを植えてしまった後で今更ポリマルチは無理だと思いますが、霜が降りてくる前に稲わらでマルチングでもしてみようかしらと思ってます。

 アサツキは順調に育っています。こんなに元気なら今年はあと1~2回収穫してもよかったと思いますが、葉が伸びきってしまったので今年は放置。来年収穫して球根が増えたら畑の境界沿いに植えてみようと思ってます。

 来年境界沿いに植えようと思っているはもう一つあります。

 それはニラ。私の庭の駐車場にニラの株があるのですが、このニラが種を付けてくれました。前から言ってあるとおり我が家の庭では10年以上野菜など育てたことがなくほったらかしの状態でしたので、大昔に植えたニラが世代交代を繰り返し生き延びてきたのでしょう。しかも駐車場ですから砂利が敷いてありますし、車や私に踏みつけられることもあったでしょう(まぁ私そんなに体重はございませんけど🙄)。そんな困難を乗り越え現在まで生き延びたニラさんに敬意を表し採取した種でニラを育ててみようと思っているのです。

 米栽培に引き続きニラと来年の家庭菜園が楽しみでございますわ~。

  けどそろそろ来年の菜園計画も立案しないといけませんわね。

秋ナス争奪戦-4 でございますわよ~

 10月6日 金曜日 休みだった昨日は丸一日稲わらゲットに時間を費やしゆっくりと休むことができませんでしたが、今日一日仕事をすれば明日はまたお休みです。頑張りましょう!

 そんなことを考えながら早朝パトロールをする私。日の出の時間もだんだん遅くなり、作業時間は15分ほどしかありませんが、初夏の頃に比べるとすることも少なく今はナスや大根に被害を加える犯人捜しが主なお仕事です。

 大根は先日「ネキリムシ」と「コガネムシの幼虫」という大物2匹を逮捕してから被害は見られなくなりました。しかし被害自体は甚大でいまや葉が1枚しかない株もあります。逆に夏の雹と台風で今にも枯れそうだった株が元気を取り戻し勢い良く葉を茂らせています。

 一方でナスは・・・・・本日も実を囓られていました。これで3つあった実全てが囓られてしまった訳です。

 そして腹の虫が収まらない私・・・・いつものごとく葉の裏側をチェックしさらに地面を割り箸でホジホジしていると・・・・・ゴロンと出てきました。ヨトウムシです。幸せそうに丸々と太っています。ヨトウムシ

 個体の大きさから推測するにかなり以前からここに住み着いているはず。そして周辺の葉には目立った食害は見られず、ナスの実だけが大きな被害にあっている。

 「貴方だったのねぇ~犯人は。そしてナメクジさん・・・今まで疑ってごめんなさいね」

 すでにほとんどのナスの実を食べられてしまった現在、手遅れとは思いますがやっと犯人を捕まえることができました。

 実はまだ小さい実がひとつ成っているのを見つけたのですが、私が住む地域に霜が降りてくるのは大体今月末。後2週間でこの小さいナスの実が成熟するかどうか微妙な所ですが、今度の農作業の日にはナスの実に食害対策の為に袋でもをかぶせてみようかと思っています。

PS:後日談となりますがナスに袋がけをしてしまうと生育障害となるのであまり推奨されないのだそうです。

秋ナス争奪戦-3 & 稲わら争奪戦

 2017年 10月4日 水曜日。 本日は中秋の名月。そして今朝新たに傷物にされたナスの実を発見。ナス 食害 これで残る無傷のナスの実は1つと相成りました。

 犯人は未だに見つかっていません。私の予想なのですが、犯人は多分単独犯でかなり大きな個体じゃないかしら?と思ってます。

 理由としては食害の跡が合計で2つしかないこと。そして一晩で直径1センチ以上もの穴を開けてしまうこと。本日被害が発覚したナスの実は月曜日は無傷でした。犯人は一晩でこんな大きな穴を開けてくれやがった・・・・・じゃなくって開けてしまったのでございます。

 念のため一昨日に引き続き地面を割り箸でホジホジし捜索してみましたが犯人は見つからず・・・・打つ手無しの状態です。しかし猫の額ほどの小さな畑ですら満足に害虫対策ができないのに、無農薬で野菜を栽培している農家の方は凄いなぁと最近思うようになりました。

 農業のプロと呼ばれる方々が農薬の使用を強く勧めるのも理解できます。

 さてこの日は中秋の名月ということで仕事を終えてから散歩に出かけたのですが、あいにく霧雨が降り出し途中で帰宅。何気なくテレビをつけてみると

 「○○市ではわら焼きの被害をなくす為に、余った稲わらを一般の方に無料で提供し家庭菜園などに役立ててもらう活動に取り組んでます。本日もボランティアの方々が田んぼに集まり稲わらを束ね汗を流してました

 というニュースが・・・・・・。

 稲わらがただ💫。なんと心地よい響きでございましょうか🎶。私は今年農作業を始めるにあたって稲わらを手に入れようとしましたが、一束300円前後もする為、購入を諦め、代わりに近所の空き地に生えている茅を切り取ってきた経緯があります。切り取ったカヤ

 結論として茅は笹のように固いので、敷き藁のように使用するのは少々難しく家庭菜園には不向きと個人的には感じました。もし稲わらがただで手に入るなら願ってもないお話でございます。

 ちなみに私が住む街から○○市までは片道100kmほど。愛車の燃費がリッター16km前後でガソリン価格が税込みで130円とすると費用は往復で200km÷16×130円で1625円。

 稲わらは1束300円ですから6束で元がとれる計算でございます。

 奇遇なことに明日はお盆の代休で私は休み。さらに散歩の途中で雨が降るというアクシデントがなければおそらくこのことは知らないでいたことでしょう。

 野菜の神様が私に微笑んでくれたような気がします。さぁ明日は○○市へ男・・・・じゃなくって稲わらゲットの旅に出かけますわよ~。ついでに縁結びの神様も私に微笑んでくれないかしら~。

秋ナス争奪戦-2 でございますわよ~

 2017年 10月3日 火曜日 大切な秋ナスの実を傷物にされてしまい怒り心頭の私。

 犯人を特定しないと対策も立てにくいのでとりあえず関東にいる師匠達へ連絡してみたところ、返ってきた返事が「電話ではよく分からないが、多分タバコガかヨトウムシかナメクジあたりだろう」とのこと。

「イヤイヤ犯人の候補が多すぎますわよ師匠!皆様方は農業のプロなんでございましょ!」とつっこみを入れたくなりますが、師匠達は、被害の実物を見た訳ではありませんし、スマホはおろか携帯電話も少々苦手という面々。そんな環境で食害被害の犯人を特定して下さいという方が無茶なのかもしれませんわね。大切な秋ナスを傷物にされたことでikuちゃん少々短気になってしまってるようですわ。オホホホホホ。秋ナス 食害

 さて整理してみますと、被害の特徴としては葉には食害はなし。実の穴はほぼ円形で直径は2センチ弱。穴の奧はきれいで糞や犯人の姿は確認できず。私個人的には夏以降成長著しいナメクジさんが怪しいな~と思っているのですが、この日はSTゼンターリをナスの実に吹きかけ、ナスの根元にはナメクジが嫌がるとされる唐辛子酢をたっぷり吹きかけ、周囲にはナメトールをばらまいておきました。

 秋ナス・・・現時点で成っている実は3つ。内一つは傷物にされ満足な実は2つ。虎の子のナスを守る為に今週末に袋がけでもしてみようかしら?なんて考えたikuちゃんでございました。

秋ナス争奪戦-1 でございますわよ~

 10月2日 月曜日 2017年もとうとう10月に入り、1年の3/4を過ごした事になります。私の住む地域では10月も下旬になると初霜が降りるので農作業の残された時間も3週間ほどとなります。

 収穫を控えているのは大根、秋ナス、万能ネギといった方々でございますが、今月末までに収穫できるか皆さん微妙なところです。

 そんな事を考えながら恒例の早朝パトロールをしていると・・・・なんとナスの実に穴が空いてます。秋ナス 食害 穴の奧をチェックしましたが犯人は見つからず。ナスの根元を割り箸で捜索してみましたがそれでも犯人は見つからず。一昨日の農作業時には気がつきませんでしたから、多分昨日から今朝にかけての犯行だと思います。

 秋も深まり時期的にナスが新たな実をつけるのは難しいなか、貴重なナスの実を傷物にしてくれた方は誰でございますの~💢

 まだ薄暗い早朝、一人庭の片隅で鼻息を荒くする私でございました。

秋 でございますわよ~

 9月29日 金曜日 9月最後の金曜日。昨日は昼前から雨が降り夕方にはあがりましたが、夜は大変冷え込みました。一雨ごとに寒くなっている感じがいたします。今朝の気温ははじめて10度を下回り賑やかだった虫たちの音色も昨晩は聞かれませんでした。お盆以降、庭に配しているコンクリートブロックや石をひっくり返すと必ずといってよいほどコオロギが飛び出してきたのですが、今朝は一匹しか見つけることができませんでした。

 はい。もう秋でございます。あと一ヶ月もすれは初霜が降り、今年度の農作業も晴れてお終いとなる予定です。

 さて私の畑で残っている農作業はニンニクとタマネギの植え付けですが、ポットに植えたタマネギの苗はホームセンターで販売されているものと比べるとなぜか勢いがなくまだ畑に植えれる状態ではないような気がします。

 明日は土曜日で農作業の日ですが、ニンニクの植え付けだけを行いたいと思います。ニンニク 種芋

 また現在収穫をひかえている野菜、もしくはまだ畑に植えている野菜は大根、アサツキ、ナス、万能ネギ、バジル、ツルムラサキ、大葉、パセリ等があります。

 バジルは一時期葉が腐るように枯れていく現象にみまわれましたが夏以降は収まり、時折新芽を頂戴して料理に使っていますし、2~3日前には花を咲かせてくれました。うまく種が採れればいいなぁと思ってます。

 大葉、パセリ、ツルムラサキも少量ではございますが食卓の食材として使用してきました。パセリ とはいえツルムラサキは市販の物と比べると葉が小さく結局この現象は解決しませんでした。現在は花芽が出ていますので種を採取してまた来年チャレンジしてみようと思います。

 夏に植えたアサツキはすでに2回ほど収穫し、味を楽しみましたから後は自由に葉を伸ばしてもらって冬に向けて栄養を蓄えてもらおうと思ってます。

 大根、秋ナスは初霜が降りるまでの残り約1ヶ月で収穫できるかどうかですね。ナスは初夏の頃に比べ日光を遮っていたトマトが無くなったので心なしか勢いが出てきたように感じます。大根はこの1ヶ月の間いろいろありましたから正直微妙でございますね~。

 そして気になるのが万能ネギ。キュウリの後に植えたのが8月末ですぐに発芽し順調かと思われたのですが、なぜか芽が伸びず芝のような状態で成長が止まっているような感じです。あと1ヶ月で収穫できるかこちらも疑問でございます。

 最後に書き忘れましたがフルーツトマトは今週前半に最後の実を収穫して伐採しました。台風以降目に見えて収穫量が減少してきましたし、うどんこ病と思われる葉が白くなる現象もみられたので・・・・。

 ただトマトは個人的には100点満点でした。「剪定」という作業を知らず葉茎が伸び放題となってしまったり、最初の頃は実が成らずやきもきしましたが、8月に入ってから毎日収獲できるようになり病害虫も発生せず楽しませてくれました。来年は普通のトマトも育ててみようと思います。

 以上私の家庭菜園秋の中間報告でございました。

ダイコン発芽 でございますわよ~




 9月6日 水曜日 大根の種を植えて4日目。本日大根の発芽を確認しました。早朝の見回り時には気がつかなかったのですが、仕事を終え何気なく畑を見てみると見事に芽を出しておりました。発芽したダイコン
 あさつきも順調に伸びていますが、一箇所だけ芽を出してない所があります。球根は2個ずつ植えたのですが、2個とも発芽しなかったようです。原因は分かりませんが、プランターに植えておいた余った球根の方は元気に芽が伸びていますので、こちらを畑に移しておこうと思います。
 ナスは一時期生長が止まっていたのですが、最近になってどんどん新芽を増やしてきています。これが噂に聞く「秋なす」への準備なのでございましょうか?楽しみです。
 フルーツトマトは相変わらず元気です。肥料も水も与えてないのですが(肥料は7月中旬に少量化成肥料をまいてます)毎日5~6個の収穫があります。値段に換算すると毎日100円相当分の量と推測される実が収穫されていますわよ。フルーツトマト
 ポットに植えた玉ねぎや万能ネギもどんどん芽を伸ばして私の畑は秋に向けてまっしぐらです。
 玉ねぎは来月には畑に植え付け予定ですが、霜対策が必要らしく人生初のポリマルチを使用するかエコな藁マルチにするか悩んでいる所です。
 コスト的にはポリマルチですし効果も確実なんですが、ケミカルな素材を使用するのはなんか抵抗があるんですよね~。私の偏見でございましょうか?




大雨の後 でございますわよ~

 7月24日 月曜日 秋田県を中心に大規模な洪水被害をもたらした昨日の集中豪雨。私の住む地域も長時間にわたり大雨が降り続きました。

 そして雨上がりの月曜日。畑が心配だったのでいつもより早く畑のチェックを開始。
 
 枝豆は以前倒伏した株は支柱で補強していたのは大丈夫でしたが、別な株が斜めに倒れていました。やっぱり畝に問題があるんでしょうね~。起こして支柱で補強しようと起こしてみると・・・葉の裏側に白く小さなバッタのような虫が複数へばりついてます。どう見ても害虫っぽいです。先日から枝豆の葉が枯れはじめたのはこいつらの仕業かもしれません。とりあえずお酢辛子を吹きかけご退散願います。

ヨコバイ 幼虫

 お次はナス。こちらは大雨の被害はなかったのですが、相変わらず食害が酷いです。犯人は相変わらず不明。師匠に電話で聞いてみると「ヨトウムシ」あたりが怪しいと言っておりました。このヨトウムシは昼間は地中に隠れているので見つけにくいのだとか。
 昨日は大雨だったので地中も酸欠状態でヨトウムシも地表近くにいるかも?と思い割り箸で土をかき乱してみますが、姿は確認できず。ただ変わりに葉の裏にしがみついていたコガネムシを発見(注:後日確認したところコガネムシではなくゾウムシの仲間とのことでした)。一匹だけでしたがこちらの方も有力な容疑者なのでお酢辛子を吹きかけご退散願いましたわ。

ウリ虫

 

 んでもってキュウリ。
 4株植えたキュウリのうちのひとつは「糠塚キュウリ」だったことが判明。初回は処分してしまいましたが、再び収穫できる大きさになってきたので、今回はちゃんと収穫しました。

糠塚きゅうり

味噌をつけて食べるのが1番美味しい食べ方ということで試してみました。味の方は・・・キュウリというよりはウリ?みたいな食感で、水分たっぷりのためか口のなかでシャクシャク音がします。たしかにみずみずしくて美味しいのですが、「幻のきゅうり」は少々オーバーな表現なのではないかしら・・・・というのが率直な感想でございました。

・・・・って糠塚きゅうりの栽培農家の皆さま生意気なこと言ってごめんなさ~い。きっとikuの育て方が悪かったんです~。m(_ _)m

ナス・トマト・キュウリ でございますわよ~

 7月20日 木曜日 私の畑で絶好調のトマト。いよいよ実が大きくなってきました。
 しかしどう見ても変です。私は普通の大玉トマトの苗を購入したつもりなんですけど、フルーツトマトにしか見えません。まぁフルーツトマトならそれで割り切って食べるだけですけど、正直食べ頃がわかりません。実は大分柔らかくなっているのですがサイズは小さいまま。今週末にでも試しにひとつ食べてみようかしら?

PS:後日談となりますがよく日記を読み直してみると、私5月に品種の分からないトマトの苗を購入しておりました。多分この時購入した苗はフルーツトマトだったんですね。当時は「どのような実が成るのか分からないのも一興」などと言っておりましたが、その事をすっかり忘れてしまって「大玉のトマトを買ったつもり」などと言ってては意味がございませんわね。と自分にあきれてしまったikuちゃんでございました。オホホホホホ。そしてやっぱり日記って大事でございますわね。

フルーツトマト

 さて話を元にもどしてナスもここ数日生長が著しいです。やはり気温の上昇が大きく作用しているのでしょう。しかし成長と同時に葉が茶色くなってしまう現象も。これはナスだけではなくお隣の枝豆にも見られる現象です。 
 最初は無農薬農薬の濃度が高すぎて葉が焼けてしまったのかしら?と思ったのですが、試しに一枚の葉にたっぷりと吹きかけて様子を確認しても色は変わりませんでした。おそらくなんらかの病気なのでしょう。成長が遅れているナスは「さぁこれからダッシュでございますわよ」というタイミングなので少々心配です。

ナス 病気

 トマトと並んで相変わらず絶好調なのがキュウリ。収穫は一段落しここ数日ありませんが、咲いている花の数をみるとこの先一挙に実が成りそうです。正直ご近所様の家庭菜園でここまで成長しているキュウリは皆無でご近所様の間ではちょっとした話題になっています(注:私ではなく私の畑のキュウリが話題となっています)。
 ただ最近は勢いが良すぎて摘心してもどんどん伸びてくる状態。私は自分の背丈ほどで成長を止めようと摘心しているのですが、それでも気がつくとじわじわと葉を増やしています。
 ここまでくるといっそのこと好きなだけ伸ばさせてあげようかしらとも思ってます。それに下の方の葉はうどん粉病にやられてまったくありません。葉を補充する意味でもさらに伸ばすというのはひとつの考え方のような気がいたしますわ。

伸びすぎたキュウリ