2018年 本格始動 でございますわよ~

 2018年4月27日 金曜日。

 四月もあと僅かとなり、世間では某県知事や国家公務員トップのセクハラ疑惑や人気アイドルグループのメンバーによる強制わいせつなど、女性の私にとっては少々腹立たしい話題で賑わっております。ちなみに私ここ1年ほど「セクハラ」と思われるようなお言葉を頂いた記憶がないのですが・・・・・・・・これはこれで何やら寂しい気が致します。

 さて外に目を向けると先週開花した桜は早くも散り始め葉桜となっている木も見られるようになりました。桜散る 我が家の庭ではムスカリや水仙、ヒヤシンスが花を咲かせております。春先にあわてて植木鉢に植えた水仙も一部花を咲かせております。

 ただ水仙はマニュアル通りに十分な間隔を空けて植えたのでなんというのか迫力のようなものが感じられないんですよね~。水仙は群生して咲いてこそ美しいもの。今年は1ヶ所に3つほど球根をまとめて植えてみようと思いますわ。水仙

 米は芽を出したものは順調に伸び続けておりますが、やはり蒔いた種の数に比べ芽を出した本数は圧倒的に足りないです。最近聞いたラジオで自分達で稲の育苗からしている農家の方は育苗の期間が1番緊張すると言っていましたから、それを考えるとまずは合格点なのかもしれませんわねぇ~。

 まあ仮に今年稲作が成功しても来年の種籾を取っておかないといけませんから食べるのは難しいかもしれませんね。

米 育苗
種まき直後
発芽した米
現在の状況

 生姜と里芋は相変わらず音沙汰無しです。原因は温度だと思いますので先日思い切って電熱マットを購入してきました。時期的に在庫処分で安くなっていたので迷うことなく購入。今日からは毎晩育苗箱の下にマットを敷いて温めようと思いますが、仮にこのまま芽が出なかったら代わりに枝豆でも植えようと思っております。

 この他ホームセンターでニラの苗が販売されていたので、我が家でも去年採取したニラの種を蒔くことにしました。ニラの種 蒔くといってもポットに蒔いて十分に成長してから畑の脇に植える予定です。ニラの種は一晩水に浸けておくと発芽しやすいと聞いたので金曜日の夜に水に浸けておきました。水に浸けてみると水に浮く種が意外と多く、これらは全て除去。

 市販の種はちゃんと選別済みだとは思いますが、自分で採取した種はこのようにスカスカの種もあるので水で選別する作業はしておいたほうがよろしいですわね。

 等々GWを間近に控え、2018年家庭菜園に向けいよいよエンジンがかかりはじめてきたikuちゃんでございました。 

変化なし でございますわよ~

 2018年4月7日 土曜日。

 暖かい日が続いた3月に対して、一変して寒い日が続く4月。先日私の住む地方は雪が積もりNHKのトップニュースを飾っておりました。同じ日の都心は真夏日で桜はすでに葉桜となっていたそうです。家庭菜園 雪

 さて我が家の庭&畑では・・・クロッカスと水仙の芽吹きが止まりません。家庭園芸 クロッカス

 去年耕して大根を育てた畝や散々踏みつけた通路部分からも芽が出ております。彼らの生命力には改めて感心させられますが、前回も申し上げたとおりクロッカスさんは「なんでこんなところから??」というような場所からも芽を出しており、感心を通り越して驚いている次第でございます。

 いずれにせよ今年はちゃんと保護して花壇スペースに植え替えしておこうと思いますわ。

 これら庭の花々に対して先日ポットに植えた里芋と生姜は一向に芽を出す気配がありません。おまけに先日10㎝ほど雪が積もりましたから外に置いておいたポットは少なからず打撃を受けていると思います。

 自家製苗床に植えた米もなかなか芽を出してくれません。温度が低すぎるのでしょうね~。このまま芽を出さなかったらどうしましょう??

 あと去年の夏に畑の片隅に植えた行者ニンニクもなかなか芽を出しません。枯れたと思い一度は諦めた経緯があるのでなんとか芽を出してほしいのですが・・・・・・。

 この春に発芽を確認して慌てて植えた水仙も未だ芽を出してません(水仙は本来秋に植える花)。様子を確認する為鉢植えにした球根を一つ掘り起こしてみると根が出ていたので活動を開始してはいるようですが、この先どうなるのでしょうか?来年まで眠ったままなのでしょうかね?

 元気旺盛なクロッカスや水仙、チューリップに比べて静かで変化なしの野菜や遅植えの球根達。今後どうなっていくのか注意深く観察し記録を残し来年に生かしていきたいと思います。

型枠ikuちゃん でございますわよ~

 2018年3月24日 土曜日。

 この日は米の発芽を確認し気をよくしたせいもあり、朝から庭仕事に勤しんでおりました。

 まず最初に行ったのが先日柿渋を塗った木の板を組み立て、畑の畝作り用の型枠を作る作業でございます。

 嫁入り前の女性が朝から庭でトンカチしている光景は私自身あまり想像したくないので、型枠作りは人目に付きにくい朝一番の作業といたしました。

 最初に釘で仮止めしで、後に金具とネジ釘で固定する。型枠は同サイズのものを2つ作ったのですが30分ほどで完了いたしました。畑の型枠

 女手一つで育てた・・・・じゃなくってこしらえた割には上出来だとは思うのですが・・・・・・多分年内中に壊れてしまうと思います。なんというのか値段をケチって薄い板を購入したので持ち運び時にビロンビロンとしなってしまいますし、板が薄いので釘やネジも短いものを使用していますから、間違いなく年内に損壊すると思います・・・・・。

 できることなら数年に渡って使用したいと思っていたのですが、多分無理でしょうね。 値段をケチって安い材料を使用するのも考え物でございますわね~。

 さてこの型枠。作成初日から大活躍でございました。なんせ畑を耕す時にいちいち計る必要がありませんし面積も1㎡に統一していますから(正確には1.8m×0.6mで1.08㎡)肥料や石灰を散布するさいも量を正確把握することができます。

 なによりまだ畑として耕してないところでも、型枠を置くだけで、畑のレイアウトが一一目瞭然でイメージできるので色々計画を練ったり、先行して庭造りをすることができます。畑 木の枠

「我ながら素晴らしいものを作ってしまいましたわ・・・😐」

 と自画自賛気味のikuちゃんでございました。問題はこの型枠がいつまでもつかでございますわね・・・・・・。

 あとこの日は畑1-1と1-2に苦土石灰を施し耕しておきました。この畝には今年生姜と里芋を植えてみる予定でございます。この両者は桜前線に合わせて植え付けるそうなのでそろそろ土作りに着手しておかないと間に合いません。

 この他、去年掘り起こして余っている水仙の球根を全て植木鉢に植えました。かなり窮屈だとは思うのですが、処分してしまうよりましだと思いますので水仙さん達、我慢してくださいね。今年は秋に球根を堀上げたら、メルカリに出品して嫁ぎ先を探してみますから~。ちなみに植木鉢にいれた土は余っていた「野菜栽培用の土」を使用したのですが大丈夫でございましょうか?スイセン 鉢植え

春近し でございますわよ~

 2018年3月18日 日曜日。

 本日は気温が10度前後まで上昇し、先日まで氷点下の温度であったのが嘘のような暖かさでございます。

 物置から洗車用のバケツを取り出したところ、バケツの底には小さい「花クモ?」が張り付いておりました。また日当たりの良い家の壁を見たところ、小さいクモが張り付いて日光浴しておりました。さらに庭の石をひっくり返したところ、ナメクジさんが思いっきり背伸びしておりました。まさに我が家における「啓蟄」、春でございます。まぁ私が苦手とする生き物ばかりというのは少々気になるところでございますが、一応これが現実でございます。

 テレビでは都心部で桜の開花が確認されたといっていました。

 「春でございますわね~」。

 今日は昨日に引き続き、木の板に柿渋を塗り、今年の農作業に備え物置を整理し、時間に余裕があれば水糸を張って庭の高低差を調べてみようと思っておりました。

 と・こ・ろ・が・柿渋を塗り終わり、物置の片付けに取りかかった時、ふと目に付いたのが去年庭から出てきた大量の水仙の球根。あわよくばメルカリかなんかで売ってみようと保管してそのままにしていたものです。

「この子達も早く引き取り手をみつけないといけませんわね・・・」 

 なんてことを考えながら球根を保管してあった網袋を開けて見てみると・・・・・・なんと芽を出している球根がいくつかございます。発芽したスイセン

「はい??これは早く売り飛ばして・・・・じゃなくって引き取ってもらわないとまずいんじゃございませんことぉ??」

 

 私、球根は水分をあたえないと芽を出さないと思っていたのですが・・・・・・慌ててその場でスマホで調べてみましたが、具体的な理由は分からなかったのですが、水仙は堀上げた年の秋までに土に植えないといけないそうです。

 とりあえず芽を出している水仙は花壇スペースの空いている所に植えましたが、まだかなりの数の球根が残っております。一時は売り飛ばそうと考えた私でございますが、先ほどスマホで調べた限りでは水仙の球根は堀上げたその年の秋に植えなければならないとのこと。私同様賞味期限の切れかかっている球根を販売するわけにはいけません。この婚期を逃してしまった球根達は私が責任をもって面倒をみなければなりませんわね。けど植えるスペースもございませんし・・・・・観賞用に鉢植えでもしてみようかしら?

 それと今年はもし球根が余ったら、秋のうちに嫁ぎ先を見つけてやらないといけませんわね。その前に私の嫁ぎ先もなんとかしてほしいんですけど・・・・・・・・。

 PS:本日水仙の球根を植える際に地面をよく見てみると去年植えたチューリップとイヌサフランが芽を出してしました。我が家の庭にも春が訪れようとしております。芽を出したチューリップ

2017年第9回農作業 でございますわよ~

 7月8日 土曜日 本日は土曜日。週に一度の農作業の日です。ちなみに第9回目。当初はすぐにヘロヘロになっていた私の体も大分農作業に耐えられるようになってきました。心なしか太ももや二の腕が太くなってきたような気もします。どうせおおきくなるなら胸の方が嬉しいんでございますけど・・・・・・。

 本日最初の作業は毎日恒例の水やり。時間があるのでじっくりと観察しながら水やりをします。よく見てみるとキュウリが予想以上のスピードで成長しているようです。勘ですけど多分来週あたりにはキュウリの初収穫ができるのではないでしょうか?

キュウリの実
 ただ現在は多くの実が地面近くになっているので直接土に接しないよう敷きわらをしておきました。敷きわらは物置に眠っていたゴザをばらして再利用したものです。

ゴザをばらした藁

 ほうれん草&葉大根を育てていた畝は秋の作付けに向け一休み。以前葉大根が食い荒らされる事件があったのですが、犯人は見つかっていません。地中に潜んでいる可能性もあるのでビニールで覆いしばらく養生させます。こうやってビニールで覆うと地中からの水分&ビニールがレンズの役目をして太陽熱でビニール内の温度を上げ殺菌効果を得られるとネットで紹介されていました。

太陽熱 消毒

PS:後日師匠達に確認したら上述の方法は逆に害虫たちの温床となりやすいので推奨しないとのことでした。行うなら薬剤との併用が望ましいのだそうです。

 お次の作業は水仙の球根の堀あげ。水仙の葉がしおれているのでちょうどよい時期と判断しました。
 んでもって掘り上げた結果・・・・とんでもない量となりました。長い間放置していた報いでしょうか?これでも小さい球根は除外しているんですけどね。

水仙の球根
 来年これを全部植えるのは不可能。周り近所に配ったとしてもたかがしれていますし・・・・・・・・・・・・・。
 ここでふと思ったんですが、これって売ることできないかしら?私の友人はスマホアプリのメルカリで服を売ったとこの前言っていましたし・・・・。おそらくこのままだと球根の半分以上は廃棄することになると思うので購入してくれる人がいれば相場の半額、いえただ同然の値段でもOKです。水仙さん達が再び花を咲かせることができるのであれば私は満足でございます事よ。オホホホホ。
 とはいえ安価で販売するとはいえ品質や規格などもある程度保証しなければならないと思いますので、暇なときに水仙の球根の値段や規格、品質なんか調べてみようと思いますわ。

 水仙の球根掘りに予想外の時間を要した私。気がつけば朝の8時前だというのにすでに体中汗ビッショリ。おまけに太陽が照りつけ肌が弱い私には少々危険な状況となってきました。
 今までは半袖に半ズボンといった服装でしたが急遽着替え長袖長ズボンを装着し帽子もかぶり日焼け対策をして再び作業開始。
 水仙の球根掘り作業が終了し、お次は枯木を燃えるゴミ用に切断する作業にとりかかろうとしたのですが、先ほどからブンブン大きな虫が飛び回っています。なんでございましょう?思って見てみるとそれは大きな「アブ」。しかも2匹飛んでいます。どう考えても私を狙っているとしか思えません。「いやん🙀 素敵な男性に狙われるなら自ら襲われに進み出ますが、アブさん達はお断りでございますことよ💗」長袖長ズボンを装着してはいますが、なんか周囲を飛び回るアブが嫌なので本日の作業は終了といたしました。

 最近私には悪い虫すら寄りつかないとため息ばかりついておりましたが・・・・・やっと近寄ってきた虫がアブだなんてあんまりでございますわ💢プンスカ プンスカ💢。

家庭菜園 始めます でございますわよ~

 私の敷地面積は66坪。一坪が約3.3mだから218㎡ほどあることになります。
 このうち母屋や物置、駐車場で約2/3ほど使用しているので1/3、つまり72㎡ほどが庭として使用されています・・・・・・・が、この庭、草むしりこそまめに行っているものの少子高齢化の影響をまともに受け、手入れはほとんどしていないので荒れ放題。

家庭菜園
 そんなわけでこの度一念発起して家庭菜園及びガーデニングに挑戦し庭を見栄えよくしようと思い立ったわけです。

 

2017年のGW。庭を見渡してみると水仙と青い花が我が物顔で咲き誇っています。青い花は調べてみると「ムスカリ」という花のようです。ラベンダーにも似てますが一本引っこ抜いてみると球根が付いてきたのでムスカリで間違いないでしょう。

ムスカリ  

 そんなわけで今年の目標は水仙とムスカリの植え替えて空いた場所に畑を作り、なんでもいいから野菜を収穫する。そして毎年少しずつ植木や花を植え替え見栄えの良い庭をつくりつつ、空いたスペースを畑にし多くの野菜を育てる。この作業を繰り返していきたいと思います。

まずは水仙とムスカリ。早速植え替えしようかと思いましたが、調べてみると共に球根で増えるので、花が咲き終わり葉が枯れたタイミングで球根を掘り起こせば比較的楽に花にも負担が少ない状態で植え替えできるそうです。

球根を掘り起こす時期は水仙が7月、ムスカリが6月。畑に種を蒔くのは多分5月~6月だから・・・・・つまり今年は現状で空いているスペースしか畑にできないということですね。

もう一つ我が家の庭で問題なのが枯れた立木。この木は杉科の木だと思うのですが、以前はよく葉が生い茂り小鳥たちも遊びに来ていたのですが、2010年頃地元のシルバー人材センターに頼んで剪定してもらったところ、枝を切るわ切るわ、気がついたら緑生い茂る木が針の山のようにされてしまい、その後半分以上の木が新たに葉を出すことができず枯れてしまったのです。これらもなんとかしたいのですが、これはおいおい考えていきたいと思います。

ガーデニング 枯れ木