ネキリムシ対策 でございますわよ~

 去年はネキリムシの被害で散々な目にあったタマネギさん。今年は去年の轍は踏むまいとタマネギの苗を植えた後は毎週「STゼンターリ」を散布し、根元には1週間ほど石灰液に漬け込んだ籾殻を蒔いておりました。これらの効果があったのか今年は10月頭にタマネギの苗を植えてから11月に入るまでネキリムシさんの被害は皆無でございました(正確にはネキリムシさんに囓られたような食害跡は見つけましたがタマネギの生育には支障をきたしませんでした)。

 と・こ・ろ・が 11月に入って見つけてしましました。どっからどう見てもネキリムシさんの仕業にしか見えない食害跡を。タマネギさんは根元から切断され横たわっております。万が一に備えタマネギの苗はまだあるのでございますが、先ず犯人を逮捕しないと被害が拡大してしまいます。そんなわけで早速倒伏したタマネギの根元を割り箸でホジホジしようと籾殻を取り除いてみると・・・・・・いきなり出てきました。ネキリムシさんです。去年は土の中に隠れていたのでなかなか見つけれなかったのでございますが、今回は籾殻の中に潜んでおりました。そして心なしかグッタリしているようにも見えます。割り箸で摘まんでみてもダラーンとしており文字通り「虫の息」でございます。ネキリムシ タマネギ

 STゼンターリが効いたのか、籾殻が邪魔して土の中に潜れず疲れ果ててしまったのか、はたまた石灰に浸けた籾殻が効いたのか?要因はよく分かりませんが、今年はネキリムシさんを封じ込める事に成功したようでございます。「STゼンターリ&石灰に浸けた籾殻」作戦は来年も実行してみたいと思いますわ。オホホホホ。

ネキリムシ現る?? でございますわよ~

 2018年10月15日。だんだん日の出も遅くなってきた秋の早朝。今年もみつめましたわ~。ネキリムシさんの食害跡。去年同様玉ねぎさんの苗を狙ってやってきたようでございます。ネキリムシ 玉ねぎ

 2017年の秋も9月後半から10月中旬かけて大根さんと玉ねぎさんがネキリムシさんに派手に食い散らかされてしまい、なかには枯れてしまった株もございました。そんなわけで今年もネキリムシさんの襲来を予想しちゃんと対策は練っておきましたことよ。手をくわえてながめているなんて私の性に合わないのでございます。

 まぁ対策といっても簡単で9月になってから防虫ネットをかぶせ、さらに1週間毎にSTゼンターリを散布しただけのこと。さらに玉ねぎさんの苗を植えてからは根元に石灰水に浸けた籾殻を蒔いておきました。石灰籾殻は効果のほどは分かりませんが、2018年はナメクジさんによるネギの食害が酷かったのでネキリムシさんというよりはナメクジさん対策で蒔いておいたものでございます。

 さて早速被害にあった株の根元を割り箸でホジホジしてみましたが、ネキリムシさんの姿は発見できず。とりあえず様子見といったとこでございます。

 去年のネキリムシさん達との攻防戦は熾烈を極めましたが、今年もまた熱い戦いが始まりそうでございますわよ~。

 

2017年度玉ねぎ栽培の総括 でございますわよ

 2018年6月23日 土曜日

 本日去年の初秋から育てていた玉ねぎを収穫いたしました。これをもって2017年度玉ねぎ栽培は終了したわけでございますが、この1年を振り返って記録を残し今後の糧とすべく整理してみました。玉ねぎ ニンニク 収穫

2017年8月

お盆をすぎた頃から種苗店で玉ねぎの苗が販売されはじめたので8月26日にポットに種を蒔く。

「タイミング的にはピッタリだったと思います。今年も8月のお盆すぎに玉ねぎの種を蒔きましょう。」

2017年10月

市販の苗に比べ勢いがないものの、10月中旬に玉ねぎの苗を植える。

「植え付けもピッタリのタイミングだったと思います。ただ苗の成長が市販の苗と比べ遅かったので今年は育苗時の温度や日当たりに注意してみようと思います。」

 

10月22日。季節外れの台風で他所様の畑では植えたばかりの玉ねぎの苗が全滅状態となる。私の畑は偶然にも寒冷紗をかぶせておいたので被害を免れる。

「寒冷紗は霜対策で施したのですが、怪我の巧妙でございました。今年も寒冷紗はセットしておこうと思いますわ」

 

 

10月下旬から11月上旬にかけてネキリムシの被害が多発。

「まだ幼苗の状態でございますから、この時期のネキリムシは致命傷となってしまいます。今年はまめに薬剤散布を行い、万が一の時に備え苗も多めに育てておこうと思います。」

 

雪が降る前と春の春分の日に追肥を行う。

「追肥のタイミングはピッタリだったと思いますが、収穫時小さい玉ねぎが結構あったので、今年の元肥は米糠のようなリン酸を多く含んだ肥料を施しましょう」

 

 

2018年6月下旬

玉ねぎの収穫。味は文句なしでしたが、サイズはイマイチ。後日談となりますが、他所様の畑や私が住む県の農業資料などを見るに、収穫は7月に入ってからでも良かったような気がします。

 

 以上でございました。サイズが小さかったのが反省点ですが2017年度版玉ねぎ栽培は85点ほどいただいてもよろしいのではないでしょうか?

 今年は日当たりの良い場所に植え、肥料も元肥・追肥共に、米糠を中心に施し去年より大きなサイズを狙っていこうと思いますわ。

玉ねぎとニンニクの収穫 でございますわよ

2018年6月23日 土曜日

 本日ニンニクと玉ねぎの収穫を決行いたしました。タマネギは2週間程前から葉が倒れたものを随時収穫しておりましたが、今朝畑をみるとほとんどの株で葉が倒れておりましたので適期と判断いたしました。玉ねぎ ニンニク 収穫

 またニンニクも若干早いように感じましたがついでに収穫いたしました。先日仕事の用事で遠出したときほとんどの畑でニンニクが収穫済みとなっておりましたし天気も晴天が続いていたので収穫したというわけです。玉ねぎ ニンニク 収穫

 なお先日試しに収穫したニンニクも料理に使ってみたのですが、流石に味の良し悪しの判断は難しいところですが、香りは素晴らしく・・・・というよりもの凄く強烈で、朝方ニンニクの皮を剥いたのですが、指先についた臭いが翌日まで取れませんでした。もちろん何度もちゃんと手は洗ってますし、ネイルのお手入れもちゃんとしておりますわよ(ちゃんと爪は切っているということです)。 

 ニンニクと玉ねぎの総括については別途ブログでご紹介したいと思いますが、味、香りは共に文句なし。ただしサイズはほとんど・・・・というか全てがSサイズですし、今まで店頭でみたことが無いような小さいサイズも1/3ほどございました。

 けど一年目にしては合格点なのではないでしょうか?ニンニクはあと1週間ほど収穫を遅らせてもよかったようにも思えますが、来週後半は長雨の予報なので乾いた状態で収穫しなければならない事を考慮すると本日収穫して正解だったと思います。

 さて玉ねぎとニンニクを収穫した後には間髪入れず余っているネギの苗とニンジンの為を蒔いておきました。ネギの苗は余っており処分するのも気が引けるので植えたわけで、これでも余った苗は涙をのんで庭の片隅に置いておきました。「世の中生まれてこなければいい命なんてないのに・・・・・ネギさん達ごめんなさい」

 ニンジンは先日種苗店でブラブラしていた時、初老の女性が店員さんに「玉ねぎを収穫した後、畑になにか植えたいんだけど、おすすめはあるかしら?」と聞いていたので盗み聞きをしてしまったのでございます。

 この時の店員さんの答えが「ニンジンなんかタイミング的にピッタリですよ。あと白菜とか・・・あ~けどニンジンの方がいいかもしれませんね~」というもの。

「なるほど・・・・玉ねぎの後にはニンジンね」また1つ物事を覚え賢く成長したような気がするikuでございます。

 そんなわけで店員さんがすすめていたニンジンの種を購入し、本日植えたというわけです。

 今回玉ねぎとニンニクの収穫を終え、大体の時期が分かってきましたので今後の菜園計画も少々練り直ししていきたいと思いますわ。

 だって私今年の初めに立てた計画は玉ねぎやニンニクを収穫した後にナスやキュウリを植えようと考えていたのですよ。無知とは恐ろしいもので今から考えると無謀な計画でございましたわ。

タマネギの試し掘り でございますわよ~

 2018年6月6日 金曜日。

 収穫を間近に控えた我が家のニンニクと玉ねぎ。昨日のニュースではニンニクはあと2週間ほどで収穫すると農家の方がおっしゃっておられました。そして今朝確認すると1本のタマネギが根元から曲がって倒れております。タマネギの収穫

 「・・・・・これって収穫の合図じゃございませんこと?」

 1株だけでしたので試しに引っこ抜き(意外と力がいりました)庭の片隅に干して仕事へ。タマネギの収穫

 さて仕事を終え家でくつろいでおりますと明日から天気が下り坂になるとのこと。今週末はアサツキを収穫して、その後にネギを植える予定でございますが、もし今週末の作業が流れてしまったら少々ややこしいことになりそうなので、日の長い時期でもございますので思い切って庭に出てアサツキを収穫しネギを植えてしまう事にいたしました。

 帰宅後メイクオフしたばかりで以前の私ならば少々迷ったと思うのですが、三本木農業高校の土にまみれた女子生徒の皆さんの姿を見て感銘を受けてからは、ある意味吹っ切れており、なんのためらいもなく庭に出ましたわ。どんなもんですか。

 さてまずはアサツキの収穫でございますが・・・・・・・・いっぱい収穫することができました。正直多すぎます。収穫したアサツキ こんなことなら葉ネギやヒロッコの時にいくらかでも収穫しておけばよかったです。アサツキについては別のブログで総括したいと思いますが、収穫した後に2週間ほど前に購入したネギの苗を植え付けましたが、それでも半分以上余ってしまいました。植物とはいえ生きている訳でございますからむやみやたらと処分するのも気が引けるわけで、今後ギリギリまで日陰で保管し空いているスペースに植えていきたいと思います。特に生姜を植えたスペースはあれから全く変化が見られませんので、折を見て掘り起こして確認し駄目なようなら余ったネギの苗を植えてみたいと思いますわ。ネギは連作障害がないそうでございますからね。

 あと最後になりましたが朝方掘り起こしたタマネギは夕方の作業終了後にスライスして新タマネギとして食しましたが美味しかったでございます。これなら安心してご近所様や知り合いにお裾分けすることができますわ。ウフフフ。

里芋・生姜の植え付け でございますわよ~

 2018年5月20日 日曜日。

 昨日まで北日本を中心に記録的な大雨となった日本列島。私の住んでいる地域でも結構まとまった雨が降りましたが、夜更け過ぎには雨も上がり朝はお日様が顔を出しておりました。

 雨で気になるのが先週植えたばかりの稲。朝の5時に外に出てチェックしてみましたが、今のところ大きな被害とはなっていないようでございました。

 他を見渡してみるとタマネギは鱗茎部分が膨らみ始めており、収穫に向けラストスパートといったところでございます。ニンニクも生長著しいのですが、昨日までの雨風で倒伏しかけている株が2つほどありましたので土寄せをしようと思い近づくと、いきなり「ズボッ!」と膝下まで埋まってしまいました。水はけの悪い畑

 朝から幸先のよろしいikuでございました。

 5月としては記録的な大雨で畑が底なし沼のようになっていたようでございます・・・・・ってこれって典型的な「水はけの悪い畑」じゃございませんこと?

 以前庭の測量をしたから大体の高低差は分かっているのですが、確かに私が朝からはまってしまった場所は1番低い場所で水も溜まりやすいところでございます。一朝一夕に高低差を修正するのは無理でございますが、時間をかけて修正していきたいと思います。

 この日は、庭や畑が大分乾いてきた昼過ぎから農作業を開始いたしました。

 まずは2ヶ月程前から芽出し作業をしていた里芋と生姜をいよいよ植え付けます。ポットから引き抜いてみると里芋及び生姜の種芋が各一個ずつ腐っており、前回腐らせた分もあわせるとなんだかんだで最終的には半分以上が発芽する前に腐ってしまいました。来年は里芋は苗を購入し、生姜は多めに種芋を購入しておきましょう。そして温度と水のやり過ぎに注意してっと・・・・・また1つ賢くなったような気がするikuでございます。

 さて里芋と生姜は高温を好むときいているので、先週ポリマルチを張った畝に植えた後にビニールでトンネルを作っておきました。今後どうなるのか楽しみでございます・・・・っていうよりここまで生存率50%以下でございますから、これ以上の失敗は完璧主義の私的には許されないのでございますが・・・・・・。生姜 里芋 ポリマルチ

 先日萎れてしまったセロリとブロッコリーは後遺症が残っているものの、なんとか復活し頑張ってくれています。正直ポットに植えた状態での管理は家庭菜園の環境では難しいというのが分かったので、本日ユウガオとトマト、ナスを含め、三本木農業高校及び名久井農業高校から購入した苗は全て植える事に致しました。ユウガオとトマトは畑③のスペースに植える予定ですが、水仙をはじめとした花々がまだ咲いていますので空いている所に植え、ナスを植える予定の畑②のスペースは先日から耕しておりますので畝を作って早速植えましょう・・・・・・と思い足を踏み入れると早朝同様「ズボッ!」と再び土にはまってしまいました。正直農作業のできるような状況ではないので畝作りは中止しナスの植え付けも延期と致しました。水はけの悪い畑

 「朝から2度も土にはまってしまうなんて・・・・・・不覚でございますわ・・・」と1人ブツブツ言いながら泥まみれの長靴やサンダル、ズボンを水洗いした日曜の昼下がりでございました。

GW でございますわよ~

 2018年4月30日 月曜日

 2018年もいよいよGWに突入でございます。私は前半、友人達と旅行にでかけてたので農作業は休みとさせていただきました。

 自宅に帰ってきたのは本日30日の午後。軽く自宅の庭や畑を見回った後、他所様の畑のチェックを兼ねて近所を散歩してまいりました(というより畑の偵察が主な目的なんでございますけど・・・・)。

 さてほとんどの畑や田んぼではトラクターによって耕され、数日前とはまるで様変わりしておりました。畑を耕す

 自ら稲の育苗をしている農家の方のビニルハウスものぞいてみましたが、私の稲と比べると私の方が若干背丈が大きいようです。まだ油断はできませんがとりあえずは一安心でございます。もっとも葉を伸ばした稲は芽出しした種籾の半分にも満たない数ですから合格にはほど遠い状態ですけども・・・・・・。稲 育苗

 ニンニクや玉ねぎも他所様の畑にものに比べると私が育てた子達の方が元気に成長しているように見えます。ニンニクとタマネギ

 2018年は年始めに色々失敗続きでへこみましたが、米、ニンニク、玉ねぎはいまのところ順調に育っているようです。またアサツキもこちらが気兼ねするほど元気に生長していますが、この頃根元部分が茶色くなってきました。アサツキは5~6月に葉を枯らせて来期に備えるそうですから、我が家のアサツキさん達もそろそろお休みに入るのでしょうかねぇ~。うまく鱗茎をゲットできましたら、今年は枝豆を収穫した後の畑に大根さん達と一緒に植えてみたいと思っております。

 さて明日からはいよいよ5月。GW後半は畑を耕して2年目の家庭菜園にむけて頑張りたいと思いますわよ~。

衆議院総選挙と台風21号

 10月22日 日曜日 本日は衆議院総選挙の投票日でございます。昨日から雨が降ったりやんだりで昨晩遅くは少々強めの雨が降った模様ですが、朝方は小降りだったので、散歩がてら投票所まで歩いて行きました。

 片道1kmほどの道のりですが普段は歩くことのないルートです。目にする畑も私の近所の畑とは少々異なっており、やはり畑にはその人の個性がでるものでございますね~と感じました。とある畑では我が家の大根と同じ程度しか成長していない大根があり、「仲間がいましたわ~🎶」と安心したりもしました。

 投票を終え、家でテレビをつけると選挙ではなく超大型の台風21号のニュースでいっぱいです。九州の方では今回も被害が出始めているようです。

 10月で気温が低いから私が住む北日本は大丈夫だろうと思っているのですが、「超大型」というフレーズが気になります。

 畑の大根は大丈夫だと思うのですが(なんせ観測史上最大値の風速を記録した2017年台風18号を乗り切ったんですから)、植えたばかりのタマネギが心配です。

 幸い霜対策で寒冷紗をいつでも掛けれるようセットしてましたから、目的は違うのですが台風対策で寒冷紗をかぶせておきました。大根を見ると昨晩の大雨に打たれたせいか若干葉がしおれています。大根にも寒冷紗はセットしてあるのでついでですからかぶせておきました。またプランターもセットしてあったビニールキャップを広げ雨風を遮るようにしておきました。

 元々霜対策のためにセットしておいたのですが、まさか台風対策で使用することになるとは思いもよりませんでした。

 さて私の住む地域には明日台風が近づく予定です。どうか何事もありませんように。

第26回農作業 でございますわよ~

 10月21日 土曜日 本日は土曜日。2017年度第26回目の農作業の日です。農作業といっても残っている作業は先週畑に植えたタマネギの残った苗をプランターに植える事くらいでございます。

 台風が近づいているので天気もぐずつき小雨が降ったりやんだりしてますので、手早く済ませました。

 先週畑に植えた玉ネギの苗ですが何故か1本丸々無くなっていましたので、そこに苗を補充し、残りはプランターへ・・・・・・・。ところがいざプランターに植えようとしても間隔を考えると4本ほどしか植えることが出来ないんですね。私の頭の中では8本くらい植えれるイメージだったんですけど・・・・・・イメージと現実はやはり異なるようでございます。仕方ないので比較的大きな苗を4本植え残りは泣く泣く処分。その数8本ほど。 

 山積みにしてある稲は一週間もすると下の方にナメクジが寄ってくるので一週間ごとに場所移動していますが、このままにしておくわけにはいかないので台風が過ぎてから干して物置にしまっておこうと思ってます。そんな訳で本日も稲わらを移動させていたのですが、多数の稲穂を発見。稲わら 以前注意深く探したのですがまだまだ稲穂が紛れ込んでいるようです。もっとも水を吸った為か一部発芽しているものもあり、種籾としてはもう使えないと思います。

 さて今週末から来週にかけては日本列島に台風が近づく予報となってます。10月末の台風ですからそんな勢力は大きくならないような気がしますが、やはり気になります。台風が来る度にこんな切ない気持ちになるのは生まれてはじめてでございますわよ💗。オホホホホホ

霜注意報 でございますわよ~

 2017年10月18日 水曜日 先日の日帰り手術後、調子の悪かった私。一時期持ち直したものの、午前中になじみのホームセンターに行き店員さんにツンデレ対応され再び調子を悪くしてしまいました

 けど病院での診察結果は良好ということで、後は10日後に検査結果を聞く事となりました。

 病院からの帰宅途中、ラジオでは「霜注意報」が発令されてました。天気はどんより曇り湿度も高そうで風も多少ながらあるのですが、明日の明け方の最低温度が4度ということで、初霜が降りてもおかしくない気象状況です。

 帰宅した私は早速週末にセットしておいた寒冷紗を広げ大根を養生。ついでにまだひ弱なタマネギの苗にも寒冷紗をセットし養生いたしました。寒冷紗 霜対策

 また午前中購入したビニールキャップをプランターにセット。サイズ的にはギリギリですがなんとか覆うことができました。ビニールキャップや寒冷紗は洗濯ハサミで固定。専用の固定器具もあるようなのですが、あくまでも家にあるもので代用するのが私のモットー。洗濯バサミがあるのに使わない手はありませんことよ~と遠慮無く洗濯ばさみを使わせてもらいました・・・・・・・・が、作業終了し洗濯ばさみの残量を見てみるとごくわずか。多分次回洗濯するときに母が気がついて苦情が来ますわね・・・・・・。

 苦情が来たらホームセンターで固定用品を購入してきましょう😐。