春近し でございますわよ~

 2018年3月18日 日曜日。

 本日は気温が10度前後まで上昇し、先日まで氷点下の温度であったのが嘘のような暖かさでございます。

 物置から洗車用のバケツを取り出したところ、バケツの底には小さい「花クモ?」が張り付いておりました。また日当たりの良い家の壁を見たところ、小さいクモが張り付いて日光浴しておりました。さらに庭の石をひっくり返したところ、ナメクジさんが思いっきり背伸びしておりました。まさに我が家における「啓蟄」、春でございます。まぁ私が苦手とする生き物ばかりというのは少々気になるところでございますが、一応これが現実でございます。

 テレビでは都心部で桜の開花が確認されたといっていました。

 「春でございますわね~」。

 今日は昨日に引き続き、木の板に柿渋を塗り、今年の農作業に備え物置を整理し、時間に余裕があれば水糸を張って庭の高低差を調べてみようと思っておりました。

 と・こ・ろ・が・柿渋を塗り終わり、物置の片付けに取りかかった時、ふと目に付いたのが去年庭から出てきた大量の水仙の球根。あわよくばメルカリかなんかで売ってみようと保管してそのままにしていたものです。

「この子達も早く引き取り手をみつけないといけませんわね・・・」 

 なんてことを考えながら球根を保管してあった網袋を開けて見てみると・・・・・・なんと芽を出している球根がいくつかございます。発芽したスイセン

「はい??これは早く売り飛ばして・・・・じゃなくって引き取ってもらわないとまずいんじゃございませんことぉ??」

 

 私、球根は水分をあたえないと芽を出さないと思っていたのですが・・・・・・慌ててその場でスマホで調べてみましたが、具体的な理由は分からなかったのですが、水仙は堀上げた年の秋までに土に植えないといけないそうです。

 とりあえず芽を出している水仙は花壇スペースの空いている所に植えましたが、まだかなりの数の球根が残っております。一時は売り飛ばそうと考えた私でございますが、先ほどスマホで調べた限りでは水仙の球根は堀上げたその年の秋に植えなければならないとのこと。私同様賞味期限の切れかかっている球根を販売するわけにはいけません。この婚期を逃してしまった球根達は私が責任をもって面倒をみなければなりませんわね。けど植えるスペースもございませんし・・・・・観賞用に鉢植えでもしてみようかしら?

 それと今年はもし球根が余ったら、秋のうちに嫁ぎ先を見つけてやらないといけませんわね。その前に私の嫁ぎ先もなんとかしてほしいんですけど・・・・・・・・。

 PS:本日水仙の球根を植える際に地面をよく見てみると去年植えたチューリップとイヌサフランが芽を出してしました。我が家の庭にも春が訪れようとしております。芽を出したチューリップ

第20回農作業 でございますわよ~

 9月24日 土曜日 本日は第20回目の農作業の日。とはいえ先週に引き続き特にすることもなく本日は我が家の2階の外壁の補修作業にチャレンジしてみました。

 補修作業といっても少々錆びた部分にペンキを塗ったり、ヒビが入った所に漆喰を塗り込んだりと簡単なものでございましたが、やはり「日曜大工は殿方のお仕事」というイメージが私にあり少々恥ずかしさを覚えた作業でございました。後で妙な噂などたたなければよいのですが・・・・・・・・。

 なお今月初めに植えた彼岸花の球根。見事に花が咲きそろいました・・・・・・・がどう見ても彼岸花ではございません。聞いてみたところ「イヌサフラン」というお花なのだそうです。まぁこれはこれで心が和みますし良しとしておきます。ちなみに彼岸花は庭の片隅で2輪ほど同時期に咲いておりました。去年は5輪ほど咲いたそうですから差し引き3輪が今年の我が家の農地改革で行方不明となってしまったわけです。この残りの2輪は大切に増やしていきたいと思います。来年農地にする予定の場所ギリギリの所で咲いていますので踏み倒したり掘り起こしてしまわないよう気をつけないといけませんね。

 この日は順調に育っている白カブも間引きしておきました(大根を植えるときにプランターにうえておいたものです)。大根とともに今年の秋に収穫できればよいなぁと思っております。

 

PS:最近ブログに写真を掲載できなくて心苦しく思っております。この日記は本来公開する予定はなかったので写真も必要最小限しか残してないのです。誠に申し訳ございません。