自然薯とニラの発芽 でございますわよ~

 2018年5月15日 火曜日。

 3月から芽出し作業を行い、4月中旬に深めの植木鉢に植えた自然薯ですが、GW明けの先日、土から芽が出てまいりました。自然薯は成長力の強い野生の植物ですから芽が出てしまえば後は多少ほったらかしにしても大丈夫だとは思いますが、問題は1年でどれだけ大きな種芋が採れるかでございます。場合によっては食べれる大きさになるまで数年かかるかもしれませんわね~。自然薯

 本日はもう一つ嬉しい知らせが。先日植えたニラが芽を伸ばし、鷹の爪も芽が出てきました。里芋や生姜で苦戦し今回も上手くいくかどうかドキドキだったのですが、以外と簡単に芽が出てよかったです。どちらも庭や道ばたから拾った種でございます。植物も人間と同じで甘やかさずにほったらかしにしておいた方がよく育つのかもしれませんわね。発芽したニラ

 嬉しい知らせとは別に相変わらす変化のないのが生姜と里芋。里芋は新たに芽を出した株が2つほどあり合計で3株芽を出していますが、その後の成長は本当にゆっくり・・・・っていうより成長が止まっているようにしかみえません。とはいえ畑の方はすでに植える準備ができておりますので来週天気がよろしかったら畑に植えたいと思います。

 私ニラさんや鷹の爪さん達を見て考えを改めました。里芋さんや生姜さんも過保護にするのは今週まで。来週は畑に植えて世間の厳しさってやつをキッチリと教えて差し上げますことよ!

 お花の方は水仙やチューリップ、ムスカリの花が枯れ始めてまいりましたので、半分枯れて見栄えの悪い花は随時剪定しています。んでもって選定時に気がついたんですけどもムスカリって種もできるんでございますね。はじめて知りました。道理で庭のあちらこちらで咲いていたわけです。種が鳥や風に運ばれて散らばっていったんでしょうね。ひょっとしたら同じく庭のあちらこちらで咲いていたクロッカスあたりも種で増えていたのかもしれませんね。球根が分球して増える場合はあんな広範囲に増えるはずがないですからね。またひとつ新たな発見をし成長したような気がするikuちゃんでございます。

 お花で最近成長著しいのが「芍薬」。先日「あら~芽が出たわ」と思っていたらあっという間に伸びて、すでにつぼみをつけています。芍薬とアリ 高度成長期に入った芍薬さんは虫たちのよりどころにもなっているようで、つぼみの蜜を吸いにアリが群がり、庭に散らばっていたヨコバイ達も芍薬に集まってきているようで、夕方の短時間で5匹ほど現行犯逮捕いたしました。庭に片隅に生えている「オダマキ」もつぼみをつけていますが、こちらにはアブラムシさん達の姿が目立つようになってきました。

 アブラムシさん達には今年は去年使用した自家製農薬「鷹の爪の焼酎漬け+お酢」に「アーリーセーフ」を混ぜてみようかと思っております。アーリーセーフはヤシの油膜で微生物や小さな昆虫を窒息死させる有機農業に使用出来る安全な農薬ですが、アーリーセーフを自家製農薬に添加することで効果が倍増するような気がするのでございます。早速明日の朝にでも試してみようと思いますわ。ウフフフフフ。

2018年 本格始動 でございますわよ~

 2018年4月27日 金曜日。

 四月もあと僅かとなり、世間では某県知事や国家公務員トップのセクハラ疑惑や人気アイドルグループのメンバーによる強制わいせつなど、女性の私にとっては少々腹立たしい話題で賑わっております。ちなみに私ここ1年ほど「セクハラ」と思われるようなお言葉を頂いた記憶がないのですが・・・・・・・・これはこれで何やら寂しい気が致します。

 さて外に目を向けると先週開花した桜は早くも散り始め葉桜となっている木も見られるようになりました。桜散る 我が家の庭ではムスカリや水仙、ヒヤシンスが花を咲かせております。春先にあわてて植木鉢に植えた水仙も一部花を咲かせております。

 ただ水仙はマニュアル通りに十分な間隔を空けて植えたのでなんというのか迫力のようなものが感じられないんですよね~。水仙は群生して咲いてこそ美しいもの。今年は1ヶ所に3つほど球根をまとめて植えてみようと思いますわ。水仙

 米は芽を出したものは順調に伸び続けておりますが、やはり蒔いた種の数に比べ芽を出した本数は圧倒的に足りないです。最近聞いたラジオで自分達で稲の育苗からしている農家の方は育苗の期間が1番緊張すると言っていましたから、それを考えるとまずは合格点なのかもしれませんわねぇ~。

 まあ仮に今年稲作が成功しても来年の種籾を取っておかないといけませんから食べるのは難しいかもしれませんね。

米 育苗
種まき直後
発芽した米
現在の状況

 生姜と里芋は相変わらず音沙汰無しです。原因は温度だと思いますので先日思い切って電熱マットを購入してきました。時期的に在庫処分で安くなっていたので迷うことなく購入。今日からは毎晩育苗箱の下にマットを敷いて温めようと思いますが、仮にこのまま芽が出なかったら代わりに枝豆でも植えようと思っております。

 この他ホームセンターでニラの苗が販売されていたので、我が家でも去年採取したニラの種を蒔くことにしました。ニラの種 蒔くといってもポットに蒔いて十分に成長してから畑の脇に植える予定です。ニラの種は一晩水に浸けておくと発芽しやすいと聞いたので金曜日の夜に水に浸けておきました。水に浸けてみると水に浮く種が意外と多く、これらは全て除去。

 市販の種はちゃんと選別済みだとは思いますが、自分で採取した種はこのようにスカスカの種もあるので水で選別する作業はしておいたほうがよろしいですわね。

 等々GWを間近に控え、2018年家庭菜園に向けいよいよエンジンがかかりはじめてきたikuちゃんでございました。 

私 駄目かもしれません でございますわよ~

 2018年4月14日 土曜日。

 私の住む地域では桜の開花は来週の予定ですが、日当たりの良い場所ではすでに咲き始めた木もございます。

 我が家の庭の草花の成長も著しいものがございます・・・・・・が、その草花に対して全く進展の見られないのが稲、生姜、里芋の3兄弟でございます。

 いずれも温度が原因だとは思うのですが、稲に関しては発芽させたうえで自家製育苗箱に入れて2週間も経過しておりますので、そろそろ芽を出してくれないと困るのですが・・・・・・・っていうより発芽してから2週間も経過して芽が出ないというのは「失敗」ってことじゃないでしょうか?とっても嫌な予感がビンビンします。 

 米作りについては専用の土も購入しある程度先行投資しておりますのでなんとしてでも成功させたいのですが・・・・・・駄目かもしれませんわね😥。

 調べてみると農協で米の苗を販売していることがあるみたいなので、もし失敗だったら近隣の農協に電話して聞いてみよう思いますわ。

 生姜は先日、育苗箱が水浸し状態だったのが判明したので、本日箱の底に水抜き用の穴を空けて土も新しいものを入れ替えました。生姜自体はあの独特のすがすがしい香りを発していたので、まだ生きているとは思うのですが、土が腐敗しドブのような環境に1週間近く埋め殺し状態にされていたわけですから予断は許せません。

 んでもって里芋は相変わらず音沙汰無し。都会に旅立ち連絡を一切よこさない子供の連絡を待つ田舎の母親の気持ちがなんとなく分かってまいりました。

 こんな感じで先が見通せない状況なのですが、畑の準備だけはしておかないといけないけないわけで、本日は先日耕した畑①-1と①-2のスペースに牛糞を混ぜ畝を作ってみました。石灰と籾殻燻炭は先日のpH調査で十分な値となっていたので混ぜてません。特に里芋は酸性の土を好むそうでございますから。

 そして本日も大活躍のikuちゃん型枠。おかげさまできれいな畝を作ることができました。相変わらす良い仕事をしてくれます。けど早くもガタついてきているのですけど・・・・・なんとか今シーズンは持ってもらいたいものでございます。家庭菜園 型枠

 今日はついでに②のスペースも耕しておきました。ここには枝豆やナスを植える予定で日数的にはまだ余裕があるのですが、なんというか勢いで耕してしまいました。家庭菜園 荒起こし

 土の中にはミミズさん達がウジャウジャおられまして、中には「貴方去年生まれたミミズさんでしょ!」と言いたくなるくらい大きなミミズさんもおられました(ミミズの寿命は基本的に1年で冬は卵の状態で越すのだそうです)。

 ②のスペースを耕している時に目に付いたのが異常に根が丈夫な草。はじめは雑草だと思って除去していたのですが、最後に処分しようと一カ所にまとめると・・・・なんかニンニクのようなネギのような香りが致します。あれ?と思い葉をすりつぶして臭いを嗅いでみると・・・・・ニラでございました。自生のニラ

 去年駐車場スペースで世代を重ねていたニラさんから種を採取したのですが、ここにも世代を重ねて生きてきたニラさんがいたんですね~。せっかくですから先ほど耕した畑①の境界沿いを軽く耕し植えておきました。暖かくなってきたら同じスペースに去年採取した種も蒔いておこうと思いますわ。

 それにいたしましてももう駄目かもしれない「米」については来週中にも方針を考えないといけませんかもしれませんわね。

第22回農作業 でございますわよ~

 10月8日 日曜日 本日はスッキリとまではいきませんが穏やかな日よりで農作業にはうってつけの日。

そんなわけで2017年度第22回目の農作業開始です。

 作業は昼から開始したのですが初っぱなからナスの実に大きな穴が空いているのを発見。しかもかなり深くえぐられています。いきなり出鼻をくじかれてしまった私・・・・・。先日ヨトウムシを逮捕したばかりですが、まだ他にも犯人は潜んでいるようです。被害にあった株の実はこれが最後だったので今年の収穫はあきらめ、株を引き抜き土を入念に掘り返し犯人捜ししてみましたが結局犯人は見つからず。お隣の畝のナスはまた新たに小さな実を付けましたので、これ以上被害が広がらないようにスーパーでもらったビニール袋を付けておきました。

PS:後で知ったのですがナスに袋がけをしてしまうと生育障害となるのであまり推奨されないのだそうです。

 今年の春に見事な花を咲かせてくれた芍薬ですが、お盆以降「灰色カビ病」と思われる病気が蔓延しほとんどの葉が黒く変色しています。黒くなってしまった葉や茎は切断し焼却して草木灰にし、残った葉にも定期的にカリグリーンを散布していますが改善せず。もう秋ですし場合によっては地上部分を切断してしまうのも一案かな~と思ってます。芍薬 病気

 ニンニクは植え付けてからちょうど一週間たちましたが半分ほどの種から芽が見えてきました。理由は分かりませんが、ちょうどきれいに畝の片方だけ芽を出して反対側は芽が出ず。ただ割り箸でほじくってみると芽が伸びてきていたので、残りの反対側ももうすぐ芽を出すと思います。ニンニク 発芽しない

 3日程前に稲わらをゲットしにドライブしたさい、道中ニンニクを植え付けている農家の皆さんを数多く見かけましたが、その全てでポリマルチをしていました。寒さに強いニンニクとはいえポリマルチをした方が生育はよいのでしょう。私の畑の場合、すでにニンニクを植えてしまった後で今更ポリマルチは無理だと思いますが、霜が降りてくる前に稲わらでマルチングでもしてみようかしらと思ってます。

 アサツキは順調に育っています。こんなに元気なら今年はあと1~2回収穫してもよかったと思いますが、葉が伸びきってしまったので今年は放置。来年収穫して球根が増えたら畑の境界沿いに植えてみようと思ってます。

 来年境界沿いに植えようと思っているはもう一つあります。

 それはニラ。私の庭の駐車場にニラの株があるのですが、このニラが種を付けてくれました。前から言ってあるとおり我が家の庭では10年以上野菜など育てたことがなくほったらかしの状態でしたので、大昔に植えたニラが世代交代を繰り返し生き延びてきたのでしょう。しかも駐車場ですから砂利が敷いてありますし、車や私に踏みつけられることもあったでしょう(まぁ私そんなに体重はございませんけど🙄)。そんな困難を乗り越え現在まで生き延びたニラさんに敬意を表し採取した種でニラを育ててみようと思っているのです。

 米栽培に引き続きニラと来年の家庭菜園が楽しみでございますわ~。

  けどそろそろ来年の菜園計画も立案しないといけませんわね。