浅すぎたカブ でございますわよ~

 2018年10月の頭に植えたカブ。2ヶ月が経過した12月2日時点でどのような状況になっているかというとごらんの通り。家庭菜園 カブ

 カブの大分部が地上部分に出てきてしまっております。これはズバリ種を蒔く時に浅すぎたのでございましょうね~。それに12月に入ったというのにカブ自体が小さすぎます。去年育てたカブも小さかったのでございますが、今年は更に小さい状態。これはズバリ種を蒔く時期が遅かったのでございましょう。記録を紐解いてゆくと去年は9月に種を蒔いております。それでも小さかったわけでございますから来年は大根と同じ時期、8月頭辺りに種を蒔いてみようと思いますわ。それと種を蒔く時はちゃんと所定の深さまで掘って植えたいと思います。今年のカブ栽培もいまいちな結果に終わりましたが原因はズバリと分かりましたので、来年はズバリ成功させたいと思いますわ。オホホホホ。

 なお今年度のカブはこのまま植えたままにして様子を見ることにいたしました。なんでもカブさんは氷点下の気温にも耐えられるのだとか流石に冬を越すのは難しいかもしれませんが何事もものは試しでございます。

 カブさん達。今年は種を遅く植えた上に浅く植えてしまい、挙げ句の果てに寒空のした収穫せずに放置状態となってしまいますけど勘弁して下さいまし。今年の失敗と経験を踏まえ来年は立派に育て上げてみせますから。

 PS:約1週間後に雪が降りカブさん達も雪の下に埋もれてしまったのでございますが大丈夫でございましょうか???雪に埋もれた畑

第28回農作業 でございますわよ~

 11月5日 月曜日 本日は第28回目の農作業の日。といっても週末は三連休でしたのでプライベートでお出かけをしており、連休最終日である本日の午後夕方近くに畑に出ました。

 農作業といっても相変わらずすることはないのですが、草むしりして乾燥させておいた草を七厘でアサリの貝殻などと一緒に焼き「草木灰」を作ったり、ナメクジを逮捕したりしておりました。ナメクジは彼らが集まりそうな所に大きめの石を置いておくだけで、一週間もすれば3匹ほどが石の裏に集まってきます。正確に数えてはいませんが、多分今年は100匹以上のナメクジを逮捕しているはずです。

 プランターに植えているカブは相変わらずハモグリバエの被害が目立つのですが、それでもカブは肥大しており、小カブ程度の大きさにはなってきました。

 カブの品種は「スワン」という品種で小カブの状態でも美味しくいただけるのだそうです。時期的にはいつ霜が降りてもおかしくなく状況で、もう少し育ててみるか収穫してしまうかプランターの前で「う~ん」と迷っていたのですが・・・・・道路を挟んでお向かいに住んでいるISさん(私の3つ年上で♂ 子持ち)が二階の窓から顔を出し「なんか採れている?」と声をかけてきました。

 私は勢いで思わずカブを一株引き抜き「こんな感じでございますわよ~オホホホホ」とカブを掲げます。

 SIさん:「おおっ。すごいなぁ~」。カブ

私:調子にのって残りのカブも全部引き抜き「まだまだありますわよ~🎶」と得意げに見せつけます。

 結局プランターに植えてあったカブ全てをこの日引き抜いて(収穫)しまいました。人間見栄を張ってはいけませんね・・・勿体ないことしてしまいました。😔

 カブはSIさんにもおすそ分けし、残りは煮物にしてその日のうちにいただきました。なお葉っぱはハモグリバエの食害跡がひどくとても食べる気にならなかったので肥やしとして処分しました。

 カブはまぁ美味しいといえば美味しいかな~というかんじでしたが、やはりサイズが少々小さかったです。もう一週間待てば良かったかな~という感じです。来年もカブはチャレンジしてみようと思いますが、植え付け時期は今年よりも早めに盆明けくらいにしないと駄目ですね。

 一時期もう駄目かと思われた大根は元気に生長しておりますが、まだ収穫には早い大きさ。周囲の畑ではすでに収穫が始まってますし、ご近所さんでは漬物用に干している所も見かけるようになりました。大根さん・・・今週乗り切れるかな~霜が降りなければいいなぁ~と思っている私でございました。

ツルムラサキの種 でございますわよ~

 10月30日 日曜日 本日は特に農作業の予定はなかったのですが、昨晩ツルムラサキについて調べてみると、私が開花前のつぼみと思っていた紫色の塊はつぼみなどではなく果実に相当するもので、種はその果実のなかに入っているのという事を始めて知りました。

 実際にツルムラサキの茎に付いていた紫色の塊をほぐしてみるとなかから固い種が出てまいりました。

 来年の為に10個ほど採取し庭先で干し、後日ビニール袋にいれて冷蔵庫で保管しておきました。

 私の住む地域では紅葉も終盤を迎え日に日に寒くなってくるこの頃ですが、まだ初霜は降りてません。今年は遅いようでおかげで助かってます。

 バッタやコオロギはほとんど見かけなくなり大根の食害も無くなってきたのですが、プランターに植えているカブでハモグリバエの被害が目立つようになってきました。ハモグリバエ 彼らはゴマ粒ほどの大きさで葉に潜り込んでしまうので通常の農薬は効きにくく、もちろん私が使用している唐辛子酢や有機農法に使用可能な農薬では全く効果がありません。唯一の対抗策は一匹ずつ指で潰していくことですが、乙女の細指で虫さんを潰すのはかなり抵抗がございます😥。初期の段階で唐辛子酢をかけて虫除けしておけばここまで被害は大きくならなかったと思うのですが少々油断しておりました。

 また最近は大型のチャコウラナメクジが姿を消し、代わりに小型のナメクジの姿を再びよく見かけるようになりました。寒さに強いのでしょうか。今年の初めに枝豆やキュウリを食べ荒らし枯らしてくれたのはこの小さい方のナメクジです。パトロールを強化しできる限り逮捕していきたいと思いますわ。

第27回農作業 でございますわよ~

 2017年10月29日 土曜日 本日は第27回目の農作業の日。2017年度の農作業もいよいよ終盤にさしかかってまいりました。

 といっても特にすることもないので、以前草むしりして乾燥させておいたものを焼いて草木灰にしたり、干してあった稲わらをビニール袋に取り入れて倉庫にしまったり、ガーデニングエリアに簡単な柵を設けたりとまぁ後片付けてきなお仕事をしておりました。

 プランターに植えてあるカブはそろそろ収穫しようかと思っていたのですが、確認してみるとカブは小カブの頃から収穫できますが、ギリギリまで大きくしても美味しく食べられるとのこと。せっかくですからもう一週間待って収穫しようと思います。

 大根は一時期ご臨終状態でしたが、ぐんぐん葉を茂らせ根元のいわゆる「大根」部分も大きくなってきました。とはいえスーパーで売られているものに比べるとまだまだ小ぶり、こちらはギリギリまで育ててみます。大根

 ニンニク、タマネギは今のところ順調です。来週あたりに稲わらをかぶせて冬に備えようと思います。

 自家製堆肥も大分熟成してきました。一時期は虫がわいたり悪臭がしたりと心が折れかかったのですが、いまはいい感じになってます。こちらももう少し寒くなって悪さする虫たちがいなくなったら、畑予定地に軽く穴を掘り、ひっくり返しておこうと思っています。

 ツルムラサキは花が咲いたので種をいただこうと思って放置しているのですが、未だに種らしきものが確認できません。何ででございましょうか?気温も下がり葉もしおれ始めだんだん元気がなくなってきています。寒さが原因で成長が止まり種も作ることが出来なかったのでしょうか?まぁ種が採れなくてもまた来年も再び栽培してみようと思っておりますけど。ツルムラサキ

 以上2017年10月最後の農作業でございました。

霜対策 でございますわよ~

 2017年10月19日 木曜日 本日は条件的に家庭菜園を初めて初霜を体験するかもしれないと緊張の朝でございました。前日はピリッとくるような寒さを感じ、多分霜がおりますわねと思っていたのですが、今朝玄関を開けてマイカーを見るとしっとりと濡れています。つまり初霜は降りなかったようです。

 スマホで昨晩の気温を確認すると寒さのピークは午前1時頃で3度。現在(5時半)は6度ほど。初霜が降りる環境になる前に温度が上昇してくれたようです。

 ホット一安心。霜対策で施した寒冷紗とビニールキャップも問題はなく、霜対策のよい予行練習になったと思います。寒冷紗 霜対策

 さて自慢の霜対策設備をたたもうとした私。ヨトウムシ?のようなものを発見。大物です。寒冷紗にひっついておりました。ヨトウムシ 寒冷紗

 餌を探してさまよっていたのか?それともお食事の後、道に迷ってしまったのか?普段はない寒冷紗のおかげで混乱してしまったようです。少々可哀想な気もしますが即座に逮捕。寒くはなってきていますがまだまだ虫さん達も必死に活動しているようです。気が抜けません。

 よく見るとビニールキャップをかぶせたカブも所々葉が食べられています。しかし生育自体は順調で地面には白く肥大した根が見え始めました。おそらく来週あたりには収穫できそうです。また大根も根元が膨らんでやっと大根らしくなってきました。こちらはまだまだ小さいのでもうしばらく時間がかかりそうです。

 天気予報では台風が日本に近づいており、向こう一週間は霜とは無縁の比較的暖かい予報となっています。秋野菜の皆さん方もこの一週間で一気に成長してほしいのですがさてどうなることでございましょうか?