pHチェック でございますわよ~

 あと数日でお彼岸を迎える3月17日。庭のあちらこちらでチューリップや水仙、イヌサフランが芽を出しはじめ、小さな蜘蛛の姿もみられるようになりました。あと1ヶ月もすれば3年目の家庭菜園がはじまります。

 この日は天気も比較的良かったので、畑のpHを測ってみることにしました。去年購入した「アースチェック」がまだ残っているのでそちらを使用。家庭菜園 計画図 pH値を測定した場所は3-1、1-3、1-5、2-2の4箇所でございます。

 3-1は2年前の秋に開墾し1年目あさつき、2年目にネギを育てた畑でございます。比較的アルカリ性を好む野菜を育てたので石灰による土壌改良も入念に行っています。 結果はpH6.5。今年は特に石灰を蒔く必要はなさそうでございます。pH測定

 1-3も2年前の秋に開墾した場所で1年目玉ねぎ、2年目はネギを育てています。3-1の畑同様比較的アルカリ性を好む野菜を育てたので石灰による土壌改良も入念に行っています。 結果はpH6.5。こちらも今年は特に石灰を蒔く必要はなさそうでございます。

 1-5も2年目の秋に開墾した場所で1年目は大根。2年目はスイカを育てています。スイカは酸性を好む野菜と聞いていましたので、去年は特に石灰による土壌改良は行っておりませんでした。結果はpH6.0。今年は軽く土壌改良しておかないといけませんわね。pH測定

 2-2は去年開墾した畑で枝豆を植えており土壌改良は適度に行っております。実は2-2は去年開墾する前にも一度pH値を計っており、そのときの値は5.5。んでもって今年の値が6.0。日本の土は毎年中和している畑で野菜の収穫が終わったシーズンオフの段階でpH5.5程度といわれていますから、私の畑は若干pH値が高い傾向にあるようでございます。

 以上の結果を踏まえ、今年の土壌改良は軽く苦土石灰を散布する程度に抑えておこうと思いますわ。

石灰 購入 でございますわよ~

 今週末の2017年5月第2週にでも早速家庭菜園に取りかかろうと思っている私。私にとって記念すべき家庭菜園作業第一回目となる予定です。
作業予定は約6㎡の荒れ地を耕し石灰を混ぜる土作り作業です。

あと畑②と駐車場の境目に境界及びつる植物の為の支柱の役目を兼る柵を設置してみようと思っています。

柵は家の物置に眠っている園芸用の支柱を紐で結んでこしらえてみようと思います。
まぁ土日2日間あれば初心者でも何とかなるでしょうと思っていたのですが、金曜日に天気を確認すると日曜は雨の予報。金曜日時点で九州地方はかなり強い雨が降っているようで、その雨雲が土曜日の夜には北日本にもやってくるみたいです。

おそらく第一回目の作業は土曜日のみの作業となるでしょう。
あまり時間的余裕もないようなので土曜日に予定していた石灰の購入は金曜日、仕事の合間を見てホームセンターに出かけ済ませてきました。

石灰は色々種類があり少々驚いたのですが、私が購入したのは粒状で2kg入りの苦土石灰。

 苦土というのは「マグネシウム」のことでマグネシウムが混ざった石灰です。マグネシウムは野菜にとって必須成分のひとつで光合成を行う葉緑素の主成分となるのだそうです。

野菜の葉が根元から黄色く変色し枯れていくような場合はその土がマグネシウム不足となっている可能性が高いと店員さんから説明を受けました。

話は逸れましたが私がこの苦土石灰を購入した理由は2つ。

石灰は1㎡あたり100~200g蒔くのが目安なのだそうです。我が家の今年の畑は6㎡ですから600g~1200g必要となります。あんまり多く購入しても仕方ないので1kgを目安に購入することとしていたのですが、販売されている石灰はほとんどが4kgパック。唯写真の苦土石灰のみが2kgパックだったのです(後日談となりますが、前述の石灰の目安はあくまでも石灰の場合で、苦土石灰の場合は石灰の1.6倍倍ほどの量が必要となるのだそうです)。

もう一つの理由が明日土曜日の天気は風が強くなる予報だったので粉末の石灰よりも粒状の方が扱いやすいだろうと考えたからです。

明日の人生初の農作業に心躍らせている私でした。