ソイルセメント?? でございますわよ~

 2018年3月5日。この日は月曜日ですが、ikuちゃんにしては珍しく男性と二人っきりでお食事を楽しんでおりました。

 まぁ男性といっても相手は小中学時代の同級姓で2~3年に1回は飲み会を開く間柄、またすでにご結婚されてますから皆さんが期待しているような事は一切ございませんことよ。オホホホホホ。

 けど二人きりで合うのは今回が初めてでございます。ちなみに名前はA君としておきます。

 さて今回の飲み会・・・・じゃなくってお食事。お誘いしたのは私の方。彼に聞きたいことがあり「私がおごりますから~」といって半分無理矢理誘い出した訳でこざいます。

 私が彼に聞きたかったのはズバリ「セメントを土に混ぜて道をつくることができるか?」でございます。彼は土木関係のお仕事をしており、数年前の飲み会・・・・じゃなくってお食事会で「ドロドロの沼地にセメントぶち込んで道路にした」という台詞を私しっかりと覚えていたのでございます。

 私の家の庭は全て土。ですから降雨時や雪解け時は泥だらけになってしまいます。ガーデニング ですから通路の部分だけでも歩けるようにしたいと常々考えていたのでございますが・・・2018年の正月を挟んで考え出した案は以下の通り。

案-1

 ブロック板を並べで通路を作る 他所様のお庭でよく拝見する光景でございます。ただ我が家の庭でブロック板を敷くと多分ナメクジさんやダンゴムシさん達の巣窟になってしまうと思うんです。特にナメクジさん達には去年散々な目にあわされましたし・・・・。それに市販のブロック板も結構なお値段なんでございますのよね・・・・・

 

案-2

 先日ホームセンターで見つけた固まる土を敷く。題名通りホームセンターで販売されていた水をかけると固まる土を購入して歩道のようなものを庭に作る。これはホームセンターに実際に水をかけて固めたサンプルもあり、なかなか良い感じだったのですが、いかんせんお値段が・・・・・厚さ3センチで1㎡の面積の場合は500円強のお値段がする固まる土を3袋購入しなくてはなりません。見た目的にはベストなのですがお値段がネックでございます。

 

案-3

 自分で固まる土を作る。上述の固まる土の材料はセメントと土のようですから、自分でセメントを購入して自宅の土と混ぜて固まる土を作ったら手っ取り早いのではないでしょうか?

 このように色々考えた結果、自分で「固まる土」を作ってみようと思ったわけです。けど土とセメントをどのような割合で混ぜればよいのか分からないので、そこそこ知っているであろうA君を呼び出したというわけです。

 A君には私が去年から家庭菜園をしていることを隠しつつ、セメントを土に混ぜて道が作れるか聞いてみました。以下要約

A君「土木の工事現場で地面がドロドロで重機やダンプが動けないような場合はセメントを混ぜることがある。効果はてきめんで、数日すると10トン以上の重さがあるダンプも通れるようになる。おまえ(私のこと)の体重がいくらあるか知らんが土にセメントを混ぜると基本的には固まるし、市販はされてないと思うが土を固める専用のソイルセメントというものもある」

A君「ただし。市販されている普通のセメントに混ぜるのは基本的には砂と砕石(砂利みたいなもののようです)で土を混ぜると強度が低下する。けど、おまえ(私のこと)の体重がいくらあるか知らんが、土を混ぜても多分耐えられると思う」

私「説明の間にいちいち私の体重を挟むのはやめてもらえません?😊」

A君「おまえの体重がいくらあるか知らんが、重さが100kg位なら土を混ぜたセメントでも耐えられると思う。けど耐用年数は分からない。」

私「私身長は結構ありますけど、体重はそこそこでございますわよ。100kgなんて夢のまた夢・・・・って私の体重はあまり関係無いのではなくて?😐」

A君「基本的なセメントの配合比はセメント:砂=1:3。これはセメントの強度を100%発揮する配合比とされていて単位面積あたり100kg以上の加重(重さのことみたいです)にも耐える。しかし土の場合は正直分からないので少しずつ試験的に施工してみたらどうか?最初はセメント:土=1:3で配合して、おまえが乗っかってパリンと割れたら体重の方が強力なわけで、配合比を1:2、もしくは砂か砕石を混ぜてみてもいいかもしれない。」

私「・・・私の体重がセメントより強力とはどういう意味ですの?💢」

A君 「だから一気にセメント舗装するんじゃなくて、何回かにわけて配合を試験しながら施工したらどうか?言ってるんだよ」

私(私の突っ込みはスルーでございますわね・・・・・・😔)

 普段は乗りが良く、バカ丸出しのA君も自分の専門分野に関する質問のせいでしょうか、今夜は少々熱く語り私の突っ込みをことごとくスルーしてくださいます。

 けど要点はなんとなくつかめました。セメントを土に混ぜてもちゃんと固まる。本来砂や砕石を混ぜるところ土を混ぜる訳だから強度は劣るわけで試験的に何回かに分けて施工して最適の配合比を見つける。もし市販されているのであれば「ソイルセメント」というやつを使用すればなおよし。

 この日は相手は所帯持ちということもあり早めに切り上げるつもりだったのですが、会話が弾み少々長居をしてしまいました。

 そして代金はお食事会にお誘いした私がおごることとなっていたのですが・・・・なんとA君が払ってくれました・・・。けど彼は所帯持ち。ある意味私よりも懐具合はつらいはず。そこで「約束ですから私がお支払いいたしますわ~」と言ったのですが、散々押し問答したすえに返ってきた言葉が

「それじゃ1000円もらえるか」。

 私(ハワワワワワ~A君かっこ良すぎ~。どう考えても2万以上飲み食いしているのに~🙀)

 まったくA君ったらしばらく目を離したすきに素敵な男性に成長してしまって・・・・逃した魚は大きすぎましたわね・・・・・って中学生当時は別に狙ったことも逃したつもりもないんでございますけどね😜。