2019年畑仕事始動 でございますわよ~

 2019年4月13日 土曜日。本日より2019年度の家庭菜園本格始動でございます。

 一般的に農作業は「カッコウが鳴き始めたら種まき開始」といわれております。私の住んでいる地域ではカッコウは5月のGW明け前後から鳴き始めます。そして時を同じくして各ホームセンターでも一斉に野菜の苗が商品棚に並びはじめます。

 そうです。GW明けはまさに農作業開始の時期なのです。GW明けに種まきしたり苗を植えたりするには事前に畑を耕して土作りをしておかないといけませんが、逆算すると4月の中頃から着手しないと間に合いません。そんな訳で本日より畑の土作りに着手いたしました。

 土作りといっても本日は雑草を刈り取り軽く苦土石灰を蒔いて荒起こしするだけ。苦土石灰は以前畑のpH値を測定してみたところ意外とアルカリ性だったので、今回は軽く蒔くだけにし、後は雑草を根こそぎ引っこ抜きながらスコップで荒起こしでございます。

 さてこの荒起こし。私の畑は猫の額ほどの広さなのでございますが、女性にとってはかなりの重労働なんでございます。ものの15分もしないうちに汗だくとなりとても他の方々にはお見せできないような顔に変身。人目をはばかりながら1時間ほど要しやっと荒起こしを完了させました。

 荒起こしを完了させふと空を見上げるとヒヨドリさんと思し召し小鳥さんがテレビアンテナに留まりこちらをじっと見ておりました。多分私が去った後に荒起こしした畑に潜むミミズさん達をついばむつもりなのでございましょう。

 ミミズさんの数もまだまだ少ないですが、結構な大物さんも何匹か姿を見せてくれました。ミミズさんは私の家庭菜園における重要なパートナーでございますから大切にお付き合いしていかないといけません。

 こうして始まった2019年度の家庭菜園。約1年ぶりの力仕事に翌日太ももや腕の裏側を中心に激しい筋肉痛にみまわれてしまいましたことよ。

pHチェック でございますわよ~

 あと数日でお彼岸を迎える3月17日。庭のあちらこちらでチューリップや水仙、イヌサフランが芽を出しはじめ、小さな蜘蛛の姿もみられるようになりました。あと1ヶ月もすれば3年目の家庭菜園がはじまります。

 この日は天気も比較的良かったので、畑のpHを測ってみることにしました。去年購入した「アースチェック」がまだ残っているのでそちらを使用。家庭菜園 計画図 pH値を測定した場所は3-1、1-3、1-5、2-2の4箇所でございます。

 3-1は2年前の秋に開墾し1年目あさつき、2年目にネギを育てた畑でございます。比較的アルカリ性を好む野菜を育てたので石灰による土壌改良も入念に行っています。 結果はpH6.5。今年は特に石灰を蒔く必要はなさそうでございます。pH測定

 1-3も2年前の秋に開墾した場所で1年目玉ねぎ、2年目はネギを育てています。3-1の畑同様比較的アルカリ性を好む野菜を育てたので石灰による土壌改良も入念に行っています。 結果はpH6.5。こちらも今年は特に石灰を蒔く必要はなさそうでございます。

 1-5も2年目の秋に開墾した場所で1年目は大根。2年目はスイカを育てています。スイカは酸性を好む野菜と聞いていましたので、去年は特に石灰による土壌改良は行っておりませんでした。結果はpH6.0。今年は軽く土壌改良しておかないといけませんわね。pH測定

 2-2は去年開墾した畑で枝豆を植えており土壌改良は適度に行っております。実は2-2は去年開墾する前にも一度pH値を計っており、そのときの値は5.5。んでもって今年の値が6.0。日本の土は毎年中和している畑で野菜の収穫が終わったシーズンオフの段階でpH5.5程度といわれていますから、私の畑は若干pH値が高い傾向にあるようでございます。

 以上の結果を踏まえ、今年の土壌改良は軽く苦土石灰を散布する程度に抑えておこうと思いますわ。

GW でございますわよ~

 2018年4月30日 月曜日

 2018年もいよいよGWに突入でございます。私は前半、友人達と旅行にでかけてたので農作業は休みとさせていただきました。

 自宅に帰ってきたのは本日30日の午後。軽く自宅の庭や畑を見回った後、他所様の畑のチェックを兼ねて近所を散歩してまいりました(というより畑の偵察が主な目的なんでございますけど・・・・)。

 さてほとんどの畑や田んぼではトラクターによって耕され、数日前とはまるで様変わりしておりました。畑を耕す

 自ら稲の育苗をしている農家の方のビニルハウスものぞいてみましたが、私の稲と比べると私の方が若干背丈が大きいようです。まだ油断はできませんがとりあえずは一安心でございます。もっとも葉を伸ばした稲は芽出しした種籾の半分にも満たない数ですから合格にはほど遠い状態ですけども・・・・・・。稲 育苗

 ニンニクや玉ねぎも他所様の畑にものに比べると私が育てた子達の方が元気に成長しているように見えます。ニンニクとタマネギ

 2018年は年始めに色々失敗続きでへこみましたが、米、ニンニク、玉ねぎはいまのところ順調に育っているようです。またアサツキもこちらが気兼ねするほど元気に生長していますが、この頃根元部分が茶色くなってきました。アサツキは5~6月に葉を枯らせて来期に備えるそうですから、我が家のアサツキさん達もそろそろお休みに入るのでしょうかねぇ~。うまく鱗茎をゲットできましたら、今年は枝豆を収穫した後の畑に大根さん達と一緒に植えてみたいと思っております。

 さて明日からはいよいよ5月。GW後半は畑を耕して2年目の家庭菜園にむけて頑張りたいと思いますわよ~。

pH測定 でございますわよ~

 2018年3月29日 木曜日。

 本日仕事帰りにホームセンターに立ち寄りブラブラしていたときに目に付いたのが「一目で分かる 酸度pH測定液 アースチェック」という商品。

 読んで字のごとく畑のpH値を測定できるというもの。以前よりこの商品の存在は知っていたのでございますが、「そういえば畑のpH値、実際に計ったことございませんわね・・・・・・」と気になり出し、その衝動が止まらなくなってしまい思わず買ってしまいました。土のpH値 測定

 時々思うんですがこの衝動買いという行動は女性特有の行動なのでしょうか?殿方も衝動買いすることあるのでございましょうか?まぁ土のpH値計る薬剤を衝動買いした女子なんで日本中探しても私くらいのものだとは思いますが・・・・・・。

 まっ、それはさておき、帰宅して早速畑のpH値を計ってみることに。計ったのは先日苦土石灰を混ぜて耕した1-1の畝の土でございます。

 実は苦土石灰は軽めにまいたのでpHは酸性よりなんじゃないかしら?と気になっていたのでございます。

 帰宅した頃はすでに薄暗くなっていたのですが、庭に出て土を採取。水をいれてしばらく待ちますが、なかなか上澄みが透明になりません。土のpH値 測定

 それに細かい浮遊物も結構ありまして、色々考えたのですが、スポイトで吸い上げる事にいたしました。スポイトは自宅に無かったので近くの100円ショップまで車を走らせ購入。早速上澄みをスポイトで吸い上げ試験管にいれ試験液を垂らしてみると・・・・・・pHは6.5より若干上、7まではいってないようですが、ちょっとアルカリ度数は高い状態ですねぇ~。てっきり酸性だとばかり思っていたのでこれは意外な結果でございました。土のpH値 来週あたり籾殻燻炭を混ぜて土作りをしようと思っていたのですが、籾殻燻炭を混ぜるとさらにアルカリ性に傾いてしまうので止めることに致しました。

 人間思い込みで事を進めるのは危険でございますわね・・・・ちゃんと計ってみてよかったです。

 ちなみに去年苦土石灰を混ぜて今年はまだ混ぜてない2-1と今年耕す予定で今まで苦土石灰を混ぜたことがない2-2の畝もpHを調べてみたのですが、結果は2-1がpH6.0前後、土のpH値2-2がpH5.5前後となっておりました。土のpH値 こちららはまぁ教科書通りの値でございました。
 今年2-1の畝は今年は籾殻燻炭や苦土石灰は少なめにしておかないといけませんわね。

 またひとつ大きく成長したような気がしたikuちゃんでございました。

稲作用の土 でございますわよ~

 2018年3月9日。ここ数日は一気に気温も上がり場所によっては4月から5月の気温となった所もございます。

 我が家の庭にはまだ雪が積もり農作業を行う事はできないのですが、先日籾殻燻炭をまいたところ(玉ねぎとニンニクを植えている畝)は見事に雪が溶け一部地面がみえていました。融雪剤として効果てきめんでございます。早速明日の休みを利用してニンニクや玉ねぎの株に追肥をしておきたいと思いますわ🎶籾殻燻炭 融雪効果

 さて今年チャレンジしてみたいことに「なんちゃって稲作」がございます。昨年から色々調べて何となく手順はつかめてきたのですが、気になるのが土。稲は酸性の土を好むそうで、PH調整してある普通の園芸用の土は適さないようです。幸い私の周りには実家が兼業農家の方が複数いらっしゃいますので、それとなく聞いてみたのですが(私が家庭菜園を始めたことは未だ極秘となっております)、稲作育苗用の専門の土も農協とかで販売されているそうです。ただ一般的なホームセンターでは販売しいるかは分からないとのこと。確かに私ホームセンターには用もないのに去年から足繁く通っておりますが稲作用の土なんて見たことがございません。今後は注意してみたいと思います。まぁ最悪の場合、レモン汁かなんかを混ぜ酸性に傾ければいいのではないかしら~と思っておりますが。

 あと話題は変わりますが以前鉄腕ダッシュで「無人島での自然薯栽培」が放送されておりました。私長瀬君のファンでございますから毎週録画しているのでございます。最近は城島君と山口君がメインで少々寂しい思いをしているのでございますが・・・・・。

 って話を元に戻して実は我が家の庭にも自然薯が生えているのです。かれこれ15年ほど前に私の兄が山にキャンプしたさいに見つけたといってムカゴを持ってきたのです。

そのムカゴを試しに庭にまいたところ翌年芽が出て、以来毎年葉を伸ばしています。何度か掘り起こして自然薯をゲットしようと試みたこともあったのですが、他の木々の根が交錯し石も混じっている土を女性の細腕では掘り起こすことは難しく、毎年ムカゴだけを頂き旬の味を楽しんでおりました。

なお兄はムカゴを植えた翌年に大阪へ転勤となりそこで所帯を持ち、妹の私を尻目に幸せに暮らしております。多分。

 そんなわけで我が家では毎年ムカゴが採れるのですが、去年は鉄腕ダッシュの自然薯栽培を見てからムカゴを少々残して保存してあるのです。今年は稲作の他にムカゴも植えて種芋を作り、来年には自然薯ゲットといきたいものでございますわ~ 

第14回農作業 でございますわよ~

 8月16日 水曜日 テレビのニュースでは「東京は15日連続の雨」とか「今年夏の農作物の収穫量は例年の五分の一」だとか急に今年の冷夏について報道し始めたお盆の最終日。
 おそらくお盆が終わることと、ミサイルで世間を騒がせていたロケットマンこと「偉大なる北の将軍様」がトランプさんの過激発言で大人しくなったこと等で、今までトップを飾っていた話題がなくなり冷夏が取り上げられはじめたのだと思いますわ。

 さて今後の週間天気予報を見てみるとずっと雨マーク。先週も雨で畑仕事は休んでますので、仮に今週も休めば2週連続での休みとなります。しかし秋の作付けに向けそろそろ土作りを本格化させないとスケジュール的に間に合いません。
 その為、盆休み最終日の本日。雨の合間をぬって畑仕事に取りかかることとしました。
 家庭菜園をはじめて15週目。作業は14回目になります。

 雨の合間をぬってといっても霧状の雨は降っているので行う作業は必要最低限に留め、今年秋に作付け予定の畑に牛糞、米ぬかを混ぜ込む作業のみ。石灰と燻炭は7月27日、8月5日の作業ですでに混ぜています。

 霧雨とはいえお肌を濡らしてしまうのは女性としてNGですので、素早く作業を済ませてしまいました。これで9月の頭には秋の野菜を植えることができそうでございます。

 ただ最近・・・というより以前から気がついてはいたのですが、私の庭は意外と勾配がついているんですよね~。畑を平に均そうとしても畝の両端の高さが異なるから畝も少々傾いて形成されてしまいます。

 野菜への影響は無いと思うのですが、庭の勾配も時間をかけて修正していきたいものでございますわね~。

2017年第12回農作業 でございますわよ~

 前回の記事と日付が前後してしまうのですが、本日は7月28日 土曜日。2017年第12回目の農作業にして7月最後の農作業でもあります。

 数日は涼しい日が続いております。気温は20度前半。気温が低いせいかキュウリのうどん粉病が再び猛威をふるい始めております。白くなった葉は焼却し草木灰としているのですが、次々と葉に遷っていくので段々葉が少なくなってきました。現在キュウリは2~3日に一本の割合で収穫していますが(キュウリの株は4株ですが、1株は糠塚キュウリだったので実質3株です)、うどん粉病の進展具合によっては意外と早く収穫終了となるかもしれません。

うどんこ病にやられたきゅうり

 さてそろそろ秋まきの野菜の準備を始めようと、春から花や木を植え替え整理してきた庭の一画を耕し石灰&籾殻燻炭を蒔いておきました。籾殻燻炭は土にまぜるとフカフカの土に改良してくれるのだそうです。予定しているのは大根、ニンニク、タマネギと根菜がメインですから可能な限り土を柔らかくしておきたいと思っており、これから1ヶ月ほどかけてじっくりと土作りをしていこうと思っておりますわ。

土作り

 なお土を耕していると赤いサナギのようなものを発見しました。どう見てもサナギですが、触ると(スコップで)尻尾の部分が動物の尻尾のようにウネッ!ウネッ!と動きます。大きさは3㎝ほど。多分蛾の類だと思うのですが、念のため畑の一画においてネットで調べてみると「ヨトウムシ」のサナギのようです。かなり食欲旺盛で家庭菜園の大天敵です。

 けどサナギが出てきた場所は畑ではなく放置していた庭の部分ですし、付近で食害にあった野菜や花はないのでございますけどねぇ~。不思議なものです。

 さてここで大問題が。このヨトウムシのサナギ。どうのように扱ったらよいのでございましょうか?というのも色、形ともに私的にはNGなんです。今まで出会った害虫のなかでは1番苦手な色と形をしております。バーナーで灰にしたり踏みつけるなんてもっての他、そんなことをしなければならないなら家庭菜園なんて辞めますわ!などと悩んでいるとどこからかカラスがやって来てヨトウムシのサナギをくわえて飛び去っていってくれました。

 普段は小憎たらしいカラスさんですが、この時は天使の使いのように思えましたわ~。けどサナギを食べたあと口も洗わずに私の家や庭に来るのはやめて下さいましね。ウフ

PS:後日お隣のSさんの旦那さんとお話ししているとプランター栽培し、順調に育っていた枝豆4株が一晩のうちに食害で全滅(枯れてしまった)してしまったとのこと。枝豆のプランターとサナギが出てきた所は間に20㎝ほどの高さのコンクリート壁がありますが直線距離で3mほど。多分お隣さんで悪さしたヨトウムシがサナギで休む場所を求めて我が家の庭にやってきたのだと思いますわ。

「畝」 でございますわよ~

 7月18日 火曜日 今朝も恒例の早朝見回りをしていると、枝豆が一本倒伏しておりました。昨日の豪雨でやられたのでしょう。まだ元気だったので起こして土を寄せておきました。

 今年植えた野菜のなかで私が一番楽しみにしていた枝豆。一番手間がかからないはずの枝豆。なぜか私の畑の作物のなかでは一番成長が悪いです。東となりに植えているトマトの生長が著しく、日光を遮っているのも追い打ちをかけているような気がいたします。

枝豆とトマト

 最近我が家の畑で気になるのが「」の幅。畑を耕してから約2ヶ月。畝は雨に流され三角状の小山みたいになっており、台形状のいわゆる他の畑でみるような畝とは大分形状が異なってきています。枝豆が倒れてしまったのも土が流され小山のような畝になっていたのが原因なのかもしれません。

 畝作りについても勉強し直した方がよいかもしれませんね~。

2017年第2回農作業 でございますわよ~

 本日は5月20日土曜日。先週の家庭菜園デビューからちょうど1週間。そして家庭菜園作業第2回目。

 作業開始は朝の6時30分から。まずは先週刈り取って山積みにしている雑草に米ぬかをパラパラと撒き、鋤簾でかき混ぜた後、水をかけ再びビニールをかけます。今年の秋頃には腐葉土となってくれればよいのですが。

 次は先週耕して苦土石灰を混ぜた畑に牛糞、米ぬか、油かすを撒き、再び耕します。牛糞は土作りの為、米ぬか、油かすは元肥です。

家庭菜園 牛糞

 ちょっと各肥料の効果を確かめたかったので、実験的に畑①は米ぬかと油かすをまき、のみとし畑②は米ぬかを少々多めにまきました。分量は畑①は各肥料を一畝あたり小さいスコップで2杯。また畑②には米ぬかを大きなスコップで2杯蒔いておきました。まぁ「追肥」もありますしどういう結果になるかわかりませんが、一応記録しておきます。

※後日談となりますが畑②には後にキュウリを植えるのですが、うどんこ病の被害にあい、栽培途中で株を処分してしまい米糠効果の結果を確かめることはできませんでした。

 そして一畝だけカヤを敷いてみました。やはり竹のように硬いから弾力というかしなやかさがまったくありません・・・・(やはり失敗だったかしら?)と思いつつもビニール製のポリマルチよりは自然に優しいだろうと言い聞かせ一応作業完了。あまった萱は畝の脇に敷いておきました。

カヤのマルチング  また今週は先日購入した枝豆・ナス・キュウリ・ミニトマトの種をポットに蒔いてみました。うまく芽が出たら来週にでも畑に植えてみようと思ってます。仮にうまく芽が出なかった場合はホームセンターで苗を買ってこようかと思っていますが、種を蒔いてから植え替え適正時期までに要する日数は記録しておこうと思います。

種うえ ポット

 次の作業はガーデニング。先週に引き続き今週も枯れた木を一本引き抜いて柵にするべくノコギリで切っていきます。なぜ一度に全ての木を抜かないのか?といえば、か弱き乙女である私には体力的に一週間で一本が限界だから。おそらく先週の強烈な筋肉痛&ギックリ腰もノコギリ引きの作業のせいなのでは?と思っている次第でございます。 

ガーデニング 枯木

 切断した木はカヤを敷いた畝の上に並べ防虫の効果を狙って100倍に薄めた竹酢液を降りかけておきました(実際効果があるかどうかはわかりませんけど)。

 

 最後に引き抜いた枯木の跡に「ツバキ」の木を植えました。このツバキはお隣さんに生えているツバキの種が我が家の庭に落ちて発芽したものと推測されます。コンクリートの壁沿いにひっそりと生えていました。現在のままでは窮屈だとおもうので移植することにしました。ツバキは多少の日陰でも生長するそうなのであの場所にはピッタリだと思ったのです。

 

 時間を見ると午前9時。約2時間半の作業ですが、そろそろ腰をはじめとした体節々が悲鳴を上げてきましたので「作業終了 後片付け開始」。

 とそのとき「ikuちゃん」と斜め向かいに住むK婦人が声をかけてきました。子供さんが私の一学年下(すでに嫁がれてます)ですから年齢的には親子のような関係なのですが、どうやら先週から農作業をしている私の姿を見ていたようです。
 そして「私も野菜育てているからちょっと見に来て」と私を庭に招待してくれました。Kさんはレンガブロックを並べて枠を作り、その中に土を入れ野菜を栽培していました。面積的には今年私が耕した畑と同じくらいでしょうか?色々と話しているうちにインゲンと葉大根の種を頂いたので私はお礼に先週間違って購入した「地這いキュウリ」の種を進呈いたしました。またKさんは「野菜って以外とたくましいのよ」といいながら畑の枠外に生えていたパセリと大葉を無造作に引き抜き😱「これ去年植えたやつが今年も芽を出してきたの。ikuちゃんも植えてみて」と手渡されました。雑草のように引き抜いたのには少々驚いたのですが頂いた物ですから畑②の手前の少々空いているスペースに植え込んでおきました。

家庭菜園デビュー でございますわよ~

2017年5月13日。いよいよ我が人生における家庭菜園デビューの日であります。

本日は天気が予定よりも早く崩れ、午後には雨が降る予報となっていましたので、朝ご飯を食べてすぐに作業開始いたしました。

作業開始時間は午前7時。まずは畑を作る予定地にあるアジサイを移植。昨年植えたばかりだけあって、根自体はさほど伸びてなく穴もさほど大きく掘らなくても大丈夫だったのですが、出るわ出るわそこそこ育ったミミズが何匹も・・・何十年も草むしりしかしていない痩せた土地のはずなんですが、沢山住み着いているようです。

家庭菜園 ミミズ

 

アジサイの移植先の場所はなにもないところなのですが、穴を掘るとどの木から伸びてきたのかわかりませんが、直径2~3㎝ほどの根が網の目のように伸びていました。スコップでは切断しきれないので剪定ばさみを使用し切断。 アジサイを水決めという方法で移植。

家庭菜園 アジサイ

 

 次は畑の土作り。まず最初に鋤簾で表面の雑草を鋤取り、スコップで掘り返します。ここでも大きなミミズが何匹か姿を現します。私は痩せた土地だと思っているのですが、ミミズにとっては意外と住みやすいところだったのかもしれません。次に苦土石灰を目分量で蒔き(スコップ一杯100gで計算)、鍬で再び掘り起こし畝を生成し作業終了。かなり汗をかき、よい運動になりました。

家庭菜園 畝

 

 

次は畑②を耕します。ここは駐車場と接している為、小石が多く、スコップがなかなかはいっていきません。石を取り除きながら掘り起こし畑①と同じ作業を行います。

家庭菜園 土作り
この場所にはつる性の野菜を植えてみたいと思っているので物置で眠っていた園芸用の支柱で柵も作って見ました。高さ・幅が適当なのかどうかはよく分かりませんが、見栄えはなかなか良いのではと思っています。

家庭菜園 柵

ここまで来ると体が少々ガタついてきました。おもったより腰にきます。大した作業量ではないはずなんですが・・・・。

お次は庭の北側にあるを立ち枯れしてしまった木をとりあえず引き抜いてみました。枯れてしまっているせいか以外と簡単に引き抜けました。

引き抜いた木はノコギリで切断して丸太柵のように利用しようかな?と思っていたのですが、切断してみるとなにやら虫食いの跡がたくさん。「まさかシロアリじゃないでしょうね?」もしシロアリだったら我が家やご近所様にも悪影響がでますので、不本意ではありますが即薬剤&廃棄です。
木は根元にいくにしたがい乾いた音が(要するに中が空洞っぽい)。
半分くらいまで進むと正体が姿を現しました。「アリ」です。シロアリではないけどアリです。根元に巣を作ってそのまま枯れ木に巣穴をこしらえていたようなんですが・・・・シロアリ以外でも木に巣を作るアリっているんですね。

アリに食われた木 ガーデニング

いずれにせよ普通のアリみたいなので薬剤処置は保留。

倒木も意外と日本庭園にはあうので庭の片隅においておきました。15㎝間隔で切断した木もとりあえず保留で今後の対応を考えることにします。

以上が家庭菜園デビュー日の作業内容です。

作業終了時刻は10時30分。正味3時間30分の作業です。
なんとなく達成感があります。。。。がなんか体が変です。あちらこちらが痛いです。

作業を終了して1時間もすると体はガチガチ。日頃の運動不足がたたったのかどうやら軽いぎっくり腰も発生しているようです。この日は昼過ぎからビールを飲んで横になっていました(一応嫁入り前の女性なんですけど)。