割れたニンジン でございますわよ~

 2018年11月17日 この日は大根とニンジンを収穫し「ニシン漬け」を作ろうと思い、大根とニンジンを収穫したのでございますが・・・・・・大根はまぁ良しとして、ニンジンさんが無残に割れておりました。実自体は立派に成熟していますのでなんとか食べれないか?と思ったのでございますが熟慮の結果廃棄。この日は3株引き抜いてみましたが、結果2株が割れておりました。ニシン漬けに使用するのは1株だけでございますから用は足りたのでございますが、ニンジンさんが割れてしまった原因を早急に突き止める必要がありますわね~。ニンジン 割れる

 そんなわけでニンジンさんが割れてしまった原因を調べてみましたところ、「収穫時期の遅れ」と「水はけが悪く乾燥と過湿を繰り返す」が主な原因なようでございます。前者は収穫が極端に遅れた場合に発生しやすいそうで、種まき後110~130日が収穫適期であるのに対して私の場合は7月頭に種を蒔いておりますから現時点で120日ほど。さほど極端に収穫が遅れたというわけではないと思います。その一方で今回ニンジンを植えた所は前回の測量の結果もっとも低くて水が溜まりやすいところと判明した場所です。おそらく「水はけが悪く乾燥と過湿を繰り返す」が原因だったのでしょうね~。

 まぁ時期も時期でございますから11月18日の日曜日に残りの3株も引き抜いてみたところ、割れているニンジンはありませんでした。形・大きさも立派でスーパーで販売されているものと比べても遜色ありません。家庭菜園 ニンジン またお味のほうはといいますと・・・・・生で食べてもほんのりと甘さを感じるような美味しさでございます。「こっこれはいけますわね」正直ニンジンはあまり好きではないのでございますが、これなら私でもいけます。ニンジンさんは来年もトライしてみましょう。ただあまり沢山育てても余してしまうので同じ時期に種を蒔く白菜さんあたりと一緒に育ててみたいと思いますわ。

PS:ニンジンさんは後日お味噌汁の具や煮物に使用してみたのでございますが、ビックリするほど柔らかくホクホクしており、ニンジン特有のえぐみのような食感も無く美味しく頂くことができましたわよ。

ニンジンが無い! でございますわよ~

 2018年8月1日 水曜日。

 2018年も8月に入り私の住む北日本もいよいよ夏祭り本番の季節となり、練習でもしているのか近所からはお囃子の音も聞こえてきます。そんな日本の夏真っ盛りの早朝、我が家の畑で「異常」を発見してしまいました。

 それはニンジン。ニンニクを収穫した後に種を蒔き、先日間引きをしたのですが・・・・・・本日畑を見てみると半分ほどきれいさっぱりと無くなっておりました。根元から株ごと無くなっており、ネキリムシさん達の仕業ではないようです。

家庭菜園 ニンジン 無くなる
分かりにくいですが上の赤線で囲まれた部分にはニンジンの株があり、下の青線で囲まれた部分はニンジンが無くなっています。

 鳥さん達の仕業かしら?と思ったのですが、ニンジンといってもまだ幼苗で根も肥大していない状態で鳥が株ごと食べる事などあるのでしょうか?

 なにやらキツネにつままれたような気分となり遠くお江戸の地にいる師匠達に聞いてみたところ「カラスの仕業で間違いない」との事でございました。

 ただ日中も家にいる母に確認しても雀は毎日飛んできて騒いでいくけど庭でカラスの姿は見たことがないとのこと。

「雀さん達が引っこ抜いていったのかしら?」

 いずれにせよ犯人は鳥さん達である可能性が濃厚なので、次回(おそらく来年)からニンジンの種を蒔く時は「防鳥ネット」のようなものをかぶせて養生した方がよさそうでございますわね。

 また1つ物事を覚え賢くなったような気のするikuでございました。

玉ねぎとニンニクの収穫 でございますわよ

2018年6月23日 土曜日

 本日ニンニクと玉ねぎの収穫を決行いたしました。タマネギは2週間程前から葉が倒れたものを随時収穫しておりましたが、今朝畑をみるとほとんどの株で葉が倒れておりましたので適期と判断いたしました。玉ねぎ ニンニク 収穫

 またニンニクも若干早いように感じましたがついでに収穫いたしました。先日仕事の用事で遠出したときほとんどの畑でニンニクが収穫済みとなっておりましたし天気も晴天が続いていたので収穫したというわけです。玉ねぎ ニンニク 収穫

 なお先日試しに収穫したニンニクも料理に使ってみたのですが、流石に味の良し悪しの判断は難しいところですが、香りは素晴らしく・・・・というよりもの凄く強烈で、朝方ニンニクの皮を剥いたのですが、指先についた臭いが翌日まで取れませんでした。もちろん何度もちゃんと手は洗ってますし、ネイルのお手入れもちゃんとしておりますわよ(ちゃんと爪は切っているということです)。 

 ニンニクと玉ねぎの総括については別途ブログでご紹介したいと思いますが、味、香りは共に文句なし。ただしサイズはほとんど・・・・というか全てがSサイズですし、今まで店頭でみたことが無いような小さいサイズも1/3ほどございました。

 けど一年目にしては合格点なのではないでしょうか?ニンニクはあと1週間ほど収穫を遅らせてもよかったようにも思えますが、来週後半は長雨の予報なので乾いた状態で収穫しなければならない事を考慮すると本日収穫して正解だったと思います。

 さて玉ねぎとニンニクを収穫した後には間髪入れず余っているネギの苗とニンジンの為を蒔いておきました。ネギの苗は余っており処分するのも気が引けるので植えたわけで、これでも余った苗は涙をのんで庭の片隅に置いておきました。「世の中生まれてこなければいい命なんてないのに・・・・・ネギさん達ごめんなさい」

 ニンジンは先日種苗店でブラブラしていた時、初老の女性が店員さんに「玉ねぎを収穫した後、畑になにか植えたいんだけど、おすすめはあるかしら?」と聞いていたので盗み聞きをしてしまったのでございます。

 この時の店員さんの答えが「ニンジンなんかタイミング的にピッタリですよ。あと白菜とか・・・あ~けどニンジンの方がいいかもしれませんね~」というもの。

「なるほど・・・・玉ねぎの後にはニンジンね」また1つ物事を覚え賢く成長したような気がするikuでございます。

 そんなわけで店員さんがすすめていたニンジンの種を購入し、本日植えたというわけです。

 今回玉ねぎとニンニクの収穫を終え、大体の時期が分かってきましたので今後の菜園計画も少々練り直ししていきたいと思いますわ。

 だって私今年の初めに立てた計画は玉ねぎやニンニクを収穫した後にナスやキュウリを植えようと考えていたのですよ。無知とは恐ろしいもので今から考えると無謀な計画でございましたわ。