クサカゲロウとアブラムシ でございますわよ~

 家庭菜園3年目の7月。なかなか太陽が姿を見せてくれる日がないのでございますが、我が家の野菜達は一応順調に成長してきております。

 なかでも2年連続で失敗したナスは今年は絶好調の勢いで成長しております。そして例のごとくアブラムシさんも至る処でこの世の春を謳歌しております。

 一応自家製農薬夏バージョンを毎日吹きかけて、ひどい所は刷毛で拭き取っているのでございますがアブラムシの姿は一向にいなくなりません。おまけにトウモロコシの穂にもナスやオクラに発生しているアブラムシより一回り大きく黒っぽいアブラムシが大量発生しており、こちらはすでに手が付けられない状態でしたのでホースシャワーで水を吹きかけきれいさっぱりとおさらばしていただきました。少々グロテスクでしたので写真は撮ってないのでございますが、おそらくこちらで紹介しているムギクビレアブラムシで間違いないと思います。

 このように日々アブラムシさん達と戦い続けている私でございますが、最近は可愛らしい味方も姿を現すようになってきまして、先日自家製農薬をオクラに吹きかけたところ、いきなりボトっとクサカゲロウさんが葉の上に落ちてきました。クサカゲロウ

 そのクサカゲロウさんは一生懸命自分の顔を手足でこすっておりましたが、唐辛子焼酎の威力は私自身身をもって体験しておりますのでクサカゲロウさんには悪いことをしちゃったなぁ~と反省しているところでございます。他にもクサカゲロウさんの卵も見つけましたし、まだ模様の無い若々しいテントウムシさんも数匹見つけてしまいました。いずれもアブラムシさんが大好物の面々でございます。今年はキュウリやオクラをプランターで育てているせいか、アブラムシさんのお友達でテントウムシさんやクサカゲロウさん達に意地悪するアリさん達の姿がまばらなような気がいたします。この為テントウムシさんやクサカゲロウさん達が多く姿を見せるようになったのかもしれませんね。プランターって意外な活用法があるのでございますわね~。

クサカゲロウの卵
クサカゲロウの卵

 まぁこのように今年もアブラムシさんは発生しているのでございますが、直接的な被害は出ておりませんし、テントウムシさんやクサカゲロウさん達も応援に駆けつけてくれてますから、ここしばらくは自家製農薬の使用を少々控えてみようと思いますわ。

オクラの季節も終わりかしら?

 2018年の春に何気なく購入したオクラの苗はプランターに植えてその後は放置状態だったのでございますが、7月に入ってからぐんぐん成長し始め、9月末頃までほぼ1週間おきに美味しい実を実らせてくれました。オクラ プランター

 8月に入ってから原因不明の病害虫に悩まされましたが、オクラ 赤紫蘇 病気それでも定期的に収穫できて、私的には2018年度家庭菜園における大成功の野菜のひとつでございました。そんなわけで来年もオクラはプランターで育てようと思っているのでございます。

 さてそんなオクラさんも寒さには勝てないのか9月に入ってからは収穫回数も減ってきたのでikuちゃん特製の手作り温室の中にいれて様子をみていたのでございますが、先日ご紹介したように温室の中はアブラムシさん達にとっても天国だったようで、気がついたらアブラムシ&葉ダニが大発生しておりあわてて駆除したのが先週の10月21日のお話でございます。

 その後アブラムシさん達の姿はほとんど見なくなったのでございますが、それでもオクラさんの成長はいまいちで1週間程前から咲きつつある花も未だに開花しておりません。オクラ 温室 夏場ならあっという間に綺麗な花を咲かせてくれていたのでございますが、温室の中とはいえ隙間だらけでございますからオクラさんにとっては厳しい季節になってきたのかもしれません。2018年はこのまま様子を見て記録を残し、来年のオクラさんの栽培に生かしたいと思いますわ。

 

 

オクラの季節もおしまいね でございますわよ~

 2018年10月27日。なんちゃって温室の中に入れてあるオクラさん。つぼみからなかなか開花しないわね~と思っておりましたら、黒っぽく変色しております。オクラ オクラさんは元々温かい気候を好むお野菜。隙間だらけのなんちゃって温室では冬も近づく東北の秋には耐えられなかったようでございます。すでに成っている実も全然大きくなってませんしオクラの季節もお終いのようでございますわね~。今年は色々楽しませてくれたオクラさん。来年も育てる予定でございますから、早めに温室の中にいれて長く収穫を楽しむようにしたいと思いますわ。

PS:10月27日時点で新たなつぼみが出ていたので「もう1週間だけ」と思い様子を見ていたのでございますが、11月3日に確認したところ、この新たなつぼみも黒く変色してしまったので、株を刈り取り今年のオクラさんはお終いとすることにいたしました。

 今年1年色々有り難うねオクラさん・・・・・・・。貴方のことは忘れないわ・・・・・。そして来年もまたお会いしましょうね。

 

 

アブラムシが湧いてました でございますわよ~

 2018年度。プランターで育てていたオクラはなんだかんだで立派な実を長い期間定期的に実らせてくれました。10月に入り気温が低くなってからも花を咲かせていたので私がこしらえたなんちゃって温室の中に入れておいたのでございますが・・・・・・・。オクラ 家庭菜園 10月20日の土曜日。「最近元気ないわね~。やっぱり私の手作り温室じゃ無理があるのかしら・・・・」と何気なくビニール越しにオクラさんを眺めてみると、なにやら小さい点々が見えます。ひょっとして・・・・・と思いビニールハウスから取り出して確認してみると、やはりアブラムシさんでございました。ダニのようなものも確認できます。

 野外の植物は枯れ始め、アブラムシさん達も姿を消していたのでございますが、温室の中はやはり外に比べ気温が暖かく風雨も防いでくれるので天国だったのでございましょう、アブラムシさんやダニさん達がわんさかと湧いておりました。私オクラさんの元気が無いのは秋になって気温が低くなってきたからだと思っていたのでございますが、原因はアブラムシさん達だったようでございます。

「こっこれって、私の手作り温室の中は暖かいって証拠でございますわよね」と一瞬嬉しく思ったのでございますが、よく考えてみると浮かれている場合ではなく、やはりアブラムシさんは退治しなければなりません。2株あるうちの片方はアブラムシの影響かすでに枯れ始めていましたので刈り取り焼却処分いたしました。

 残りの一株はホースシャワーの流水でアブラムシさん達を吹き飛ばした後に唐辛子焼酎+お酢+アーリーセーフの混合液(水で薄めてあります)をスプレーしておきました。

 アブラムシさんは1匹でも残っていると再び増え始めるので手作りの自家製農薬では完全除去は難しいのでございますが、過去の経験からするととりあえず1週間は大丈夫でございましょう。オクラさんは一晩外に置き夜の冷気にあててアブラムシさん達にトドメの一撃を食らわした後に再び自家製温室の中に入れておこうと思いますわ。