2018年度 種まき でございますわよ~

 2018年6月1日 金曜日。

 家庭菜園2年目の6月初日でございます。

 本ブログでは報告してませんでしたが、先週の20日 日曜日はポットにだだちゃ豆(茶豆)とナスの種を蒔きました。去年のだだちゃ豆は発芽率が50%ほどで、発芽した豆もほとんがカビに犯され結局収穫までこぎ着けたのは一株のみという燦々たる結果に終わっています。ナスも去年はなかなか発芽せず、やっと芽を出したのが6月中旬。その後畑に植えましたが結局夏までに十分に成長することができず収穫はゼロでございました。

 畑③のスペースが使用出来ない現状では栽培する野菜の種類も限られています。そこで今年はあえて去年失敗しただだちゃ豆とナスを育てる事といたしました。

 種は去年の余ったものを冷蔵庫で保管していましたから、それを使用しました。そして去年失敗した原因は温度にあるとにらんだ私は、今年は育苗箱の下に電熱マットを敷いて保温することといたしました。

 んでもって結果は?といいますと、まずはだだちゃ豆は種を蒔いて3日後には発芽いたしました。発芽率は85%ほど。発芽した豆 冷蔵庫に保管しておけば1年たった種でもちゃんと発芽するのでございますわね~。少々感動致しました。そして発芽が早かった為か、カビに犯されている部分はごく僅か。成長を阻害するほどひどい被害を受けている株は皆無でございました。去年は温度が低かったのでなかなか発芽せず、やっと発芽したと思ったらほとんどがカビに侵され全滅状態だったのですが今年は完璧でございました。その後1ポット2株となるように間引き今は畑に植えるタイミングを見計らっている状況でございます。

 去年は双葉部分をナメクジに食べられて枯れてしまった株があったので、今年は双葉が萎れた状態まで成長したら畑に植えようと思っております。

 お次はナス。

 大成功のだだちゃ豆とは異なりナスはなかなか発芽いたしません。去年と同じような状況でございます。1年間冷蔵庫にしまっておいたのも理由の1つだと思いますが、6月時点で発芽してないということは、今後発芽しても多分夏までに収穫できるほど成長するのは難しいと思います。畑に植える事ができる株数も限られていますので、来年はナスは種ではなく苗を購入して育てようと思いますわ。

 お次は自然薯。

 自然薯もエンジンがかかったようにムクムクと元気に育っておりますが、ムカゴから育てた自然薯の背丈が数センチなのに対して15年ほど前から庭に植えてある自然薯はすでに30㎝ほど伸びております。自然薯 15年物は地中部分の芋から栄養をもらっているから生長が早いのでしょうね~。相当立派な自然薯でできあがっているのは間違いないと思うのですが、堀上げるのは多分不可能なので、こちらはムカゴ製造用として使用していきたいと思いますわ。

 以上。2018年度 種まきの結果報告でございました。

 今回の経験と反省を踏まえ来年種から育てるのは米、生姜、枝豆そしてネギの4種類にしてあとは苗を購入するようにいたしたいと思いますわ。あと6月に入り気温が上昇してからも夜の保温は怠けずに行いたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました