ヨトウムシとナメクジ でございますわよ~

 2018年6月17日 日曜日。

 本日は毎週恒例の農作業の日でございます。とはいえ中休みといいますか、特にやることもないので運動がてら庭の草むしりを行っておりました。気温が上昇してきたせいでしょうか小さいイモムシやナメクジさん達の姿が多くみられます。

 人間慣れとは怖いもので、去年まで「キャーキャー」言いながら割り箸で摘まんでいたイモムシも体調1㎝未満の小さな個体についてはゴム手袋をはめている状態ではなんとか触れるようになりました。ただナメクジはまだ無理でございますし、草むしりの最中に突然巨大なミミズなどが姿を現した日には思わず「ぬわ!?」と訳の分からない声が出てしまったり、尻餅をついてしまったりしてしまいます。

 ナメクジについては庭のナメクジが好みそうな場所に大きめの石をいくつか置き、毎週ひっくり返してチェックしております。5月のGW明けにナメクジさん達の姿が多数確認されたのでナメトールを蒔いたのですが、以後ナメクジさん達の姿は1~2匹程度しか確認できませんでした。ところが本日確認してみると7匹ほど確認。しかも以前は普通のナメクジが大半だったのが、今回はほとんどがチャコウラナメクジさんです。去年同様、最初は普通のナメクジが発生し暑くなるにつれチャコウラナメクジの割合が多くなってきています。

 今年は去年と違い野菜をポットで十分な大きさになるまでそだてて畑に植えましたので、今のところナメクジの被害は出ていませんが、相手が大食漢のチャコウラナメクジさんに選手交代すると新たな被害が発生するかもしれません。

 「今年もナメクジさん達との熱い戦いが始まるわね・・・・・・・」この日もナメクジ対策でナメトールを庭に蒔いておきましたが、今後定期的に蒔いていこうと思います。

 さて色々野菜をチェックしておりますと今度は小さな卵の固まりを発見。卵はブロッコリーの葉の裏に付いております。ヨトウムシの卵 「なんの卵でございましょう?」疑問に思いながら別の葉の裏側を見てみると・・・・・こちらは半分近くが孵化しており、小さい小さい糸くずのようなイモムシが葉を食べておりました。「・・・・・間違いなく害虫の卵ですわね💢」

 後で調べてみるとヨトウムシの卵でほぼ間違いないようです。まだ小さいうちに対策を施しておくのが1番。本日は有機農業に使える安全な農薬STゼンターリを散布しておきました。

 6月も中旬すぎとなるとナメクジやヨトウムシが活発化してくるようでございます。また1つ賢くなり成長したような気のするikuちゃんでございました。

 あとヨトウムシの卵や生まれたばかりの幼虫の食害跡なども分かったのも大きな収穫でございましたわ。オホホホホホ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です