2018年7月最終日 でございますわよ~

 2018年7月31日 火曜日。

 2018年の7月は西日本を中心に「記録的大雨(西日本豪雨災害)」「命にかかわる暑さ」「真逆の進路ですすむ台風(台風12号)」と異常気象が目立ちましたが、私の住んでいる地域は7月も後半となりやっと30度前後の気温になるなど比較的穏やかにすぎていったと思います。もっとも私の住む北日本は9月以降からよく災害が発生しますので安心はできませんけど。

 さて7月も最後となって今月を振り返ってみると今まで収穫したのがトマト3個とナスが2個。

 少々少ないような気がいたしますが、私的には満足でございます。特にトマトは今年始めての挑戦でしたが(注:去年はフルーツトマトを購入してしまったので大玉トマトは今年が初となります)立派な実が成り、味もフルーティでまさに家庭菜園の醍醐味!と言っても過言ではない味でございました。トマトの収穫

 その一方でイマイチなのがナスでございまして、前半のアブラムシ攻撃が効いたのか株はなかなか大きくならず、2個ほど収穫した実も少々固めで「・・・・・・」って感じでございます。ナスは収穫後、新たな花が見当たらなかったので一株だけ「強剪定(暑い時期に思い切って剪定する事により、株を元気にさせる方法)」しておきました。

 その他の野菜は里芋、枝豆が絶好調。生姜は目立った成長は確認できず、ユウガオは元気に葉茎を伸ばしていますが、未だ結実するようすは確認できずといった感じです。

 ネギは連日ナメクジの被害を受けております。正直「ナメクジさんってこんなにネギが大好きだったの~」と驚くほど毎日現行犯逮捕しております。

 去年は真夏になるとナメクジさんの姿はほとんど見られなくなったのですが、今年はよく見かけます(ネギ畑で)もっとも今年よく見かけるは日本固有種の方で去年私と熱戦を繰り広げたチャコウラナメクジさんはあまり見かけず、去年とは真逆の現象となっております。在来種のナメクジさんは毎日顔を見かけるものでございますから、最近は愛着を覚えるほどでございますわよ(チャコウラナメクジさんは未だ持って苦手でございます)。家庭菜園 ナメクジ

 先日水抜きを失敗した稲は萎れた葉はそのまま枯れてしまいましたが、新たな葉が伸びてきて元気を取り戻しつつあります。とはいえ以前ほど生気は感じられず、他所様の田んぼでは出穂しているのに我が家の稲はまだ出穂しておりません。

 夏の短い北日本ではお盆がすぎればもう秋でございます。庭先では小さいコオロギの姿が見られるようになりました。ホームセンターではニンニクや玉ねぎの種が店頭に並び始めております。2018年夏野菜も終盤戦。そろそろ秋野菜にむけて準備していかないといけませんわね。

 最後に7月当初と7月末の我が家の畑の光景をご覧遊ばせ。

7月頭家庭菜園 2018年 7月頭

7月末2018年7月末 家庭菜園 ブログ

7月頭2018年7月 家庭菜園記録7月末2018年7月 家庭菜園ブログ7月頭2018年7月 家庭菜園ブログ7月末2018年7月 家庭菜園 ブログ

 以上でございます。カメラのアングルが同じでなく分かりにくいのが今後の改善点でございますわね~。まぁ写真に残すのが1番確実で分かりやすい記録ですから、今後も1ヶ月毎に全体写真を撮影していきたいと思いますわ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です