家庭菜園ブログ 2018年9月第2週 でございますわよ~

 2018年9月8日 土曜日

 1週間ほど前に蒔いたほうれん草の種が完全に出そろいました。発芽率はほぼ100%といった所でしょうかikuちゃん大満足でございます。発芽した ほうれん草

 先週こしらえた自家製水耕栽培セット。一応ネットに書いてあったとおり作ってみたのでございますが、どう考えてもパーミキュライトは不要な気がしましたので、取り除き様子を見ることにいたしました。試験的に植えた万能ネギは今のところ枯れてはいませんが、葉の色が薄いような気がいたしますし、成長も止まっている感じでございます。コップの底を見てみると根は伸びているので一応水耕栽培セットとしては機能しているようでございます。今回は液肥を4000倍に薄めて使用していますが、来週水を交換するときは濃度を2000倍まで高めて様子を見てみようと思いますわ。水耕栽培

 夏以降成長著しい里芋。家庭菜園 里芋 芽出しの段階で大失敗を繰り返しただけあって、今の姿は感慨深いものがございます。収穫まではあと1ヶ月半ほど。大切に見守っていかなくては・・・と思っていた矢先に見つけましたわよ!葉の裏側に産み付けられたた卵塊。初夏にオクラの葉に産み付けられていたヨトウムシの卵塊にそっくりでございます。ヨトウムシ 卵

 見れば一個所だけではありません。4~5個所に産み付けられております。早速駆除・・と思いましたが位置的に葉の中心部に産み付けられておりハサミで切断するのもなかなか難しく、かといって大きな葉をそのまま除去するのもナンセンスでございますし・・・・考えた末トーチバーナーで炙ってみました。トーチバーナーならピンポイントで焼く事ができるのでよいのではと思ったのでございます。これで様子を見て里芋に悪影響が出ないようであれば今後もトーチバーナーを使用していきたいと思いますわ。

 枝豆の畝に種をまいた大根。一時期は日照不足により成長阻害が危惧されましたが、枝豆を収穫し日が当たるようになってからはグングン成長して本日最後の間引きをいたしました。去年は10月近くになってからネキリムシの被害に悩まされましたので、STゼンターリの散布をこまめに行っていきたいと思いますわ。

 先週大根の畝に埋めたアサツキも芽を出してきました。

 

 9月9日(日)

 本日は朝から雨の予報でしたので農作業は中止でございます。昼間は所用を済ませ遅ればせながら台風21号及び北海道胆振東部地震の義援金を寄付してきましたわよ。

 

 9月10日(月)

 日本列島は北陸から東北にかけて秋雨前線がかかり朝から大雨となっております。一雨ごとに秋の近づきを感じるこの頃でございます。

 

9月11日(火)

 ここ数日お仕事が大変ハードでしたので、本日は定時に仕事を切り上げ帰宅。去年の記録を見てみると9月中旬頃からネキリムシの被害に悩まされておりましたし、先日里芋の葉に卵塊が複数産み付けられていた事もあり、平日ではありましたが帰宅後STゼンターリを散布しておきました。散布中に気がついたのでございますが、今年は色々活躍してくれた赤紫蘇の葉が葉脈を残していくつか食べられておりました。紫蘇の葉 ヨトウムシの仕業でございましょうか?念のため根元を割り箸でホジホジしてみましたが姿は確認できず。去年も何度かホジホジしてやっと逮捕しておりますので、今回も毎朝割り箸でホジホジして根気強く犯人捜しをしていきたいと思いますわ。

 

9月12日(水)

 今朝も赤紫蘇の根元をホジホジして犯人捜しをしましたがヨトウムシの類いは見つからず。ひょっとしたら先週散布したSTゼンターリが効いてすでに土に還っているのかもしれませんわね。いずれにせよ去年は9月中旬以降にネキリムシとタッグを組んで大きな被害が発生しましたから要経過観察でございますわね。

 また本日は比較的風が強かったのでございますが、帰宅して庭をチェックしてみると水耕栽培のコップが横倒しになっていたほか、稲にかぶせてあった防鳥ネットが支柱ごと倒れておりました。大きな被害はなかったのでございますが、ここらへんはまだまだ工夫していかなければなりませんわね。水耕栽培 葱

 

9月13日(木)

 本日他所様の田んぼを間近で見る機会があったのでございますが、 稲が登熟期に入ったのか全ての田んぼで水が抜かれた状態になっておりました。稲 登熟期 私は夏場に中干しという水を抜く作業で失敗しているので、水を抜くのは少々抵抗があるのでございますが、いつまでも水を入れっぱなしにしておくわけにはいきませんので明日から樽に水を注ぐのは控えて徐々に土を乾かせていきたいと思います。

 あと他所様の稲はきれいに稲穂が実っておりましたが、私が育てたバケツ稲はいもち病にやられ少々見苦しいお姿。まぁ今年は来年も稲栽培を楽しめる分のお米が収穫できればよしとしましょう。来年は温度調節が可能なヨーグルトメーカーも購入したことですし種籾をちゃんとお湯で消毒殺菌し、今年一定の効果があったと思われる石灰散布をいもち病が発生する直前の7月中旬頃に行うなど工夫していきたいと思いますわ。

 

9月14日(金)

 早朝の庭チェックでオクラを収穫。オクラさんって本当に長い期間収穫できるから便利ですね。プランターで育てると地植えより成長がイマイチの野菜が多いなかオクラさんはプランターでも元気でございますし花も綺麗でございます。私ファンになってしまいましたわ。来年もプランターでオクラさんを育てますことよ。

 日中、外回りの仕事中にカーラジオを聞いていると「田んぼの稲穂も黄色く色づきいよいよ秋本番となってきました」という声が。稲刈りシーズンもあとわずかでやってまいります。我が家のバケツ栽培の稲は昨日から登熟させるために注水作業をやめました。以前のように一気に枯れてしまうような事がなければよいのでございますが、少々気になります。

 以上 2018年9月第2週の家庭菜園記録でございました。秋も深まってきましたが相変わらず心安まることのないikuでございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です