ナメクジ大戦 2018年秋編 でございますわよ~

 家庭菜園デビューした2017年。まず最初に私の心を挫いてくれた忘れられない方がナメクジさん。春に枝豆、キュウリの苗を食べ尽くし、夏には自家製堆肥に大量発生し、秋にはナスの実に大きな穴を空けてくれました。ナス 食害 去年は何匹ナメクジさんを現行犯逮捕したか覚えてないほど捕獲いたしました。おかげさまで以前はナメクジさんの姿を見ただけで悲鳴をあげていた私でございますが、今では軍手をしたうえではございますが割り箸で摘まめるようになりました。人間慣れとは怖いものでございます。

 そんなわけで2018年は定期的にナメトールを庭に蒔いていたのでございますが春先にナメクジさんのお姿はほとんど見かけず、特にチャコウラナメクジさんにいたっては皆無の状態でございました。

 それで安心していたのでございますが、お盆をすぎて異変が起き始めます。まず最初の異変はネギ。今年初めて植えたネギに日本固執種の方のナメクジさんが取り憑きはじめました。その数は多い時で1本の葉に4~5匹ほど。ネギ ナメクジ よっぽどネギの葉が好きなのか逮捕しても翌朝見てみると別の個体が取り憑いている状態で枯れてしまった株もあるほどでございます。

 10月に入りナメクジさんの姿も少なくなってきたのでございますが、考えてみるに2017年にチャコウラナメクジさんが大量に姿を現し、今年は日本固有種の方が大量に姿を現したのはやはりナメトールのせいかな?と思うのでございます。つまり大型で競争力のあるチャコウラナメクジが私が蒔いたナメトールに飛びつき数を減らし、結果今まで隅っこに追いやられていた小型の日本固執種のナメクジさんが勢力を盛り返した。とまぁこんな感じに考えておりました。

 そんなある日。私見てしまったのでございます。忘れもしない10月14日の朝。庭先の石にへばりついているチャコウラナメクジさんを・・・・・私はじめは遠目に見ていたので大型のミミズかコオロギかしら?と思ったのでございますが、近づいて確認するとおっきなチャコウラナメクジさんでございました。

 不意に去年の悪夢がよみがえり、庭中の石をひっくり返してみると・・・・・・・2017年に比べ数こそ少ないものの丸々と太った大きなチャコウラナメクジさん しっかりと隠れておりました。チャコウラナメクジ おまけに卵らしきものまで発見。

 ナメトールといえども万能ではございませんから、定期的に監視、駆除していかないとダメみたいでございますわね。良い勉強になりましたことよ。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました