花菜の収穫 でございますわよ~

 2018年11月23日。この日は北日本を中心に初雪となった所が多く、私が住んでいる地域でも朝起きてみると雪が積もっており「おったまげ~」な状態となっておりました。はっきり言って休日で助かった方も多かったのではないでしょうか?2018年 初雪

 さて現在庭に植えているお野菜のうち、花菜が先週からつぼみを膨らませてきており、今回の雪でこれ以上の成長も見込めないと判断し半分ほど収穫することといたしました。

 本来はつぼみの先端が黄色くなった頃が収穫適期なのだそうでございますが、私の畑の花菜は未だつぼみすらできてない株もあり、種まきの時期が若干遅かったようでございます。

 種を蒔いたのは玉ねぎやニンニクの苗を植えたのと同じ10月上旬でしたから、来年も栽培するのであれば9月上旬辺りに種を蒔くようにしたいと思います。もっとも種の入っていた袋の説明書きでは冬も枯れずに収穫できるような事が記載されていましたので焦らずに春まで様子はみるつもりでございますけどね。

 さて話を元に戻しまして、花菜はつぼみと若葉を食べるお野菜でございますが、今回つぼみはひとつしか成ってなく若葉がメインの収穫と相成りました。

 若葉を収穫している時に気になったのが葉の裏に付いていた白い虫の卵のようなもの。アブラナ 卵 以外と沢山の葉に付いており水で洗い流しても落ちませんでした。酷いものは当然のごとく除却しましたし、湯がいて食べるので仮に葉に付いたままでも害は無いと思うのですがあまり気分の良いものではございません。幸い白い卵のようなものが付いているのは下の方の葉が中心で、つぼみや若葉にはあまりついてなかったので念入りに選別いたしました。

 さて収穫した花菜でございますが、軽く塩ゆでして頂きましたところ・・・・・・・つぼみはほのかな苦みがありまさに春に食べる菜の花のお味でございました。美味しいのでございますが個人的に秋ではなく春に食べるお野菜のような気がいたします。残りの株は放置しておけば春につぼみをつけてくれるのでしょうか?

 そして若葉のお味でございますが・・・・・以外といけます。いえ普通に食べれます。調理方法次第ではもっと美味しく頂く事ができるのではないでしょうか?

 色々手探り状態で育てた今年の花菜。来年の春まで育て、また再チャレンジしてみようと思いますわよ!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です