浅すぎたカブ でございますわよ~

 2018年10月の頭に植えたカブ。2ヶ月が経過した12月2日時点でどのような状況になっているかというとごらんの通り。家庭菜園 カブ

 カブの大分部が地上部分に出てきてしまっております。これはズバリ種を蒔く時に浅すぎたのでございましょうね~。それに12月に入ったというのにカブ自体が小さすぎます。去年育てたカブも小さかったのでございますが、今年は更に小さい状態。これはズバリ種を蒔く時期が遅かったのでございましょう。記録を紐解いてゆくと去年は9月に種を蒔いております。それでも小さかったわけでございますから来年は大根と同じ時期、8月頭辺りに種を蒔いてみようと思いますわ。それと種を蒔く時はちゃんと所定の深さまで掘って植えたいと思います。今年のカブ栽培もいまいちな結果に終わりましたが原因はズバリと分かりましたので、来年はズバリ成功させたいと思いますわ。オホホホホ。

 なお今年度のカブはこのまま植えたままにして様子を見ることにいたしました。なんでもカブさんは氷点下の気温にも耐えられるのだとか流石に冬を越すのは難しいかもしれませんが何事もものは試しでございます。

 カブさん達。今年は種を遅く植えた上に浅く植えてしまい、挙げ句の果てに寒空のした収穫せずに放置状態となってしまいますけど勘弁して下さいまし。今年の失敗と経験を踏まえ来年は立派に育て上げてみせますから。

 PS:約1週間後に雪が降りカブさん達も雪の下に埋もれてしまったのでございますが大丈夫でございましょうか???雪に埋もれた畑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です