今年の農薬について でございますわよ~

 2019年2月16日。何気なくホームセンターを覗いてみましたら、ジャガイモの種芋が店頭に並び、各野菜の種の種類も若干増えたような気が致します。ミョウガや長芋の芽もチラホラ見かけるようになりました。

 季節はまだ冬でございますが、確実に今年後の農作業シーズンは近づいてきておりますわ。

 ikuちゃん3年目の家庭菜園 決戦近しでございます。

 さて家庭菜園を行うにあたり避けて通れないのが農薬でございます。今年使用する農薬は、従前通り天然由来の安全なものを使用していきたいと思っております。その上で去年、おととしとナメクジさんには苦杯をなめさせられましたので今年はナメクジ対策に力を入れて自家製農薬をチョイスしていきたいと思っておりますわ。

 具体的には従前まで使用していた「ナメトール」は今年も使用するとして、今年はナメクジが嫌う銅が主成分のサンボルドー(有機栽培に使用可能な殺菌剤です)、強アルカリ性の石灰水、さらにナメクジに対して駆除能力があるとされる「お茶」。これらの混合液を使用してみたいと思いますわ。専門家の方の論文のようなものを読んでみると「お茶」や「コーヒー」の含まれるカフェインがナメクジさんは苦手なようで実際にカフェインを散布した土壌のナメクジの生息密度は下がったのだそうです。

 ですから安いお茶っ葉を買ってきて、濃いめのお茶をこしらえ、そのお茶に石灰を投入し1週間ほどおいたものにサンボルドーを混ぜて殺菌剤 兼 ナメクジ駆除剤として使用してみたいと考えております。

 お茶や石灰水は殺菌、防虫の効果も期待できると思いますので効果のほどが今から楽しみでございますわよ~オ~ホホホホホ。

 あとイモムシ対策&うどんこ病対策に「カリグリーン」+「STゼンターリ」の混合液を(共に有機農業に使用可能な安全な農薬です)を応急対策用に度数47度アルコールに唐辛子を漬け込んだもの加えた「唐辛子焼酎」も作っておこうと思っております。無農薬農薬

 唐辛子を漬け込んだアルコールはお酢や木酢液、アーリーセーフ(天然由来成分の安全な農薬です)などと混ぜて霧吹きに入れ畑仕事中常に持ち歩き、害虫さんを達を見かけたら即座に「シュ~」とします。ちなみにいずれも酸性の液体です。そこらへんもちゃんと考えているのでございますわよ。

 アーリーセーフは去年ナスで薬害が確認されたのでナスの収穫が一段落する秋口から使用し、タール分が含まれる木酢液は春から初夏にかけて使用し、収穫時期を迎える前には使用を控えようと思っております。

 

 以上長くなりましたが今年の農薬計画は以下のとおりでございますわよ~

STゼンターリ+カリグリーン  アオムシ・イモムシ・うどんこ病対策に用い月2回ほど散布。

サンボルドー+石灰水+お茶 ナメクジ・殺菌予防対策に用い月2回ほど散布。強アルカリ性の農薬でございます。

唐辛子焼酎+お酢+木酢液 常時携帯し、害虫を見つけ次第ピンポイントで散布。春から初夏にかけて使用。

唐辛子焼酎+お酢+アーリーセーフ 常時携帯し、害虫を見つけ次第ピンポイントで散布。秋に使用。

 今年の農薬も自然に優しい安全な農薬を使用するよう心がけたいと思いますわ。オホホホホ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です