菌の黒汁で堆肥作り でございますわよ~

 2018年度における堆肥作りの仕上がりは、土を耕しはじめる4月中旬頃に確認予定でございますが、少々気になったので3月17日に表面の土をスコップで掘り分けて確認してみたところ・・・・・堆肥というよりは腐っているといった表現がピッタリの状況でございました(写真は自主規制させていただきます)。流石に自家製コンポストの底の方は分解されて堆肥化していると思うのでございますが、あまり好ましい状況ではありません。

 そこで私が目をつけたのが「菌の黒汁」という商品でございます。単純にいえば植物に有益な細菌が含まれている液体で、畑に散布することにより細菌が有機物を分解して土がフカフカとなり連作障害も防げるのだとか。

 堆肥作りにも使用できるということで以前から気にはなっていたのでございますが、この度自家製堆肥作りを成功させるために購入してみました。菌の黒汁

 さてこの菌の黒汁、黒汁というからには墨汁のような黒さを予想していたのでございますが、現物は若干茶色がかったほぼ透明の液体。無臭ですが少々ベトつきます。

菌の黒汁
500倍に薄めた菌の黒汁

 この菌の黒汁を500倍に薄めて自家製コンポストに散布しておきましたわ。またついでですから庭の畑部分にも散布しておきましたわよ。これから土や堆肥がどのように変化していくのか楽しみでございます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です