pHチェック でございますわよ~

 あと数日でお彼岸を迎える3月17日。庭のあちらこちらでチューリップや水仙、イヌサフランが芽を出しはじめ、小さな蜘蛛の姿もみられるようになりました。あと1ヶ月もすれば3年目の家庭菜園がはじまります。

 この日は天気も比較的良かったので、畑のpHを測ってみることにしました。去年購入した「アースチェック」がまだ残っているのでそちらを使用。家庭菜園 計画図 pH値を測定した場所は3-1、1-3、1-5、2-2の4箇所でございます。

 3-1は2年前の秋に開墾し1年目あさつき、2年目にネギを育てた畑でございます。比較的アルカリ性を好む野菜を育てたので石灰による土壌改良も入念に行っています。 結果はpH6.5。今年は特に石灰を蒔く必要はなさそうでございます。pH測定

 1-3も2年前の秋に開墾した場所で1年目玉ねぎ、2年目はネギを育てています。3-1の畑同様比較的アルカリ性を好む野菜を育てたので石灰による土壌改良も入念に行っています。 結果はpH6.5。こちらも今年は特に石灰を蒔く必要はなさそうでございます。

 1-5も2年目の秋に開墾した場所で1年目は大根。2年目はスイカを育てています。スイカは酸性を好む野菜と聞いていましたので、去年は特に石灰による土壌改良は行っておりませんでした。結果はpH6.0。今年は軽く土壌改良しておかないといけませんわね。pH測定

 2-2は去年開墾した畑で枝豆を植えており土壌改良は適度に行っております。実は2-2は去年開墾する前にも一度pH値を計っており、そのときの値は5.5。んでもって今年の値が6.0。日本の土は毎年中和している畑で野菜の収穫が終わったシーズンオフの段階でpH5.5程度といわれていますから、私の畑は若干pH値が高い傾向にあるようでございます。

 以上の結果を踏まえ、今年の土壌改良は軽く苦土石灰を散布する程度に抑えておこうと思いますわ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です