愛菜花 でございますわよ~ 

 去年の家庭菜園は里芋、ショウガ、米といった植物の発芽に大変苦労いたしました。私が住んでいる北国では温度の確保が難しく、湯たんぽやカイロを置いて毛布をかけても適温とされる15度を維持する事ができず、結果発芽する前に腐らせてしまったりカビが生えたりと悔しい思いをしたものでございます。

 今年は去年と同じ轍は踏むまいと私ikuは一念発起し保温機能の付いた育苗箱を購入してしまいました。

 この育苗箱の名は「愛菜花」。なんて素敵な響きなんでございましょうか。愛菜家 育苗器 仕組みは育苗箱の底に電熱線が埋められており、熱が均一に伝わるように砂を敷いたうえでスイッチを入れると保温が始まるというもの。愛菜家 育苗器

 3月18日。早速砂を敷いてスーパーから購入した里芋と生姜を育苗箱の中においてみました。里芋 生姜 育苗箱 芽出し 去年は種芋用の里芋と生姜をホームセンターで購入しましたが、スーパーで購入したものでも発芽するとのことでしたので今回試してみました。スーパーで購入した方がお値段もお手頃ですし、個数も調整できるのでなにかと便利なんですよね~。なんせ里芋にいたっては私が必要な種芋は5個なのにホームセンターで購入すると12個も入っているから余ってしまうんです(もっとも去年は芽出しに失敗し、半分以上腐らせてしまったのでちょうどよかったのでございますが・・・・・笑)。

 はてさてスーパーで購入した里芋や生姜でもちゃんと芽が出るのでございましょうか?そして愛菜家の実力のほどは? 2019年 今年の農作業も色々面白くなりそうな予感が今からプンプンいたしますことよ。オホホホホホ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です