種まき培養土 その2 でございますわよ~

 極端に発芽率の悪い今年の枝豆。使用している土に問題があると睨んだ私は5月26日に自分で培養土を作り枝豆の種を蒔いてみました

 その結果は・・・・・・・晩生種の毛マメは5月30日時点で18粒中17粒が発芽。発芽率は94%。枝豆 発芽 培養土 自家製

 一方去年余って冷蔵庫で保管しておいた別の品種の枝豆は全く発芽せず。土を掘ってみると案の定豆にカビが生えておりました。これは私の感ですが種が去年購入したものですから、すでに死んでしまっていたのかもしれません。とはいえ去年は一昨年に購入した茶豆がちゃんと発芽しているのですが・・・・・まぁ枝豆さんも品種によってタフな方もいれば私のように繊細な方もいるということでございましょう。

 いずれにせよ今年購入した茶豆の種はほとんど発芽せず散々な結果でしたので、それに比べれば今回の晩生種の毛マメの発芽率94%は大したものでございます。これは肥料分がゼロで水はけが良く、保湿性もある「自家製培養土」の賜だと思います。来年から枝豆の種は自家製培養土に蒔いて育てようと思いますわよ。

 また1つ賢くなったような気がしたikuでございました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です