今年は凶作?? でございますわよ~

 6月も半分をすぎたあたりのある昼下がり。お仕事で年配の方とお話する機会があったのですが、その年配の方が「今年は農作物は多分駄目だろう」と気になる事をおっしゃってました。

 その方は商売をしておりお客さんの中に何人か農家の方もいるそうなのですが、皆口を揃えて「今年は駄目だ」と言っているのだそうです。

私 「なんで農家の方は「今年は駄目だ」なんておっしゃってるのですか?」

年配の方 「何年か毎に凶作の年が必ず来るけど、今年がまさに凶作の当たり年なんだそうだ。農家の人は旧暦の暦や長年の感で早いうちに凶作かどうか分かるんだろうね」

私 「旧暦の暦で凶作かどうか分かるんですか?」

年配の方 「分かるみたいだよ。あと今年は竹の花が咲いたそうだ。竹の花が咲いたらその年は農作物は不作になるから気をつけなくちゃいけないって自分も聞いた事がある」

私 「竹って花も咲かせるんですね。知りませんでした。」

年配の方 「それと今年は朝が異常に寒いんだよ。古い家に住んでいる人は朝方ストーブ焚いているって言っていた。自分も朝はストーブ焚いている。6月になってストーブなんか今まで焚いた事がない」

私 「確かに今年の朝は寒いですね~。日中は普通なんですけどね~」

年配の方 「昼間いくら暑くても朝寒かったら野菜は駄目だ。今年の5月は記録的な暑さだったけど、逆に朝はすごく寒かった。おまけに雨が全然降らなかったでしょ」

私 「確かにそうですね~」

年配の方 「野菜採れなかったら一番困るのは自分達消費者だからな。農家の人は保険や行政からの補助があるからまだいいけど・・・・」

私 「そういえば昔からカッコーが鳴いたら何を植えても良いっていいますけど、毎年GW明けに鳴き始めるカッコーが今年は2週間ほど遅れて5月の末くらいから鳴き始めてましたよ。」

年配の方 「よくそんな事しってるな?農家の人みたいだな」

私 「・・・・・・・・・・・・。さて本題に入りましょうか(笑)」

 以上のような会話だったのでございますが、私の住んでいる地域では今年の農作物は凶作になりそうだとまことしやかに噂されているそうでございます。凶作になると一般家庭に直接影響してきますので、どうにか平穏無事に今年も過ぎてくれればいいなぁと思っているikuでございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です