My農薬 夏バージョン でございますわよ~

 家庭菜園3年目も7月に入り気がつけばキュウリの実が成り、オクラも花を咲かせております。オクラ

 害虫さんの方も今年は毎週STゼンターリを散布しているせいか、あまり姿を見かけないように感じます。

 2年連続で失敗したナスも順調に育ってますし、今年はそれなりに収穫が楽しめるのではないでしょうか? そんなことを思いつつ一人庭でほくそ笑んでおりましたところ・・・・・・私見かけてしまいました。食用ホオズキの葉茎を一生懸命歩き回るアリさん達を。「アリさんいるところにアブラムシさんあり」。これはこの2年間家庭菜園に勤しんできた私の教訓でございます。

 すぐに食用ホオズキの葉の裏側をチェックしましたところ・・・・おりました。アブラムシさん達が。まだそれほど大発生はしておりませんが結構広い範囲で繁殖しております。

 ふだんならここですかさず自家製の無農薬農薬の出番なのでございますが、前回作った農薬は唐辛子焼酎+竹酢液を水で3倍ほどに薄めたものでございます。竹酢液にはタールが入っていますので収穫を控えた7月は使用を控え、代わりにアーリーセーフとお酢を加えたものを使用したいと考えております。

 ここで1つ問題なのが、去年アーリーセーフを使用したところナスで薬害が発生して一株枯れてしまった事です。アーリーセーフは薄い油膜で小さい虫さん達や病原菌を包み込み窒息死させるものですが、野菜によっては植物が呼吸を行う気孔も塞がれて薬害が発生してしまうのだそうです。

 去年薬害が発生したナスはまだ幼苗でしたが、今回はかなり立派に成長している状態でございます。大丈夫なような気もしますが万が一ということもありますので、本日キュウリ、ナス、オクラ、食用ホオズキの4種類の葉1枚にアーリーセーフを試験的にたっぷりと吹きかけてみました。

 数日経過して薬害が発生しなければこのまま使用しますし、発生するようであれば今年もアーリーセーフの使用は控えたいと思いますわ。

PS:後日談となりますが、今年はアーリーセーフによる薬害は確認されませんでした。ナスさんも十分に成長していれば問題なく使用できるようで、現在は躊躇無くシュコシュコアブラムシさん達に吹きかけております。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です