イモムシ でございますわよ~

 7月13日 木曜日 ここ数日私を悩ませていたケヤスデさん達。本日堆肥ポットの蓋の裏側をチェックしてみると付いてたのは一匹のみ。毎日洗い流していたのが功を奏したのかどうやら峠をこしたようで、まずは一安心です。家族にもバレずにすみそうでございます。

 さて相変わらす成長が鈍く弱々しいのが枝豆。最近はヨコバイが目立つようになってきました。先月はキュウリや芍薬に沢山へばりついていたのですが、最近は枝豆にターゲットを絞ってきたようです。根気よく無農薬農薬を吹きかけ対応していますが、キリが無い状態でございます。

枝豆

手前が枝豆です

 前回も紹介しましたが成長著しいのがトマトとキュウリ。特にキュウリはなんか変な実も成ってますし、私の背丈以上に成長しているのもあるので一度摘心しなければなりませんわね~と思い師匠に聞いてみたところ、「摘芯するタイミングが遅すぎる」とのこと。とりあえず「自分の背丈以上に伸びたらそれ以上伸びないように先端を切断して、地面に近い部分の葉や花、小さい実も撤去」これで大分違ってくるそうです。

伸びすぎたキュウリ

 キュウリの影に隠れて目立たないですがツルムラサキも絶好調です。ツルムラサキは病害虫に強く栽培も簡単だからキュウリの間に植えておけば病気や害虫の移動を防げるのだとか。確かにキュウリ栽培で私を悩ませるうどん粉病ナメクジはツルムラサキでは見たことがありません。なおうどん粉病はここ数日は被害が収まりつつあります。気温の高い日が続いたからでしょうね。気温が30度を超すと活動が鈍くなるのだそうでございます。
 そんなことを考えながらツルムラサキを見ると・・・・地面に倒れ込んでます。もともとつる性の植物ですから、成長した自分の重さに絶えきれなくなったのでしょう。起こして支柱にまとめて結んであげて・・・・・・・・・ってここで倒伏したツルムラサキの陰に隠れていた芋虫発見。一匹だけですがかなり成長しています。何を食べて大きくなったんでございましょう?キュウリやツルムラサキには目立った食害跡は確認出来ないのですが・・・・被害が大きくなる前に正体を突き止めて対策を練りたいと思いますわ。イモムシ

注:写真のイモムシは私が割り箸でつまみ、道ばたへ放り投げた後に撮影しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました