2017年第13回農作業 でございますわよ~

 8月5日 土曜日 本日は家庭菜園 第12週目です。この1週間ほど秋植え野菜について色々検討したのですが、今年植えるのはニンニク、タマネギ、大根の三種類にしました。

 いずれも根菜ですから土は入念に耕し、根を強くするカリウム系の肥料をしっかりと施さなくてはなりません。今日の作業は先週に引き続き秋野菜を植える場所の土作りでございます。なんせ私の記憶では「耕す」というような行為は一度も行った事のない場所でございます。何回も掘り返して耕していきたいと思っております。

土作り

 先週畑に混ぜた「もみ殻燻炭」は強いアルカリ性で土の中和剤になりますし、カリウムを多く含んでいます。そして土に混ぜることによりフカフカの土になるそうで、私にとってはまさにドストライクの素材でございましたわ💗

 さて先週は購入してきた50㍑の籾殻燻炭を全て混ぜたのですが「正確なところどれくらいの量の籾殻燻炭が必要なのかしら?」と疑問に思いネットで少々調べてみました。なんとなく多すぎたような気がするんですよね~

 ネットでは混ぜる量は耕土の一割と説明されていました。今回耕した面積は2m×2m×0.5mで2立米
 2立米×0.1=0.2立米のもみ殻燻炭が必要となる計算です。
 では0.2立米が何リットルかというと・・・・・
 0.001立米が1リットルですから0.2立米は200リットル・・・・
 ちなみに先週畑に混ぜたのはホームセンターで販売していたもみ殻燻炭の一番大きなやつで50リットル入り約1,000円。

 あら💗まだまだ全然足りませんこと・・・・けど200㍑となるとお金がいくらあっても足りませわ。農作業にかまけて最近低下気味の私の女子力を向上させる美容アイテムにも費用を投じなければなりませんですし・・・・・・・・。

 色々考えたんでございますが、今回は先週混ぜた50㍑のみとし、年月をかけて土を改良していくことに致しました。籾殻燻炭は来年春の土作り時にまた混ぜようと思います。

 この日は、新兵器のバーナーで草木灰にしたうどん粉病に冒された葉も灰も結構な量になっていたので畑に混ぜ込んでおきました。草木灰はカリウム分を補充する肥料となりますので今後も溜まったら随時畑に混ぜていきたいと思いますわ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました