シロアリ PERTⅡ でございますわよ~

 8月20日 日曜日 本日は特に農作業をする予定はなかったのですが、午後に思わず鼻息が荒くなるような事件が発生しました。

 今年の5月から、シルバー人材センターの皆さんがめった切りにして枯らしてくれた庭木を引き抜き、ノコギリで10㎝間隔に切断し燃えるゴミに出すという作業を続けています。残る枯木は一本と三分の一ほどなのですがここ1ヶ月ほどは長雨の為に作業を中断していました。ちなみに枯木は5月から庭の邪魔にならないところに放置状態です。

古木

 湿気が高いせいか枯木の表面(地面側)は真っ白いカビのようなものに覆われており、天気が回復したら真っ先に処分しなくてはならないと思っていたのでございますが・・・・・・・・・。

 本日何気なく枯木をいじってみたところ・・・・・腐りかけた木の幹から白いアリが・・・・。間違いなくシロアリさんです。

 今年の5月に斜め向かいのSさん宅にシロアリが発生したのは記憶に新しいところ。おそらくSさん宅のシロアリが飛来して営巣したのでしょう。後で知ったことですがSさん宅のお隣で私からみてもお隣さんでもあるIさんのお宅でも3年ほど前にシロアリが発生して薬を撒いたそうです。

 どうやら私の周辺はシロアリさん達の巣窟となっているようです。

 話は戻して庭に放置してある枯木の対応。木が立ち枯れ状態だった時は普通のアリが根から進入して木の内部に巣を作っていたようなのですが、

アリが巣を作った木

 私が木を引っこ抜いてから入れ替わりでシロアリが取り付いたのでしょう。半分腐りかけた木の皮をめくってみると今度はナメクジが数匹潜んでいました。シロアリの他にナメクジも住み着いているようです。どちらもガーデニングや家庭菜園の大敵、早速ハンマーの尖った方で枯木を叩き腐って脆くなった幹や皮を落としバーナーで焼却。枯木の方もバーナーで炙り表面は焼きましたが内部に潜んでいそうなので念のためヤカンにお湯を沸かし熱湯をかけておきました。
 1時間ほど放置し温度も下がったところを見計らいノコギリで全て切断。市指定のゴミ袋に入れ入念に結んでおきました。シロアリや長雨の影響で大分腐っていたのか今回は簡単に切断することができました。

シロアリ 古木

 こんなわけで私の日曜の午後は鼻息を荒くしながらシロアリ対応に追われることとなったのですが、やはり枯木やむしり取った雑草など不要なものを庭に放置しておくのは気をつけた方がよいですね、思いがけないトラブルに見舞われることがあります。
 今回はよい教訓になりましたわ。ウフフフフ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました