久しぶりの太陽でございますわよ~

 8月23日 水曜日 8月も第4週に入り月曜日にはほぼ1ヶ月ぶりに太陽を見ることができました。とはいっても朝方は霧雨が降ってましたし、日中も所々に黒い雨雲が浮かんでおり文字通り不安定な状態の天気です。火曜日も太陽が顔を出しましたが昼前後から夕立のような豪雨。夕方前には雨も上がり再びお日様が顔を出しました。そして本日水曜日。朝から蒸して日差しも照りつけやっと夏らしい天気となりました。
 私の住む地域は昨日今日が学校の二学期が始まる始業式。子供達は夏休みの期間中ずっと雨で夏休みが終わったと同時にお日様とご対面したわけで、なんとも皮肉なお天気でございます。

 さて本日は平日ですが久しぶりにお日様が顔を出したので、朝早くに畑をチェックしてみました。ずっと雨でしたからほとんど畑は放置状態です。まぁ大したことはないでございましょうと思っていたのですが、入念にチェックしてみると・・・・・・・・大したことありございました。

 まず先週撤去したキュウリの畝に一本だけ残っているツルムラサキ。

ツルムラサキ

 何気なく根元の葉をめくってみると無数のヨコバイ(幼虫)が・・・・・・。畑中のヨコバイがツルムラサキに集まっているのではないか?と思うほどの数。よく見ると脱皮したあとの抜け殻も多数葉にひっついてます。
 長雨でチェックしてなかったのですがツルムラサキはヨコバイの巣窟となっていたようです。早速お酢唐辛子を吹きかけご退散願いました。

 

ヨコバイ 幼虫

 お次に目に留まったのがナメクジ。今年の春には芽が出たばかりの枝豆やキュウリを枯らしてくれた私の宿敵でございますが、今回はツルムラサキと近くに植えてあったジャーマンアイリスの葉にもひっついていました。今回のナメクジは春に猛威をふるった黒く小型のナメクジとは異なり茶色で大型の「チャコウラナメクジ」と呼ばれるタイプ。
 ナメクジは先日も枯木の皮の裏に沢山隠れていましたからまだまだ潜んでいるんかもしれませんわねと思い、まだ時間があったので庭に配している石やブロックをなどナメクジが住み処としそうな所を片っ端から調べてみると・・・・・やはりいました。ナメクジは同じような場所を好むのか、潜んでいる場所には3~5匹単位でまとまって潜んでいました。それも全てチャコウラナメクジで普通のナメクジは一匹も見つからず。
 
 そして一番ショックだったのが堆肥を作っている自家製コンポストの中にもいたこと!

自家製堆肥 こちらもなかり大きめの奴が5匹ほど潜んでいました。さらに悲鳴を上げてしまったのがコンポストに使用していた漬け物樽のを傾けて底か確認するとベットリと無数のナメクジがひっついていたこと。
 お日様が出て安堵していた矢先に一気に血の気が引いてしまいました💀。
 この日は平日で時間も限られていますので顔を背けながらナメクジを割り箸で捕獲し、草木灰を作っている七輪に投入、鼻をつまみながらバーナーで御昇天願いました。
 悪夢となって出てきそうな出来事でしたが、本日はここまでとし後日対応を考えることといたしました。
 「はぁ~。こんな思いをするのなら家庭菜園辞めてしまいましょうかしら」そんなことを考えながら仕事に励むikuちゃんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です