大根被害と彼岸花 でございますわよ~

 9月10日 日曜日 本日も朝からパッとしない天気が続いております。蒸し暑くどんより曇り、時折小雨がパラつく。なんとなく昨日の豪雨を思い出してしまう天気でございます。

 昨日の豪雨では特に被害はなかったと喜んでいたのですが、本日よく確認してみるとやっと本葉が出てきた大根の葉が裂けているのを発見。なかには茎が折れてしまった株もございました。昨日の雹が原因でしょうね。なんせ小石をぶつけられたのと一緒ですからね。まだ元気な苗もありますからなんとか盛り返してほしいものです。大根なお近所の畑を見てみると大根はすでに葉を大きく茂らせており今回被害はあまりなかったようです。やはり今回は大根を植える時期が少々遅すぎたようです。来年は大根を植える時期をもう少し早めてみようと思います。

 昨日の豪雨とは関係ないのですが、ここ数日で気になることが約2つほどあります。

 その一つが彼岸花。元々は畑にしたところに生えていたのですが、畑にする際に球根を堀上げ物置に陰干しして保管しておりました。すると先日球根から芽が出ていたので慌てて花壇スペースに植えたものです。すでに芽を出していたので土に植えたら一気に伸びるだろうとおもっていたのですが、あれから変化がございません。一部土から出しておいた芽も触れてみるとスカスカで、なんか嫌な予感がいたします。他の球根を植えたところも変化がありませんし・・・・残念な結果になってしまいそう・・・・・。

イヌサフラン 球根
芽を出している球根

 そしてもう一つが行者ニンニク。

 苗を買ったはいいが7月の猛暑にやられ枯れてしまったやつです。枯れた後もわずかな希望をもち随時水やりをしていたのですが、あさつきを植える際にポットから取り出してみたところ根鉢ができてる球根もあったのでまだ生きていると思いあさつきの畝の脇に植えたのですが一向に芽を出してくれません。このまま春まで休眠状態となるのでしょうか?それともやはり枯れてしまっていたのでしょうか?来年の春にまたお会いしたいものでございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です