犯人はどちらさん? でございますわよ~

 9月26日 月曜日 台風と雹で一時期は壊滅的被害を被った大根。何とか盛り返してはいるのですが、毎朝チェックするたびに葉っぱが根元から折れる被害が続出しております。ネキリムシ 大根

 最初は雹や観測記録を更新した強風の後遺症で根元から折れてるのでしょうねと思ってたのですが、あれから新たに出てきた葉まで折れています。葉自体はピンピンしていますから病気ではございません。これは明らかかに誰かが人為的に行っている所業でございます。

 多少葉を食べられるくらいなら目をつぶりますが根元から葉を折られると葉っぱ1枚全てパーです。

 犯人として考えられるはまずヨトウムシ。そして気温が涼しくなるのと比例して姿を見かけるようになったコオロギやオンブバッタ、そしてナメクジ。

 どちらも疑わしい方々ばかりでございますが、不思議なことに折られた葉っぱは食べられた跡がないんですよね~。根元の茎を食べているのでしょうか?

 いずれにせよこのまま手をこまねいているわけにもいかないので、この日はとりあえずSTゼンターリを吹きかけておきました。あと大根の根元の土を割り箸でチェックしてみましたが、ヨトウムシの類いは見つけることはできませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です