秋ナス争奪戦-4 でございますわよ~

 10月6日 金曜日 休みだった昨日は丸一日稲わらゲットに時間を費やしゆっくりと休むことができませんでしたが、今日一日仕事をすれば明日はまたお休みです。頑張りましょう!

 そんなことを考えながら早朝パトロールをする私。日の出の時間もだんだん遅くなり、作業時間は15分ほどしかありませんが、初夏の頃に比べるとすることも少なく今はナスや大根に被害を加える犯人捜しが主なお仕事です。

 大根は先日「ネキリムシ」と「コガネムシの幼虫」という大物2匹を逮捕してから被害は見られなくなりました。しかし被害自体は甚大でいまや葉が1枚しかない株もあります。逆に夏の雹と台風で今にも枯れそうだった株が元気を取り戻し勢い良く葉を茂らせています。

 一方でナスは・・・・・本日も実を囓られていました。これで3つあった実全てが囓られてしまった訳です。

 そして腹の虫が収まらない私・・・・いつものごとく葉の裏側をチェックしさらに地面を割り箸でホジホジしていると・・・・・ゴロンと出てきました。ヨトウムシです。幸せそうに丸々と太っています。ヨトウムシ

 個体の大きさから推測するにかなり以前からここに住み着いているはず。そして周辺の葉には目立った食害は見られず、ナスの実だけが大きな被害にあっている。

 「貴方だったのねぇ~犯人は。そしてナメクジさん・・・今まで疑ってごめんなさいね」

 すでにほとんどのナスの実を食べられてしまった現在、手遅れとは思いますがやっと犯人を捕まえることができました。

 実はまだ小さい実がひとつ成っているのを見つけたのですが、私が住む地域に霜が降りてくるのは大体今月末。後2週間でこの小さいナスの実が成熟するかどうか微妙な所ですが、今度の農作業の日にはナスの実に食害対策の為に袋でもをかぶせてみようかと思っています。

PS:後日談となりますがナスに袋がけをしてしまうと生育障害となるのであまり推奨されないのだそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました