第25回農作業 でございますわよ~

 2017年10月15日 日曜日 10月もちょうど半分となり、家でゴロゴロしていた私。

 ふとテレビを見ると「今週は初霜の降りる可能性があり農家の方は農作物の管理にご注意ください」とのこと。

 私は農家ではないんですけど我が家の畑ではまだ大根とカブ(プランター植え)が収穫を控えているんですよね。ちなみにナスと万能ネギも植えているのですが成長が止まってますので収穫は諦めました。

 さて霜が降りたらどうなるのか調べてみると・・・・・・

 ハッキリ言って「霜が降りた時点でその年の農作業は終了。霜が降りる前に農作物は収穫してしまわなければならない」のだそうです。

 ただし防寒対策をすることにより多少の延命処置をすることはできるとのこと。

 防寒対策とはなんでございますの???と調べると方法はいくつかあるのですが、一般家庭では「寒冷紗」と呼ばれるシートをかけるのが簡単で一般的なのだそうです。

 今年はネットの情報には大分騙されてきましたが、農園芸用品の製造メーカーのHPに書かれていたから間違いないでしょう。

 そんなわけで早速ホームセンターに行って寒冷紗を購入し大根の畝に設置。説明書には日光も通すと書いてありましたが、やはり暖かい日中は直接太陽の光に当てたいので、物置の脇に積まれていた壊れた物干し竿を分解して、簡単に巻き取ることができるようにしてみました。今回は我ながら良いアイデアだと思ってますわ。オホホホホホホ。寒冷紗

注:設置された寒冷紗を見て相変わらずセンスが無いなどといった声が聞こえてきそうでございますが、放っておいて下さいまし🙄

 あと本日気がついたのですが、現在ニンニクや大根、タマネギといった秋物野菜を植えている畝は日中あまり日が当たってないんです。夏場は思いっきり日が当たっていた一等地だったのですが、秋になり太陽の角度が低くなったことにより日が当たりにくくなっていたようでございます。来年は秋でも日が当たる庭の奧に秋野菜を植えたいと思います。またひとつ新しい事を覚えてしまいましたわ。オホホホホ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です