双子の大根 でございますわよ~

 11月20日 月曜日 11月も後半となり連日寒い日が続いております。

 先週末も天気が荒れ模様だったので農作業は中止とし、天気の合間を見て車のタイヤ交換を行いました。

 今年農作業を始めてから色々トラブル続きだった堆肥コンポスター代わりの漬物樽は、来年耕す予定地に穴を掘り、ひっくり返し開口部を下にして設置しておきました。来年の春までにどれくらい堆肥化が進むかわかりませんが、何事も試してみなければ分かりませんのでとりあえずトライでございます。

 先週霜にあたってしまった大根ですが、その後寒冷紗を設置したままにしておいたところ、萎れることなくいまだに元気です。ただし気温が低いせいか成長はほぼストップしている状態。やはり大根は初霜が降りる前後に収穫できるように、時期を見計らって種まきしないと駄目なようですね。来年は気をつけます。あと夏と秋では日の当たり方が異なるので秋に日がよく当たるエリアに植えたいと思います。

 こんな感じで週末をむかえたのですが、翌日の月曜日の朝。つまり今朝は今年一番の冷え込みで朝の最低気温も-2度とはじめて氷点下をわりこみました。

 大根をチェックしてみましたが、見事に凍り付いており、葉も思いっきり萎れてました。今回は寒冷紗を設置してあったのですが、地面には霜柱もたってます。前回の初霜時はなんとなく「生気」のようなものを感じたのですが、今回はまさに氷の世界。

 大根さんは仮に息を吹き返しても成長は見込めないので思い切って収穫することとしたしました。

 んで収穫してビックリ。1つの株から大根(小さい)が二本。大根 収穫 おそらく種まき時に二粒蒔いてその後私が気づかず成長していったのでしょう。小さいとはいえ多分食べれると思うので、彼らはニシン漬けにして正月に食べてみたいと思います。

 これで今年の農作業は大体終了したのですが、後片付けというか整理というか来年にむけ洗濯物を干す場所とか移動させたいので、後日暖かい日を見計らって今年最後の農作業を行いたいと思っております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました