新年明けましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます。

2018年もいよいよスタート。今年も婚活にまた農作業に勤しみたいと思います。家庭菜園 平面図

 家庭菜園でやりたいことは、まず畝の数を現在の約2倍ほど増やし、野菜も色々な種類のものを植えてみたいです。

 あと花壇スペースも整備して~、庭の傾きや凹凸も均して水たまりができないようにしたいですわね。それから通路部分が土なので雨や雪解け時に泥沼化してしまうのもどうにかしたいです。う~ん私ってば欲張り💗

 ただ色々頭の中でイメージしてもなんというのかピンとこないんですよね~。なんというか図面みたいのがあれば便利なんですけど・・・・・・と思い新年早々こしらえたのが冒頭の平面図でございます。

 ウィンドウズXP時代に購入したワープロソフトに付いてきた作図ソフトで説明文を読みながらお正月休みの期間中に作ってみました。2005年のバージョンなんでちゃんと作動するか少々心配だったのですが現在のウィンドウズ10でも立派に動いてくれました。

 さて図面の作り方なんですけど、まずグーグルマップで我が家の敷地の外周を測り、それを図面におとします。それから我が家にあった1.5mのメジャーで目印になりそうなものの距離を片っ端から測って行き、図面に落としてできあがりです。ちなみに我が家と物置の長さもグーグルマップで測っています。

 こうしてできあがった冒頭の図面。私ってこんな才能もあったのねと少々ビックリしながら眺めていたのですが、はたして精度のほどは?と心配になり実際に確かめてみました。

 確かめ方は簡単です。図面上の任意の点と点に線を引き、その長さを読み取ります。そして外にでて実際の長さを確認します。誤差は流石にミリ単位とまではいきませんが、数㎝の範囲内です。

 家にあるメジャーの長さが1.5mですから、それより長い距離は今まで分割したり歩幅で計っていたのですが、これでどんなに長い距離でも図面上で長さを知る事ができるようになりました。

「これって以外と優れものではございませんこと?」我が家の平面図を描きたかっただけなのですが、かなり強力なツールを手に入れたような気がいたします。

 新年早々幸先絶好調のikuちゃんでございました。なんか今年は良いことがありそうな気がいたしますわ~。

 ちなみに去年の春に1-1に枝豆、1-2にトマト・ナス・バジル、1-3にほうれん草・葉ダイコン、2-1にキュウリ・ツルムラサキを植え、秋に1-4、1-5、3-1を耕し1-3に玉ねぎ、1-4にニンニク、1-5に大根、3-1にあさつきを植えて現在に至っております。また今年新たに耕したいと思っているのが2-2と3-2~3-6の畝でございます。