浅すぎたカブ でございますわよ~

 2018年10月の頭に植えたカブ。2ヶ月が経過した12月2日時点でどのような状況になっているかというとごらんの通り。家庭菜園 カブ

 カブの大分部が地上部分に出てきてしまっております。これはズバリ種を蒔く時に浅すぎたのでございましょうね~。それに12月に入ったというのにカブ自体が小さすぎます。去年育てたカブも小さかったのでございますが、今年は更に小さい状態。これはズバリ種を蒔く時期が遅かったのでございましょう。記録を紐解いてゆくと去年は9月に種を蒔いております。それでも小さかったわけでございますから来年は大根と同じ時期、8月頭辺りに種を蒔いてみようと思いますわ。それと種を蒔く時はちゃんと所定の深さまで掘って植えたいと思います。今年のカブ栽培もいまいちな結果に終わりましたが原因はズバリと分かりましたので、来年はズバリ成功させたいと思いますわ。オホホホホ。

 なお今年度のカブはこのまま植えたままにして様子を見ることにいたしました。なんでもカブさんは氷点下の気温にも耐えられるのだとか流石に冬を越すのは難しいかもしれませんが何事もものは試しでございます。

 カブさん達。今年は種を遅く植えた上に浅く植えてしまい、挙げ句の果てに寒空のした収穫せずに放置状態となってしまいますけど勘弁して下さいまし。今年の失敗と経験を踏まえ来年は立派に育て上げてみせますから。

 PS:約1週間後に雪が降りカブさん達も雪の下に埋もれてしまったのでございますが大丈夫でございましょうか???雪に埋もれた畑

へたったアサツキ でございますわよ~

 2018年度のアサツキは、まだ枝豆が生い茂っている畝に8月上旬に大根とともに植えてみました。これは知人(かなり年配の方です)から教えてもらった植え方をさらにikuちゃん流にアレンジしてみたもので、枝豆が生い茂っている真夏に大根の種を蒔くと枝豆が日よけとなって地温が低くなり大根が発芽しやすくなり、大根が芽を出した頃には枝豆が収穫時期を迎えちょうどよくなるというもの。私はこれにプラスして畝の外側にアサツキを植えてみたのでございます。大根 アサツキ

 さて結果は?といいますと、我が家の畝の幅が狭いこともあるのでしょうが、大根の葉の勢いにアサツキが負けて葉が根元から折れてしまってます。もっとも去年も季節外れの台風で11月末に今年同様葉が根元から折れてしまったのでございますが翌年元気に葉を伸ばしてくれましたから、多分大丈夫だとは思うのでございますが要経過観察状態でございますわね~アサツキ

自家製堆肥 2018年締めくくり でございますわよ~

2018年12月2日 日曜日 

この日は12月とは思えないような暖かさでございました。

 物置で眠っていた漬物樽の底をくりぬき、9月に地中に埋めた自家製コンポスト。刈草や収穫した野菜の葉茎を投入し現在はほぼ満杯状態となっております。自家製堆肥 コンポスト 季節はすでに冬で今後新たな堆肥の材料となるようなものは発生しないと考え本日締めくくりましたわよ。

 締めくくりって何?って聞こえてきそうでございますが、やることは簡単で自家製コンポストに詰め込み続けてきた刈草などを上からスコップでザクザクと突っついた後、米糠を薄く蒔き、さらに上から土をかぶせて最後に軽く蓋をしました。これで春には立派な堆肥が完成・・・・・・する予定なのでございますが、はてさてどうなることでしょうか?自家製堆肥作りは今まで失敗続きでございましたのでここらあたりで一発ビシッと決めたいものでございますわ。オホホホホホ。自家製堆肥 作り

今年最後の農作業 でございますわよ~

 12月3日 日曜日 2017年も12月となり今年も残すところ後1ヶ月となりました。

 本日は久しぶりに気温が10度近くまで上昇しましたので、農作業を行う事といたしました。

 朝から比較的暖かかった事もあり、朝ご飯を済ませた後、近所をお散歩し久しぶりに他の人たちの畑をチェックしてみたのですが、驚いたことに数週間前までは色々植えられていた畑がきれいに耕されておりました。冬おこし

 これは「冬起こし」と呼ばれる作業だそうで、土を掘り返すことにより病害虫を寒風にさらし駆除してしまう効果があるのだそうです。普通は真冬に行われるのだそうですが私が住んでいる地域は寒冷地で真冬は土も凍り付いて掘り起こすことができないので、今の時期に行うのだそうです。

 他に気がついた事と言えば大根はどの畑でも見られなくなり、ほうれん草は半分くらいが収穫されていましたが、植え付けてある畑も結構みかけました。いわゆる「冬締めほうれん草」というやつでしょうか?またイチゴが植えてあると思われる畝に寒冷紗をかぶせている畑もありました。

 こんな感じでやはり他の人の畑は参考になるものでございます。私も本日早速冬起こしを行う事と致しました。

 畑に出たのは昼過ぎ、朝方は霜柱が立っていた庭も昼過ぎには融け、私が歩くと融けた霜の水と土がこね返されあっという間にドロドロの状態に。

 ヘドロ化した土を鋤簾ですき取り、以前大雨で水たまりができていた低いところに移し、いよいよ冬起こしの作業開始。

 春先には掘り返すとこれでもかというくらい出てきたミミズさん達も本日は皆無。いや一匹だけクターとなりほぼご臨終状態で見つかったミミズさんがおりましたが、基本的には姿を消した状態。寒さを逃れ地中深く潜っているのか、それとも卵を産み寿命を全うしたのか分かりませんが完全に冬の世界でございます。

 一通り冬起こしの作業を終えるとちょうど雨がぱらついてきました。本日、いや今年の農作業もおそらくこれでお終い。春先から数えると通算29回の農作業を行いました。もっとも早朝や仕事終わりの夕方もチョコチョコ畑いじりはしておりましたが・・・。

 これからやってくる冬の期間中は今年の記録をまとめ反省点や問題点をピックアップし来年にむけ農作業の計画を練っていきたいと思いますわ。

 ちょっと早いですけど それでは皆さん良いお年を~