雪の下(寒締め野菜) でございますわよ~

 皆さんは「雪の下」というお野菜をご存じでしょうか?

 雪の下というのは野菜の固有名詞ではなくて、お野菜を収穫せずに冬に雪の下で熟成させたもの。雪に埋もれたお野菜は寒さに耐える為に糖度を増しとても甘いお野菜が収穫できるのだそうで、寒締め野菜とも言うそうです。

 お野菜は何でもよいというわけではなく、当然の事ながら冬の寒さに耐える事のできるお野菜でなくてはなりません。私の住んでいる地方ではニンジンやほうれん草等が有名でございます。

 そんな訳で私今年の冬は雪の下お野菜にチャレンジしてみましたの~。

 チャレンジしたといってもやることは簡単で、秋に収穫せずそのまま放置して冬に収穫するだけ。チャレンジしたお野菜はニンジン、ほうれん草、カブの3種類。寒締め野菜

 んでもって結果は?といいますと・・・・・・・・

 まずはニンジン。 ニンジンは秋に試し掘りしてみたところ根が裂けている株があったので秋にすべて収穫し美味しく頂きました。したがって寒締めニンジンは無しでございました。

 

 お次はカブ。カブは浅く植えすぎたせいで秋口になるとカブがかなり浮き上がった状態となってしまいました。そのまま放置しておいたところ、冬になると霜の影響で更に浮き上がってしまい、なかにはカブが転がり出してしまったものもございました(根は一応地面に刺さっている状態です)。カブ 冬 収穫 しかし枯れたり腐ってしまったものは1つも無かったので、2月頭に収穫。ブリと一緒に煮付けにしてみたのでございますが、普通にカブのお味が致しました。寒さのせいか表面部分は固い所があったものの茹でるとすぐに柔らかくなり美味しく頂きました。冬の間の常備野菜として育ててみるのも良いかもしれませんね。

 最後はほうれん草。ほうれん草は順調に生長していたのでございますが、地面が凍っているせいでなかなか収穫できずにおりました(ほうれん草は根元部分から収穫しないといけないため)。2月の後半に暖かい日が続き、スコップが地面に入るようになったので半分ほど収穫。寒締め ほうれん草

 収穫して驚いたのが葉がパリパリであること。スーパーで売っているほうれん草はしなやかでビニール袋に入れることもできますが、我が家で収穫したほうれん草は無理にビニール袋に入れようとするとパリンと葉や茎が割れてしまいます。さらに驚いたのが葉の裏側に1匹のナメクジさんが引っ付いていたこと。真冬のナメクジ 今年の冬は氷点下10度近くまで気温が下がった日もあったのでございますが、地面すれすれの葉の裏に潜み寒さをしのいでいたのでございますわね。逞しいものでございます。

 そして肝心要のお味はといいますと・・・・・・・軽く茹でて食べてみたところ若干の歯ごたえがあり、ほんのりとした旨味のような味もついており、お醤油無しでそのまま食べる事ができました。はっきり言って美味しゅうございました。高級料亭のお味でございます。ほうれん草はまだ半分畑に残っているので再び暖かくなり地面にスコップが入るようになったら収穫したいと思いますわ。

 さて今年初めて挑戦した雪の下野菜。はっきり言って雪が積もってる間は収穫できませんし、雪が融けても地面が凍っていればこれまた収穫できないわけで、お味は良かったのでございますが、来年もチャレンジするかどうかは今のところ微妙~でございますわね~。オホホホホ。

セリと三つ葉も水耕栽培 でございますわよ~

 2019年の正月もすぎ、一段と寒さが厳しくなってきたこの頃。水耕栽培しているブロッコリーと葱は辛うじて命をつないでいるといった状態でございます。やはり寒さが身にしみるようです。水耕栽培

 正月前の状況と比べると明らかに弱ってきております。水耕栽培 

 さてお正月が過ぎたあとに食べるのが「七草がゆ」でございます。スーパーには七草がゆの具となるセリや三つ葉が店頭に並ぶようになってきました。

 聞くところによるとセリや三つ葉は根が残っていれば浸しておくだけ再び葉を伸ばしてくるのだとか・・・・そんなわけでセリと三つ葉の根をikuちゃん手作りの水耕栽培セットに植えてみたのでございますが・・・・・・約1ヶ月が経過した2月15日現在でご覧のような状況。セリ 三つ葉 水耕栽培

 「いやぁ~ん。ひょっとして水耕栽培大成功???」三つ葉はすでに何度かお料理に使用もしております。

 セリや三つ葉は大量に使用するわけでもないのでこのまま水耕栽培で育て続けるか、暖かくなったら一度畑に植えるかこの春までに考えておこうと思いますわ。

 あと・・・・・瀕死の状態のブロッコリーでございますが、まだ生きていますので最後まで諦める事無く面倒を見て記録を残し、今年度の家庭菜園につなげていきたいと思っておりますわ。

腐女子化 でございますわよ~

腐女子 2018年2月17日。世間ではオリンピックだのバレンタインだのと色々浮かれておりますが、私は羽生弓弦さまと宇野昌磨君二人のメダリストがじゃれ合う姿を見て色々妄想し腐女子化しております・・・・・・・・って違いますわよ。正月に作成した図面を見て2018年度の家庭菜園計画を鋭意立案中でございます。家庭菜園 平面図

 さて手前味噌になりますが、私が正月に作った図面。やはり優れものでございます。図面があるとなしでは計画の立てやすさが全然違います。雪の積もった庭に出ないでも、距離や面積を測れるのもかなりの強みでございます。

 羽生様と宇野君の事を妄想・・・・じゃなくって図面を眺めながら立案した2018年計画は以下のとおり。

 畑の畝は0.6m×1.8mで統一し現在の7畝にプラスして6畝作り合計13畝といたします。やはり畝の長さや幅を統一した方が肥料や堆肥、石灰などを混ぜるときに正確な必要量が分かるので便利だと思うんです。以上2018年ikuちゃんの菜園計画でございました。

 ってなんかお叱りを受けそうでございますが、決定事項はこれだけ・・・・・植える野菜は、同じ箇所に同じ野菜を続けてうえると「連作障害」という生育障害が発生するそうなので、うまくローテーションするように夜な夜な妄想して決めていきたいと思いますわ。

 あと畝作りの際には木の板で型枠のようなものを作って丁寧に仕上げたいなぁとおもっております。型枠を作ればスマホの水平器アプリと併用して平らで均整のとれた畑が仕上がると思うのでございます。去年は畝が均一ではなかった為か倒伏する株もいくつかありましたのでね・・・・・・・。

 正直日曜大工は経験ないのですが、去年の枯木切りでノコギリの扱いはそこら辺の男子に負けないくらい上達したと自負しておりますので、今年は木の板を購入して型枠を自作してみますわ~ オホホホホ。

 嫁入り前の乙女が庭先でノコギリ持って日曜大工・・・・・また変な噂が立たなければよいのでございますが・・・・

ホームセンターは春模様 でございますわよ~

 2018年2月16日 世間は羽生弓弦選手の活躍や(この日は平昌オリンピックで羽生選手が金メダルを獲得しました)、確定申告が始まるといった話題でもちきりですが、私は早朝トイレで用を足し、立ち上がった瞬間に軽いギックリ腰となってしまいました。連日最低気温がマイナス7度前後というのも影響していると思いますが、やはり1番の原因は家庭菜園を始めてなれない力仕事をし、腰に負担がかかっている事が1番大きな要因だと思っております。

 去年の経験からギックリ腰は早めのケアが大切で初動の対処を誤ると長引いてしまうということを身をもって知っている私。即座に出社し営業時間前から今日中に済ませてしまわなければいけない仕事を片っ端から片付け、後刻出社してきた上司に「今日は有給扱いで結構ですから、急ぎの仕事を片付けたら退社させて下さい」と懇願。上司(男性)はニッコリしながら「OK OK。女性には色々あるよね」。

 了解はいただいたもののなにやら勘違いしているようでございます。とはいえ嫁入り前の乙女が「実はギックリ腰でございます」ともいえず、黙々と仕事を片付け午前10時過ぎに退社。その足で整形外科へ行き患部に電気を当ててもらい😊(昨年ギックリ腰をやってから定期的に通って電気を当ててもらってます)、電気風呂がある銭湯へ行き電気風呂で腰をほぐし😊、最後は馴染みの整体院へ行きマッサージをしていただきました😊。とても嫁入り前の乙女の行動とは思えません😱。総費用は6千円弱+有給1日消滅ですが、ギックリ腰が悪化して数日間寝たきりになるよりはるかにましでございます。

 さて話は元にもどして整骨院でスッキリした私。まだ腰に違和感はあるのですが朝に比べると大分スッキリしてきました。時計をみると午後2時。早く家に帰ると多分母親から「今日の晩ご飯は貴女が作りなさいよ」と間違いなく言われるので(普段は母親が作ってくれます)ホームセンターに立ち寄りウィンドーショッピングすることにいたしました。

 現在は家庭菜園のシーズンオフですから最近はホームセンターに立ち寄ることもほとんどなかったのですが、久しぶりに入ってビックリ。

 店内は春にむけての園芸用品や種、苗がずらりと並んでいます。先日までは除雪関係の器具が並んでいた所も片付けられ園芸土や肥料、土壌改良材などが場所を占めていますし、ジャガイモや長芋の種芋も山積み状態です。

 「もう園芸用品が店頭にならんでいるなんて・・・・・これからは朝のチラシは毎日チェックして特売日にまとめて必要な物を買いそろえなくてはなりませんわね」

 と一人気合いを入れている私でございました。