家庭菜園ブログ 2018年8月第4週 でございますわよ~

 2018年8月18日 土曜日

  お盆の大雨がすぎてから気温が下がり、一気に秋らしい天気となっております。私ikuは昨晩は飲み会・・・・・・じゃなくってお食事会の為、ほろ酔い気分で帰宅。気温が下がっているにもかかわらず、窓を全開にして寝てしまったおかげで今朝は喉が痛く咳もでております。とても嫁入り前のうら若き女性のする行為ではないと流石に反省しております。

 さて近所の農家の皆さんの畑をみると大根らしき幼苗があちらこちらで確認できます。結構成長しており、私ももう少し早く大根の種を蒔いても良かったかな?と思っております。が私の場合、枝豆さんの畝に植えており未だ枝豆さんが日差しを遮っている状態でございますので、こちらの方をどうにかしないといけませんわね。大根 発芽 枝豆

 あと田んぼでは雀対策を思われるテープを貼っているところもチラホラ見え始めました。私のバケツ稲にもそろそろ防鳥ネットのようなものをかぶせたほうが良いのかもしれません。

8月19日 日曜日

 先週試験的に行った「夕顔の根元に石灰をまいてアリさん達の侵入を防ぐ計画」でございますが、一定の効果はあるようで日中ユウガオの葉の上で沢山みかけたアリさん達の姿はほとんどなくなり、アブラムシさん達の姿もだんだん少なくなってきています。ボディガードであるアリさん達が来なくなったので天敵がアブラムシさん達を自由気ままに食べまくっているのかもしれませんし、単なる偶然かもしれません。しかし来年も試してみようと思いますわ。

 アブラムシさん達の姿はなくなりつつあるユウガオさんですが、最近葉の枯れ方が異常なんです。あっという間に根元部分の葉が枯れて無くなってしまいました。私の夏はもう終わりですが・・・・・・じゃなくって今年の夏ももう終わりですから枯れてきたのかしら~と思っていたのですが、ちょっと違うようです。下の方にある実も腐ったようになってしまいました。「絶対におかしいですわ!?」ネットで調べてみるとどうやら「ベト病」に罹患しているようでございます。「いったいいつから・・・・?」と思い過去の写真やブログを見ていきますと8月9日の時点で根元の葉が枯れているので剪定しており、さらに遡って8月6日時点の写真を見る限りでは葉はまだ元気ですが、根元の方は若干変色しております。ですから8月の頭に発生しお盆の豪雨で一気に広がったのかもしれません。調べてみるとベト病にはサンボルドーが有効とのことでございますから、枯れた葉を切断しサンボルドーを吹き掛けておきました。さて今後どうなっていくのでしょうか?ベト病

 

 秋野菜の植え付けに備え3-2の畑に籾殻燻炭を混ぜ耕す。家庭菜園 計画図

 本日は最後に3-5の部分に植えてあった枝豆を半分ほど収穫いたしました。まだ実は小さかったのでございますが、色々働いた自分へのご褒美として収穫し、早速茹でて美味しく頂きましたことよ。枝豆 収穫 家庭菜園

 

 8月23日

 昨日から30度超えの気温が続いております。私の住む地方でお盆がすぎてから気温30度を超すのは珍しいのでございますが、会う人皆「暑いですね~」が挨拶となっております。一方で西日本をみると2つの台風が同時に発生し、再び豪雨の恐れがあるとか。何事もなければよいのですが、私仕事柄西日本にも知り合いが多数いますので少々心配です。

 枝豆は畑2-2に植えてあるだだちゃ豆が大分成熟してきました。このまま上手くいけば今週末の「自分へのご褒美」として食べる事ができそうです。早く収穫して枝豆の間に植えてある大根さんにも太陽の光を当ててあげたいものでございます。

 プランターに植えてあるオクラは8月に入ってから週に1~2本の割合で収穫しております。知り合いが「オクラはどんどん収穫できるわよ」と言っていたのですが、我が家のオクラは「どんどん」とまではいかない感じでございます。

 先週ベト病の罹患を確認し「サンボルドー」を散布したユウガオ。ベト病の進行はとりあえずストップしたようですが、本日新たに変色した実を確認。切断しておきました。ベト病 ユウガオは8月後半の時点で未だ収穫ゼロの状態ですので今年の収穫は難しいかもしれませんわね~。ただ成長が旺盛ですし花が白くてきれいなので、もしかしたら来年も育てて「深緑のカーテン」あたりに挑戦するかもしれないので最後まで諦めずに観察していきたいと思います。

 トマトは第1から第3房までの収穫が終了し現在第4房を収穫しております。第5房も実が肥大しており当初の計画どおり8月中に収穫を終わらすことができそうでございます。トマトは味もフルーティーで文句なしだったのでございますが、本日収穫したトマト、実の上部が割れております。よく見ると第5房に成っているトマトも一部割れております。割れているのは上の部分ですから下の部分は食べれるとおもうのですが、やはり傷の無い方がよいわけで、調べてみるとどうやら「水分の急激な増減」が原因のようでございます。 このひび割れは「裂果(れっか)」と呼ばれ、病気ではなく、「生理障害」(過湿や過度の乾燥、土壌中の養分不足、気温の急激な変化などで起こる障害)とのこと。トマト 裂果

確かにお盆の後半は今年1番の降雨量となる豪雨となりましたし、昨日からは30度を超す暑さとなって気温の寒暖差も大きくなっております。おまけにトマトを植えてあるところは高さ的にも少々低く水はけは悪いはずでございます。対策としては植えつけ直後からポリフィルムなどで覆う「雨よけ栽培」を行えば、裂果などのほか、病気も予防できて果実の糖度も高くなるのだとか。来年はトマトの畝にもポリマルチをしてみようからしら・・・・

 8月12日にポットに種を蒔いた玉ねぎは18日に発芽を確認し、その後どんどん芽を出して伸ばしてきています。本日23日時点で39株を確認。種は45粒蒔きましたから発芽率は86%。2年目の種でございますからもっと低いかと思ったのでございますが、上々でございます。玉ねぎ ポット 苗

 いもち病を確認し石灰をふりかけた稲はとりあえずいもち病の進行は止まっているようでございますが、すでに稲穂にも一部罹患しております。このまま病状がおさまってくれればよいのでございますが、現時点では要経過観察といったところでございましょうか?

 

8月24日(金)

 西日本を縦断した台風19号、20号は紀伊半島を中心に大雨を降らせ、各地で避難指示が出されたようでございます。一方で昨日の北日本ではこの夏の最高気温を記録したところもあるそうで、本日も朝から蒸し暑くなっております。この日は午後から雨となり今週末は台風20号の影響で風が強くなる予報となっております。

 一時期いもち病が心配された稲でございますが、石灰が効いたのか小康状態となっております。石灰による悪影響も確認されず一定の効果はあるように感じております。本日は午後から雨の予報となっておりますので、朝方再度石灰をふりかけておきました(いもち病は湿気の多い時に発生し被害も広がるのだそうです)。稲 いもち病

 トマトは昨日収穫したばかりですが、1日たった本日また1つ真っ赤に熟しておりました。気温も影響しているとおもうのでございますが、成長著しいこの頃でございます。

 ナスも同様で実がグングン大きくなってきており今週末には収穫できそうでございますが、強剪定した株には未だ実がならず。とはいえ葉はどんどん茂らせておりますし、まだ8月末でございますからなんとかなるのではないでしょうか?と思っております。

 以上 2018年8月第4週の家庭菜園記録でございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました