台風18号

 9月18日 月曜日 9月の三連休最終日の本日、朝から日本列島で連休中猛威をふるった18号のニュースが流れています。人的被害も発生しており毎年のこととはいえ心が痛みます。

 私の住んでいる所では昨晩の17日から雨風が強くなり、今朝の未明になるとさらに勢いが増し雷も鳴り始めました。予報では本日の昼がピークとのことでした。「これからさらに雨風がひどくなるんですの?」と身構えながら朝食を済ませたのですが、その後だんだん風は収まりはじめ、8時30分頃になると雨もやみお日様が顔を出しました。

 どうやらピークは越したようで、家の空気を入れ換えようと窓を開けると、ご近所の皆さんも一斉に外に出て片付けをしたり、家や庭の点検をし始めています。

 私も外にでて畑のチェックをしたのですが・・・・・・・

 まず大根。先週の雹による被害からまだ立ち直ってないので一番心配していたのですが、見事に心配したとおりの状況となってました。苗は土から浮き上がりへし折れてますし、吹き飛んでしまった葉もあります。おそらく強風にあおられ苗が浮き上がった所に大粒の雨が容赦なく当たってこのような状況となってのでしょう。また種まき時の深さも浅かったのだと思います。大根の種まきの深さと時期は今年の反省点でございます。大根は土寄せしてしばらく様子見です。

 夏以降安定した収穫をもたらせてくれているトマト。伸びた茎がポッキリと折れてます。トマト

 剪定をせず伸ばしっぱなしにしていたのも原因だとは思うのですが沢山収穫させてくれたから良しとします。

 9月にはいってから勢いを取り戻してきたナス。いわゆる「秋ナス」に向けて成長を続けている状態だと思いますが、こちらは目立った被害はなし。ただし咲いていた花が雨に打たれたせいかショボンとしております。けどこれは仕方ないですね。

 あさつき。先週収穫したばかりなのに再び葉を茂らせていますが、こちららは何本かポッキリと葉が折れてました。とはいえ数的にはさほど多いわけでもなく問題は無いと思います。あえて一言申し上げればどうせ風で折れるなら台風前に収穫しておけばよかったですね。

 以上 2017年9月の台風18号の被害でした。大荒れを予想していたのですが、さほど被害もなく一安心して家でのんびりしてましたら、気のせいかだんだん風が強くなってまいりました。お日様は顔を出しているのですが風の強さが尋常ではありません。やがてまるで上空をジェット機が飛んでいるような轟音が響き、お昼頃には家がブルブルと震え始めました。はっきり言って今まで体験したことのないような風の強さです。😱

 ちょうど気象庁がリアルタイムで風速を発表していたのですが、この日の最大瞬間風速は41.7m。過去の記録を見てもおそらく私が住んでいる地域では最高記録を更新していると思います。

 ちなみに気象庁のデータを見てみると20年以上前は最大瞬間風速は20m/s台だったのが最近は30m/s台になっており、明らかに風が強くなっていることが数字の上で分かります。地球温暖化が原因なんでございましょうか?ブルブル。

 さて観測史上の記録を更新したと思われる強風ですが、午後3時頃には収まりはじめ普通に歩ける程度の風となりました。遠くでは救急車か消防車か分かりませんがサイレンが断続的に鳴ってます。

 風速40m/sなんて私が住む地域ではまさに未知の領域。いろいろ被害も出ているだろうと思い家の周りをチェックし近所をぶらぶらと散策開始。散策コースには私がお手本としている畑がいくつかあるのですが、この日はほぼすべての畑で農家の方がなにやら作業を行っていました。普段は農作業をしている姿など見かけることなど無いのですが台風が去った後ということで皆さん自分の畑の被害のほどを確認しにきているのでしょう。

 なお被害については風の強さの割には軽微ですんだようで、収穫前の田んぼの稲もしっかりと立っていましたし、倒木もほとんどありませんでした。

 去年岩手県を中心に甚大な被害をもたらした台風15号の方がひどかったような気がします。

 ただどの畑もトウモロコシは倒れてましたしトマトも半分くらいは倒伏していました。

 台風が日本に上陸するのは毎年9月。台風に弱いトウモロコシやトマトを育てる場合は8月末までにある程度収穫してしまうような菜園計画も考えないといけませんね などと思った9月の3連休の最終日でございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました